So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

便利グッズ ブログトップ
前の5件 | -

電撃殺蚊器モニターレポート(2) [便利グッズ]

IMG_1350.JPG

電撃殺蚊器モニターレポート(1):トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ

電撃殺蚊器を実際にしばらく使用してみた感想を。

まず、就寝前にパソコンを使っていたら、コバエが数匹飛んでいて、ディスプレイに群がり邪魔な日があったので、部屋の明かりを消して、電撃殺蚊器の電源を入れてみた。

最初は、ディスプレイの前をちらちらしていたコバエが、30分ほどすると、いなくなったな、と感じたので、電撃殺蚊器の中を空けてみたら、4匹のコバエが死んでいた。

IMG_1378.JPG

ちなみに、本体をねじると、この写真のように本体下部が外れ、そこに虫が落ちるので、捨てればいい構造となっている。

開けた時に中を見たら、空気を吸い込むファンは、おそらくパソコンの空冷ファンそのものに見える。
ここらも、製品を安く作る工夫なのかもしれないな。

ただ、だとすると、その耐久性はピンキリであり、どの程度長持ちするのかはわからないな。
異音が出始めたら寿命がきたということになるのだろうが、それでも、ファン自体はパソコン用の汎用品に見えるので、交換は難しくなさそうだ。

蚊については、なかなか発生せず、検証できなかったが、ある日、就寝時に蚊が一匹飛んでいて気になる日があり、さっそく電撃殺蚊器の電源を入れてしばらく置いてみた。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ソースネクストがポータブル翻訳機の第2世代「ポケトーク W」を発表 [便利グッズ]

ソースネクストが、ポータブル通訳機「POCKETALK」を発売:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ

昨年12月に発売されたソースネクストのポータブル通訳機「ポケトーク」は、Googleや百度などのクラウド翻訳システムを上手に使いながら、手軽に通話の翻訳ができるポータブル翻訳機として話題を呼んだが、その後継機が早くも登場した。

d35169-8-251400-0.jpg

ソースネクスト、74言語対応の翻訳機「ポケトーク W」 - 日経トレンディネット

新モデル「POCKETALK W」は、第2世代として、初代の弱点をなくし、強みをより強化しており、完成度が一層高まった印象だ。

初代と異なる点をピックアップしてみる。

・画面が1.3インチから2.4型(320×240ピクセル)に大型化され、文字サイズも読み易く変更できるようになった
・画面がタッチ操作に対応し、音声命令でも翻訳言語を切り替えることも可能になった
・1.5Wのスピーカーを前後に2つ内蔵し、騒がしい場所でも対話する二人共が音声を聞き取りやすくした
・Bluetoothにも対応し、Bluetoothイヤホンなどと接続可能になった
・サポートする言語が、従来モデルの63言語から74言語に増加(一部言語はテキスト表示のみ)した
・翻訳履歴が、20件のみから10,000件に増加した
・同じ言語でも国や地域によってアクセントなどが違うケース(例えばインドやオーストラリアなまりの英語など)にも一部対応する・通信は、3Gから4G(LTE)通信に対応し、翻訳スピードが向上した
・言語の組み合わせによりクラウド上の翻訳エンジンを切り替えて使うなどして翻訳精度を高めた(特に中国語やタイ語などアジア圏の言語)
・翻訳の処理速度も向上し、Wi-Fi接続時の翻訳スピードは平均7.4倍、モバイルデータ通信時には平均2.5倍、音声入力から翻訳結果を返すまでの速度が向上した
・グローバル通信(2年)つきモデルはソラコムが提供するeSIMを搭載し、面倒な通信契約なしで、購入して直ちに105の国と地域で利用できる
・充電端子は、microUSB端子から、USB Type-C端子に変更
・カラーバリエーションは、ホワイト・ブラックの2色に、ゴールドを加えた3色に

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

電撃殺蚊器モニターレポート(1) [便利グッズ]

電撃殺虫ライトは、蚊はあまり効果がないみたい:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ

以前、LED電球に、虫を集めるUVライトと、電撃で殺虫する機能を内蔵した電撃殺虫LEDライトについてご紹介したが、コバエに関してはある程度効果がありそうだが、蚊についてはあまり効果がなさそうだ、という結論を書いた。

そんな時、海外通販サイトのGearBest.comから、電撃殺虫器のモニターレポートをさせて頂けることになった。


「Indoor Electric Mosquito Killer Bug Zapper」という製品で、私がサイトを見た時の価格は22.59ドル、約2,500円と、手頃な価格だ。名前に「Mosquito(蚊)」の「Killer」とあり、蚊にも効くのであれば、より役に立つだろうということで、試してみることにした。

製品サイズは、上から見た直径16.00cm x 高さ23.00cmで、重さは600gとのこと。
エメラルドグリーンのしゃれたデザインに見える。

給電はUSBで、ACアダプタは付いていないみたいだが、どのぐらいの給電能力のACアダプタを用意すればいいのか、Webサイトを見てもよく分からない。この辺は、さすが中国。

最初にご紹介した電撃殺虫LEDライトと比べて、違いを説明すると、この製品はあくまで電撃殺虫器なので、LEDライトは内蔵していない。

一方、「Mosquito Repellent Lamp」を内蔵し、虫を吸い込む静かなファンを内蔵しているという。
「Mosquito Repellent Lamp」というのは、蚊を集めるのではなく、蚊を遠ざけるランプという意味になる。
ここで「蚊を遠ざけたら、蚊を殺せないじゃか?」という素直な疑問が湧く。
もう少し高価な電撃殺蚊器には内蔵されていることが多い、CO2(二酸化炭素)の発生器は内蔵していないので、果たして本当にこれで蚊を殺せるのか不安になってくるな。

このように、入手前にいくつか不安を感じる点があったところに、モニターの商品が到着。

続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

電撃殺虫ライトは、蚊はあまり効果がないみたい [便利グッズ]

20180704_235010071.jpg

コバエには効果があった電撃殺虫ライトだが、その後、寝る前に、初めて蚊が飛んでいて気になる日があったので、さっそく電撃殺虫ライトを使ってみた。

これは前から気づいていたことだが、部屋の明かりが点いた状態では、なかなか虫は電撃殺虫ライトに集まってくれず、全然取れない。

しかし、部屋の明かりを消すと、青いUVライトが唯一の光となるせいか、コバエなどは捕まるのが分かる。

しかし、どうやら蚊に関しては、なかなかつかまることがなく、飛ぶ音が聞こえ続けるので、結局薬液タイプの蚊取りを使う羽目になった。

続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

電撃殺虫ライトを使ってみる [便利グッズ]

20180704_223932268.jpg

ZX LED LIGHT

中国のオンラインショップ「banggood」から直輸入した電撃殺虫ライトが届いた。
発注から5日で届いたので、「AliExpress」なんかに比べると、配送が早くていいな。
今後も、購入時には「banggood」もチェックするようにしよう。

20180704_223948478.jpg

紙箱の中には、裸の電撃殺虫ライトが入っているのみで、説明書も何もなし。

20180704_234859911.jpg

我が家にストックとしてあった電球ソケットに挿して、

20180704_235024827.jpg

電源を入れると、LEDライトと、青いUVライトが点灯した。LEDライトは、思ったより明るい。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の5件 | - 便利グッズ ブログトップ