So-net無料ブログ作成

ネット家電 ブログトップ
前の5件 | -

音声アシスタントの能力改善のジレンマ [ネット家電]

「Alexa」「Siri」「Googleアシスタント」のIQテスト、最もスマートなのは?--Loup Ventures - CNET Japan

「Alexa」「Siri」「Googleアシスタント」のIQテストを実施したところ、Googleアシスタントは92.9%の質問に正しく回答して首位を維持し、Siriは83.1%、Alexaは79.8%の質問に正しく回答したそうだ。

質問は、各デジタルアシスタントの能力や実用性を総合的にテストするよう、「Local」(地元)、「Commerce」(コマース)、「Navigation」(ナビゲーション)、「Information」(情報)、「Command」(命令)の5つのカテゴリーが設定されているという。

私は、「Alexa」と「Googleアシスタント」しか使っていないが、この評価は妥当だと感じる。
確かに、「Googleアシスタント」の方が、「Alexa」に比べて賢いと思う。

賢いというのは、音声の認識能力が高いこと、様々な問いかけのパターンも対応してくれるということ、質問に対して的確な答えを回答してくれるという3点があると思うが、いずれも「Googleアシスタント」が、「Alexa」を勝っている印象がある。

00000003811840_A01.jpg

だから、家でも「Google Home」をメインに使っている。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

いつのまにかFire TVにYouTubeアプリ復活 [ネット家電]

Amazonが、Fire TVと競合するGoogle Home、Android TV端末、Chromecastなどの販売を、マーケットプレイスも含めて禁止したりしたおとに、腹を立てたGoogleが、Fire TV向けにリリースしたYouTubeアプリを提供終了したり、ディスプレイ付きAmazon EchoでのYouTube動画再生を拒絶したりして、対立していたのだが、

GoogleとAmazonが和解。YouTubeをFire TVに、PrimeビデオをAndroid TVに提供 - Impress Watch

2019年4月にようやく、和解したとの報道があり、今後、Fire TV向けのYouTubeアプリの提供や、PrimeビデオアプリのChromecast、Androd TV対応で協力していくことになったそうだが、一向に成果として出てこなくて、すでに忘れかけていた。

Amazon-Fire-TV-Stick-with-Alexa-Voice-Remote-01.jpg

【ミニレビュー】Fire TVでYouTubeアプリが使えるようになったのでインストールしてみた - AV Watch

それがようやく2019年7月9日、「Fire TV」シリーズ用のYouTubeアプリが再び公開され、利用できるようになった。
さらに、「Amazon Prime Video」アプリがChromecastに対応し、「Amazon Prime Video」での再生動画を、Chromecastで再生できることが出来るようになったという。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ニコ動&ニコ生がテレビで見られなくなる [ネット家電]

3e61f779e6413e2d56b9dafc23794e51.png

ニコニコ動画をテレビで見る方法まとめ。5種類のテレビ視聴方法を解説

元々、ニコニコ動画はあまり見てはいなかったのだが、先日、パナソニックのBDレコーダー「DIGA」からniconicoアプリを起動しようとしたら、既に提供終了しました、とのメッセージが表示され、起動できなくなっていた。

Fire TVやBRAVIA用niconicoアプリが9月提供終了。AQUOSやREGZAも - AV Watch

なぜだ!と憤慨しながら、ネットで検索してみたところ、今年3月で提供が終了していたらしい。

それだけではない。

6月27日には、シャープのAndroid TV搭載AQUOSやAQUOSココロビジョンプレーヤーと、LGのテレビ向けniconicoアプリへのサービスを提供終了しており、8月29日には、東芝REGZA(X920、Z720Xなど)向けのサービスも終了するそうだ。

niconicoアプリ

そして、9月25日で、AmazonのFire TV/Fire TV Stickのアプリや、ソニーのBRAVIAテレビなどのAndroid TVアプリが提供終了する。

すなわち、ニコニコ動画やニコニコ生放送などの動画配信サービスは、パソコンのWebブラウザや、スマートフォン/タブレットのniconicoアプリでしか見られなくなり、まもなくテレビで手軽に動画を見る手段がなくなってしまう。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

GoogleとAmazonがようやく和解 [ネット家電]

ga1_s.jpg

GoogleとAmazonが和解。YouTubeをFire TVに、PrimeビデオをAndroid TVに提供 - Impress Watch

AmazonとGoogleというと、Amazonがマーケットプレイスも含めてGoogle Homeの販売を禁止し、これに対抗してAmazon Fire TVシリーズで、Google側が公式YouTubeアプリの提供を中止するなど、両者の対立が続いていた。

そのGoogleとAmazonがようやく和解したらしい。

Googleは、Fire TV向けのYouTubeアプリの提供を、数カ月以内に再開するそうだ。
しかも、Fire TVでも、YouTubeを4K/HDR対応で視聴可能になり、60fps再生も可能になるというフルサポートというから嬉しい。

さらに、2019年後半にスタンドアロンのYouTube TVアプリとYouTube Kidsアプリを提供する予定だそうだが、数カ月以内に提供されるYuoTubeアプリと、スタンドアロンのYouTube TVアプリの違いはよく分からない。
最初に提供されるのは、テレビ向けのYouTubeサイトを表示するだけのアプリで、後で提供されるのは、ネイティブコードのYouTubeアプリということなのかな?

説明がよく分らん!

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「AQUOSココロビジョンプレーヤー」を購入 [ネット家電]

CCCのスティック型Android TV端末「Air Stick 4K」が思ったより完成度が低くて、ガッカリしている。
まさか、USB端子があるのに、USBメモリさえ認識しないとはね。
ブラウザで「TVer」が見られないのも痛い。

結果として、ネット動画を見るツールとして、「PIXELA Smart Box」と「Amazon FireTV Stick」を、「Air Stick 4K」で一本化する試みは、あっさり挫折してしまった。

sim.jpg

AQUOSココロビジョンプレーヤー(AN-NP40)

そんなとき、ネットフリマで、シャープのAndroid TV端末AQUOSココロビジョンプレーヤー(AN-NP40)の中古が、4000円を切る値段で出ていて、つい衝動買いしてしまった。

この製品、2年前の2016年に発売されたが、その頃としてはまだ珍しい4K/HDR対応のAndroid TV端末であったが、価格も1.5万円前後して高く、シャープのテレビと組み合わせないと使えない機能もあり、シャープのテレビをすでに持っているユーザー以外、あまり積極的に買う人はいなかったと思う。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の5件 | - ネット家電 ブログトップ