So-net無料ブログ作成

クラウドサービス ブログトップ
前の5件 | -

Googleアシスタントの進化 [クラウドサービス]

00000003811840_A01.jpg

GoogleのCES 2019発表まとめ――すべてスマートアシスタントが関係 | TechCrunch Japan

米国時間1月8日、ラスベガスで開幕したCESでも、Googleの発表した製品やテーマの中心は、Googleアシスタントだったようで、音声対話型アシスタントが1月末までに10億台のデバイスに搭載されるという。

その他にも、いろいろな発表があった。

・iOSとAndroidの双方でGoogleマップでアシスタントが使えるアップデートを配信開始
・2019版Samsung TVが、Googleアシスタント互換となり、今年後半に実現する
・衛星放送のDishがGoogleアシスタントを導入する
・Lenovoが 価格80ドルのアシスタント内蔵置き時計を発表した
・Googleアシスタントに新しく通訳モードが追加され、72カ国語でリアルタイム音声通訳が可能になった
・直接インターネットにつなげないデバイスと連携して新しい機能を実現するAssistant Connectプログラムがスタートする
・バッテリーのAnkerや、ノイズキャンセリング技術でJBLとも提携し、車載デバイスにGoogleアシスタントを搭載可能とした

ほとんどが、Googleアシスタントにかかわる発表で、当然ながら、これらの進化は、スマートスピーカー「Google Home」シリーズにも関わってくることになる。

そんな中から、主だった機能アップをいくつか取り上げてみよう。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

クラウドストレージサービス統合管理サービス「AnyTrans for Cloud」 [クラウドサービス]

d11895-31-852615-2.jpg

AnyTrans? for Cloud ? 複数クラウドコンテンツをひとまとめに管理する

中国のITベンチャーiMobie Inc.が、2018年7月10日にクラウドストレージサービスを統合管理するサービス「AnyTrans for Cloud」をリリースした。
開発元のiMobie Inc.社から、そのレビューの依頼があり、面白そうだったので、試用してみた。

AnyTrans for Cloudは、Google Drive、Dropbox、iCloud Driveなどの複数のクラウドサービスをひとまとめに管理するユーティリティツールとのこと。

【公式】AnyTrans?無料ダウンロード - iPhone/Androidのデータ管理を簡単に

Windows/Mac版ソフトがリリースされており、それをパソコンコンにインストールして起動するか、Webブラウザからアクセスする。

残念なのは、Android/iOS端末に関しては、PCを介して、データの転送ができるソフトは提供されるようだが、現時点では、Android/iOS端末から、直接、複数のクラウドサービスにアクセスする機能は提供されていないようなのだ。

今時、Windows/Macしかサポートしないクラウドサービスというのは、それだけで魅力が半減してしまうのはやむを得ないところ。

「AnyTrans for Cloud」の特徴は次の通り。

・一度のログインだけで複数クラウドを管理
AnyTransへにログインするだけで、Dropbox、Google ドライブ、iCloud Drvie、OneDriveなどのクラウドサービスを統合管理でき、分散しているすべてのクラウドコンテンツを簡単に整理できる。

・主要なクラウドサービスのサポート
現状、Dropbox, Google Drive, iCloud Drive, OneDrive, Box, pCloud, Facebookをサポートする。

・高速なファイル転送
マルチスレッド技術により、クラウドサービスへのファイルのアップロード/ダウンロード、クラウド間でのデータ移行が、最高のスピードで実行できる。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「Amazon Drive」について調べてみた [クラウドサービス]

Amazonのクラウドサービス「Amazon Cloud Drive」については、MP3音源を購入したときに、それが「Amazon Cloud Drive」に格納され、参照できることぐらいしか、意識したことがなく、買ったMP3音源も、これまでiTunesにインポートして管理してきたので、正直、「Amazon Cloud Drive」は全く利用したことがないに等しかった。

Amazon Drive

今回思い立って、Webブラウザで「Amazon Cloud Drive」にアクセスしてみたら、いろいろ思っていたことと違う点があった。

Amazon Drive Photos

まず、名称だが、「Amazon Cloud Drive」ではなく「Amazon Drive」と表示される。世間一般的に「Amazon Cloud Drive」と呼ばれているものが、この「Amazon Drive」のことのようだ。

クラウドストレージの状況を確認すると、まず、一般ファイルと動画用に、既に10GBが割り当てられていることが分かった。

それとは、別に容量無制限のプライムフォトのエリアと、容量無制限のMP3ダウンロードストアのエリアがあり、さらに、Kindle Fireデバイスを持っているので、Fireデバイス用に、また別の無制限の写真用ストレージと、写真・ビデオ・ファイル用の5GBのストレージが割り当てられていて、それぞれ個別に利用できるらしい。

これだけ容量があれば、動画を除けば、ほとんどのパーソナルファイルは、写真も音楽も全部ここに放り込める人も多いだろう。

ただ、私は、現状、所持しているMP3ファイルだけでも既に200GBを越えており、最近は、まだ手元にあるCDを、無劣化のFLAC形式でもエンコードし直し始す作業を進めており、これらを加えるとさらにデータ容量は膨大になる。

なので、この程度の容量では話にならない。
やっぱり、有料プランを利用しないと、自分の音楽データをクラウドにバックアップするのは無理みたいだ。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

Googleフォトで写真を分類する方法 [クラウドサービス]

Google-Photos-icon-logo.jpg

無料で無制限。新サービス「Googleフォト」が便利すぎてむしろ不気味 - まぐまぐニュース!

無料で容量無制限ののフォトストレージ「Googleフォト」を、便利で使っているが、一点不満なのが、フォルダで分類整理する機能がないこと。

「Googleフォト」のコンセプトとして、写真にタグを付けて、そのタグ情報で検索して表示するのがコンセプトではあることは理解しているのだが、実際のところ、まとめて放り込んだ写真を一つ一つタグ付けをしていくのは大変な作業で、途中で断念してしまった。
なので、なかなか写真の整理が進んでいなかったのだが、調べていたら、こんな手段があることを発見。

googleフォトを googleドライブ で フォルダに整理。便利。 - believe in you いるかピー

Google Driveのオプションで、『「Google フォト」フォルダを作成する』をONに(おそらくデフォルトでON)に設定すると、Googleフォトの写真が、自動的にGoogleドライブにも表示され、しかも、Googleドライブの容量は消費されないということらしい。

Google Driveは使っていなかったのだが、早速開いてみると、確かに、「Google フォト」が見えるな。
そして、Google Driveのマイドライブには、階層的にフォルダを作成でき、そこに「Google フォト」の写真をまとめて放り込み、整理することができるのだ(おそらくリンクが張られるだけ)。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

デジカメ写真のアップロードに最適なNAS+クラウドは? [クラウドサービス]

PCなしで複数のクラウド同期が可能なNAS:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ

以前、複数のクラウドサービスと同期を取ることができるNASとして、Synology社のNASを取り上げたことがあった。
Synology社のNASが搭載するクラウドシンク機能では、現在、Google Drive、OneDrive、Dropbox、Box、hubiC、Baidu Cloud、Amazon Cloud Driveの6種類のクラウドストレージと同期が可能になっており、今後、容量無制限のGoogle Photosとの同期も可能になるのではないかと期待していたのだが、一向にその様子がない。

現在は、スマホやデジカメで撮影した写真は、メインで使うノートパソコンに集約し、そこからGoogle Photosにアップロードしているのだが、ノートパソコンのHDD容量の制約もあり、時々写真を整理して、外付けHDDに退避する必要がある。

できれば、写真の管理をNASに集約したいのだが、Google Photosのサポートが一向にされないので、Synology社のNASを買うきっかけがつかめなかった。

ここまでサポートされないところを見ると、Google自体が、NASでのGoogle Photosサポートを許可する気がないのだろうと思われる。諦めるしかないのかな。

Amazonプライム会員に入会してみた:コンテンツって言い方、嫌いだけど:So-netブログ

一方で、このたび、Amazonプライム会員に加入したことで、容量無制限のAmazonプライムフォトが利用できるようになった。

容量無制限の『Amazonプライムフォト』VS『Googleフォト』!それぞれのメリット・デメリットは? | かみあぷ ? iPhoneひとすじ!

Google Photosと違って、動画は保存できないが、写真は画質劣化なしに元の画質のまま保存できて、しかも容量無制限なのは素晴らしい。

【レビュー】Amazon「プライム・フォト」×Synology NASで最強の写真保存環境を構築する ~PC不要でNASとクラウドを自動同期。容量無制限、ランニングコスト不要 - PC Watch

そして、Synology社のNASは、既にAmazonプライムフォトをサポートしているため、Amazonプライムフォトを利用するなら、写真の無制限バックアップ環境が作れることが分かった。

もちろん、Amazonプライム会員を脱会することになれば、Amazonプライムフォトも使えなくなるが、元々、NASのバックアップとして使うつもりなので、元の写真はNASから消えることはない。
だから、そうなったら、改めて、別のバックアップ先のクライドサービスを探せばいいだけのことだ。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の5件 | - クラウドサービス ブログトップ