So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

乗り物 ブログトップ
前の5件 | -

シガレット電源用USB充電器&microUSBケーブル [乗り物]

サイバーナビ「AVIC-ZH99CS」の修理は断念:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ

以前、愛車のサイバーナビのSDカードスロットが壊れ、読み書きできなくなり、修理を断念したことを書いた。

その後は、「SERVO J5+」購入後お役御免となったコンパクトスマホ「Melrose S9+」に、聴きたいラジオ番組の録音などを放り込み、ナビにBluetooth接続して、車内で聴くようにしている。

時々、Bluetoothが不安定になったり、「Melrose S9+」の動作が不安定になったりするほかは、特に支障なく使えてはいるのだが、一番よくする失敗は、事前に「Melrose S9+」の充電を忘れて、出先で電源が切れてしまうこと。

ただ、よく考えれば、車にはシガレット用電源があるのだから、運転中にそこから充電すればいい。
そう思っていながら、つい買い忘れていたのだが、先日、ようやくダイソーで、シガレット電源用のUSB充電器を購入した。
microUSBケーブルも、もちろん100円ショップで買ったものだ。

IMG_0970.JPG

100円ということもあり、1Aしか出ないので、機器によっては出力が足らず充電されない機器もあるだろうが、車の中だけ持てばいいと考えるなら、大抵はこれで事が足りるだろう。

実際、「Melrose S9+」はそれほど消費電力が大きくないので、車に乗るときにこの充電器に繋いでおけば、みるみる充電される。
出先で使うBluetoothイヤホンも、問題なく充電できるし、ケーブルを替えれば、iPod nanoの充電も問題なし。
ただ、最近のスマホやタブレットだと、消費電力が大きいせいか、充電もされないが、減りもしない状態となる。ただ、出先でバッテリーが減らないだけでも意味はあるだろう。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

スズキの新型「スペーシア」 [乗り物]

001_o.jpg

スズキ、「スペーシア」をフルモデルチェンジ。「後退時ブレーキサポート」「ヘッドアップディスプレイ」軽初採用 - Car Watch

スズキ、“軽ハイトワゴン最軽量”の850kgの車重とマイルドハイブリッドで燃費30km/L達成の新型「スペーシア」発表会 - Car Watch

スズキが、12月14日、軽自動車「スペーシア」「スペーシア カスタム」のフルモデルチェンジを発表した。
価格はスペーシアが133万3800円~158万9760円で、全般的に値段は上がっているようだが、全クラスに、マイルドハイブリッドを搭載していることを考えれば、実質的な差はないかもしれない。

「R06A型」エンジンの吸気系部品に走行風を直接当てて効果的に冷却を行なうエアガイドを追加し、トランスミッションのCVTを約5kg軽量化するなどして、JC08モード燃費を最高30.0km/Lに向上させた。これまでも、軽ハイトワゴンでは燃費は抜群だったから、さらにそれを上回るのは凄い。

また、リチウムイオンバッテリーを3Aから10Aに大容量化し、モーターの出力を2.3kWへと高出力化することで、モーターのみのクリープ走行を最長10秒間可能となったそうだ。

プラットフォームには「HEARTECT(ハーテクト)」を採用し、強度を維持しながら補強部品を削減し、新軽量衝撃吸収ボディ「TECT」では、1180MPa、980MPaの超高張力鋼板のボディ全体における使用率を従来モデルの11%から16%に高め、さらなる軽量化とボディ剛性を両立したという。850kgという軽ハイトワゴンの最軽量化は、もちろん燃費性能にも貢献しているはずだ。

安全装備については、全車標準装備となる「衝突被害軽減ブレーキ」に、軽自動車初採用となる「後退時ブレーキサポート」が追加された。
また、後退時に後方に障害物がある状況で誤って強くアクセルを踏み込んだ際にエンジン出力を抑制する「後方誤発進抑制機能」や、駐車の際に障害物との距離を知らせてくれる「リヤパーキングセンサー」も搭載して、後方の安全性も高めたという。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

スマホをHUDにする車載用スマホスタンドを試用してみる [乗り物]

車にヘッドアップディスプレイは流行るのかな?:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ

以前、カーナビアプリを立ち上げたスマホの画面を、ハーフミラーのパネルに投射することで、HUD(ヘッドアップディスプレイ)としてナビ画面が見られる、上海問屋の「HUDスタンド(DN-914412)」という商品を紹介したことがある。

Kroak-hud-gps.jpg

Alibaba グループ | AliExpress.comの ヘッドアップディスプレイ からの Kroak hudヘッドアップディスプレイ携帯gpsナビゲーション調節可能なブラケットスマートフォン用スタンド電話ホルダー 中の Kroak hudヘッドアップディスプレイ携帯gpsナビゲーション調節可能なブラケットスマートフォン用スタンド電話ホルダー

これと同等の商品が、AliExpressを覗くとたくさん売られてて、1,000円ぐらいで買えたので、衝動買いしてしまったのだが、そのまま放置していた。
先日、ストック箱からこのHUDスタンドを発見したので、せっかくなので、試しに使ってみることにする。

今回購入したスタンドは、6インチ以下推奨ということで、大抵のスマホは設置可能だろう。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

スペースXが、ロケットによる旅客輸送を計画? [乗り物]

800px-BFR_Mars.png

、ロケットで旅客輸送 主要都市間30分で  :日本経済新聞

電気自動車のテスラモーターズを創立し、ハイパーループ構想でも話題を呼ぶイーロン・マスク氏が、ロケットによる高速旅客輸送を計画しているというニュースを読み、あまりに突飛だったので、さらに詳しいニュースを探して読んでみた。


東京~ハワイを30分で結ぶことも可能なスペースXの新型巨大ロケット「BFR」とは? - GIGAZINE

すると、意外?にも、GIGAZINEが、短く正確にまとめており、参考になった。

2017年9月27日から29日にわたってオーストラリアで開催された宇宙関連カンファレンスにおいて、イーロン・マスクが、SpaceXが開発を進めている火星移住計画に用いられる予定の超巨大ロケット、コードネーム「BFR」を発表したそうだ。

BFRは、打ち上げ時に用いるブースターと、乗員や貨物を搭載する上段ロケットからなる2段式で、全長106メートルの巨大なロケットだそうだ。

ブースターも、上段部も、同社の「ファルコン9」ロケットのようにミッション完了後に、(まるでサンダーバード1号のように!)地上に戻って着陸することができ、再利用が可能なことにより、コストを削減できるらしい。

このロケット「BFR」を使って、巨大な人工衛星の打ち上げや、国際宇宙ステーション(ISS)への物資供給を低コストで行うことができるそうで、さらには、月への到達、そして火星探査などのミッションにも用いることが可能ということらしい。

そして、この発表のメインは、BFRを使い「いかにして火星探査を行い、戻ることができるか?」だったようだ。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

サイバーナビ「AVIC-ZH99CS」の修理は断念 [乗り物]

サイバーナビ「AVIC-ZH99CS」の修理について、メールで問い合わせてみたところ、まず、SDカードをフォーマットし直して、ペアリングしてみるよう指示があった。
しかし、フォーマットし直しても、ナビ側でSDカード自体を認識しないので、ペアリングもしようがない。

やっぱり修理しか手はないようだ。

引取修理 | 修理のご案内・インターネットでのお申し込み | 修理 | パイオニア株式会社

こそで、修理依頼の手順について調べてみた。

カーナビの場合、引取修理か送付修理という形になり、持込修理や、出張修理はできないらしい。

引取修理と送付修理の違いは、引取修理が、運送会社が梱包する箱を持参して取りに来てくれ、そこにナビを入れて送るのに対し、送付修理は、予めWebで予約の上、自分で箱を用意してナビを梱包して送るという違い。

引取修理の代金は、修理料金+配送手数料1600円がかかり、もし、未修理返却となった場合も点検料1500円+1600円がかかる。

送付修理の代金は、修理料金+配送手数料800円がかかり、もし、未修理返却となった場合も点検料1500円+800円がかかり、料金は送付修理が800円安い。

ここで問題なのは、ナビは「自分で取り外して送れ」ということ。引取修理と言っても、車から外して引き取ってくれる訳ではないのだ。

このナビの取り外しと、修理後の取り付けの工事費を、オートバックスなどのお店に頼むと合計4万円ぐらいは掛かるらしい。

もちろん、自分で取り外しができれば、4万円もタダにはなるが、そもそも今のナビも取扱説明書読んで無理だと思い諦めて、ディーラーに取り付けてもらったぐらいなので、無理なものは無理だ。

続きを読む


nice!(1)  コメント(3) 
共通テーマ:日記・雑感
前の5件 | - 乗り物 ブログトップ