So-net無料ブログ作成

乗り物 ブログトップ
前の5件 | -

ハイパーループは本当に実現するのか? [乗り物]

bit201802081701333434.jpg

「ハイパーループ」がいよいよ実証試験段階へ:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ

減圧されたチューブの中を、光速に近い速度で走る新しい交通機関「ハイパーループ」に関し、これまで実用化の状況について取り上げてきたが、最新の状況を見たら、

着想から5年、夢の交通機関「ハイパーループ」の現実とこれから|WIRED.jp

ハイパーループは実現可能か? その仕組みをリニアとの違いや課題などとともに解説 |ビジネス+IT

以前挙げた疑問のうち、解決したものもあれば、解決していないものもある。

まず、磁気浮上の車両側のエネルギー源については、車両側は「永久磁石」を利用する「インダクトラック方式」を採用することで、浮上に関するエネルギー源は不要にしたようだ。

ただし、この方式、日本のリニア新幹線の浮上方式に比べると、省エネである代わりに浮上距離が小さく、地震が起きたりした時の安全性は劣るらしく、日本では採用しなかったようだ。地震が多いカリフォルニア州などでは大丈夫なのだろうか。

サウジアラビアのハイパーループ、実現にまた一歩近づく | BUSINESS INSIDER JAPAN

サウジの砂漠で建設中の路線の電力共有については、チューブに沿って太陽光発電施設を建設し、それを蓄電して、減圧装置やリニアモーターに供給する計画みたいだ。
本当にそれで足りるのか、具体的な発電量などが明らかになっていないので、本当に実現可能なのかは分からない。

ハイパーループの実現は困難? 科学者たちが語る、これだけの危険性|WIRED.jp

一方で、ハイパーループで、まだ解決案さえ提示されていない技術課題がたくさんあることを指摘する人たちもいる。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

自動運転車を導入するための社会制度試案 [乗り物]

car_jidouunten_man.png

前回、高齢化が進む日本社会に、自動運転車の早期導入を進めることが必要になるのではないかと書いたが、それを実現する方策について、様々な観点から具体的な案を考えてみた。

(1)自動運転車自体の仕様
・自動運転機能は、一般道を自動で走れ、緊急時のドライバー操作も不要なレベル5を前提とする。
・ただし、レベル5の自動運転機能で対応可能な緊急事態については、一定のレベルにとどめ、大幅なコストアップを避けることで、軽自動車にも搭載可能な機能とする。
・緊急事態への対応レベルを下げることに対しては、社会的制度を整備(後述)することで安全性を担保する。
・自動運転車は、周辺を走る車両(自転車も含む)、歩行者から、自動運転車であることが一目でわかるようにする。
・自動運転車は、四方の映像や走行ログを保存するドライブレコーダーを搭載し、重大事故発生時にも記録データが必ず取得できるものとする。

(2)自動車運転限定免許の制度
・自動車運転限定免許は、自動運転車を、自動運転を有効にした状態でのみで利用できる免許とする。自動車運転限定免許で、手動運転を行うのは道交法違反とする。
・自動車運転限定免許は、給油や、車検や日常のメンテナンスなどの講習を受け、簡単なテストに合格すれば、教習所に長期間通うことなく、高齢者、身体障がい者など、誰でも取得できるものとする(通常の自動車運転免許を取得できる運転技能は必要としない)。
・通常の自動車運転免許では、自動運転車を、自動運転でも、手動運転でも、どちらでも運転できるが、交通法規上の責任は、自動運転中でも、手動運転と同様の責任を負う。
・他方、運転者の設定が必要ない業務用自動車運転限定免許制度も用意し、人ではなく事業者が免許を取得できるようにする。これにより、無人のバスやトラックが自動運転で、人や物を配送することが可能となる。
・この場合、自動運転車の車検や日常のメンテナンスも、業務用自動車運転限定免許を持つ事業者が行う。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

高齢者も安心して車が使える社会への提言 [乗り物]

相次ぐ交通事故、高齢者は車の運転免許証を返納すべきなのか | ニュース3面鏡 | ダイヤモンド・オンライン

高齢者による交通事故は、被害者も加害者も悲惨だ。

加害者も一生後悔するだろうが、後悔したって残りの一生は短く、残された被害者は、その後の長い人生、苦悩の毎日を過ごすことになる。

ただ、高齢者から運転免許を取り上げるだけでは、問題は解決しないのも確か。
特に、公共交通機関がない田舎では、高齢者から車を取り上げたら、飢え死にしてしまいかねない。
地方自治体が、乗り合いバスなどを運営して、そうした問題に対策しているケースはあるが、それも、ある程度の人口密度があってできること。
これから、地方の過疎化がさらに進み、限界集落が増えれば、お金のない地方自治体は破たんしてしまうだろう。

それを解決するために、限界集落に住む人たちに、街の中心地に引っ越してもらうコンパクトシティも、一つの解決案として考えられているが、これも簡単ではない。

故郷で一人暮らしをしていた自分の母親に、一緒に住もうと、何度も提案したのだが、頑として拒絶された。
周りのお友達と離れたくないし、今の家から離れたくないというのだ。
結局、痴ほう症の症状が出始め、一人で暮らせなくなったのに嫌がる母親を、無理やり我が家に連れてきたが、結局、そこからは長くはなかった。
年を取ると、本当に、新しい環境はストレスでしかなく、自分の環境を変えたくなくなるみたいだった。

car_driving_old_woman.png

高齢者専用の運転免許創設 安全機能付き車に限定  :日本経済新聞

なので、政府が、運転免許の返納を促すだけでなく、自動ブレーキなど安全機能がついた車種のみ運転できる、高齢ドライバー専用の新しい運転免許をつくる方針を打ち出したのは、絶対に必要な方向性だとは思う。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

子どもが普通自動車運転免許を取得した [乗り物]

我が家の下の子が、突然、運転免許を取ると言い始め、主に春休みの時期を活用して自動車運転教習所に通い、2か月ほどで普通自動車運転免許を取得してしまった。

以前、大学に入った時に、「車の免許は取っておいた方がいいから、今取るならお金を出してあげる」と提案したのだが、その時は取る気がなかったようで、何の反応もなし。

それが、大学院に進学する今頃になって、何で取りたくなったのかはわからない。

既にパスポートは持っているから、身分証明書で困ることはないため、おそらく、大学のゼミで、車の運転ができないと肩身が狭いような事情ができたのかもしれないな。

正直、運動神経は全くない子だったので、免許を取るのにどれだけかかるかと心配したのだが、意外にスムースに教程を進み、追加料金なしで教習所を卒業。
2か月ほどであっさり免許を取ってしまった(しかも、オートマ限定でない普通の免許)のは、意外ではあった。

免許を取るのにてこずった奥さんが言うには、奥さんの家では親が運転しなかったので、普段車に乗せてどこかに行くということがなかったせいで、車幅感覚とか速度感覚が全くなくて、最初かなり苦労したという。
それに比べれば、我が家では、私が車を運転していて、それに乗っていたので、そうした感覚がもともとあるからめっきょを取るのも楽だったのではないか?とのこと。
確かにそういうのはあるのかもね。

免許取得にかかったトータルの金額を聞くと、約30万円強といったところ。
教習所に主に通った3~4月は、繁忙期ということで、相対的に値段も高いらしく、税込み32万~38万円ぐらいかかるのが普通らしいのだが、大学生協経由のプランで申し込んだこともあり、比較的安くで済んだようだ。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

7年目の車検完了 [乗り物]

7年目の車検をどうする?:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ

期間ぎりぎりになってしまったが、7年目の車検が無事完了した。

syounandai.jpg

(株)REXエネルギー 湘南台CS 車検の割引メニュー-楽天車検

料金は、法定費用が合計52,130円で、これが現金払い。

車検代金は19,800円+αで、クレジットカード払いが可能。

前回も同じスタンドに車検をお願いしたが、今回も、通勤経路沿いで便利で、ここが一番値段が安かったのでお願いすることにした。

楽天車検で申し込みを行った後、電話で直接予約を取り、予約当日の平日朝8時に車で乗り付けて、受付の手続きを行う。
簡単なチェックを行い、夕方には電話があり、強引に色々すすめられたが、ブレーキオイルの交換だけはずっとやっていなかったので、それだけお願いして、それ以外すべて断り、その条件で車検を通してもらうことになった。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の5件 | - 乗り物 ブログトップ