So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

乗り物 ブログトップ
前の5件 | -

PHVはもう要らないかも [乗り物]

現在、乗っている愛車・三菱デリカD:2は、2012年7月に乗り始めたので、2021年には、9年目の車検を通すことになる。
その頃から、いい車があれば、新しい車に買い替えようと思っている。

estimateplan_priusphv_grade_top_02.png

以前だと、その際、できればPHVに乗りたいな、と考えていた。その理由としては、

・我が家の場合、自家用車の乗車距離の90%は、数km圏内のショッピングや用事、最寄駅への送迎で、ほとんどがPHVをEVとして走ることができる

・たまに遠出するときも、PHVであれば、EVと違いガソリンで走り続けられるので、安心

・そもそもの年間走行距離が、2,000~3,000kmしかないので、自宅で夜間の100V給電でも十分

・私は第二種電気工事士の資格を持っているので、自宅にEVの充電設備を取り付けるのは、部品代のみで自分でできるはず

・(以前の電気料金制度では)夜間が安い料金プランを選べば、燃料費はガソリンの1/3程度に抑えられる計算だった

・夜に家族を駅まで送迎するときなど、電気のみで走れると、周りに騒音を出さず迷惑を掛けずに済む

といったことが挙げられた。

私の生活パターンで言えば、PHVを買っても、ガソリンで走るのは、月1回のコストコへの買い物で、帰路の終盤に少し。あとは、たまに、箱根、山梨、群馬、千葉などに車で遊びに行くときぐらいだろう。

なので、我が家の生活パターンでは、PHVが一番適していると考えていたのだ。

「PHV(プラグインハイブリッド)」は本当にお得なのかを考える | @niftyでんき

ところが、社会情勢の変化や、車の技術の進展、PHV自体の製品化を通じて見えてきた問題点なども明らかになり、次のような理由により、PHVが必ずしも優れているとは言えないように思えてきた。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

SpaceXの世界初の月旅行客はZOZOTOWNの前澤氏だそうだが [乗り物]

zu1.png

速報:世界初の月旅行客はZOZOTOWNの前澤氏。SpaceXイーロン・マスク氏が発表 - Engadget 日本版

SpaceXのイーロン・マスクCEOが、SpaceX本社で会見を開き、巨大宇宙船BFRを使った世界初の民間月観光旅行の乗客第1号として、ZOZOTOWN創業者の前澤友作氏と契約したことを発表したが、これが世界中で大ニュースとなっている。

最初の乗客が前澤氏だという点には驚いたが、発表内容を精査するうち、このタイミングでの大々的な発表という、イーロン・マスクの露骨な投資家対策には呆れざるをえなくなった。

半世紀ぶりに人類が月へ。SpaceXが月周回ツアーを2018年にも実施、すでに乗客2名が予約済み - Engadget 日本版

そもそも、昨年、SpaceXは、月周回ツアーを行う計画を発表していたが、それは、大型ロケットFalcon HeavyとDragon宇宙船を使用したもので、2018年末に2名の乗客を搭乗させるというものだった。その際も、すでに乗客は決まっていことを語っていた。

SpaceX、2024年より火星都市建設の計画。多用途ロケットBFRによる新プラン、2022年から物資輸送 - Engadget 日本版

それが、前澤氏だったのかどうかは、今となっては不明だが、今回発表された内容は、2017年秋に発表があった、十数人が乗船できる再使用型宇宙船Big Falcon Rocket(BFR)を利用し、2023年に、月への周回旅行を行うというものに、いつの間にかすり替わっている。

まずは、元々2018年実施だった計画について、発表会で誰からも問い正す記者がいないのが腹立たしいが、開発中と言っていたFalcon HeavyとDragon宇宙船はどうするのか? 止めるならどれだけの開発費が無駄になったのか。

そして、元々月旅行を行うと発言していた2018年になっても、月どころか大気圏外に出るテスト飛行さえ一向に行われず、誰が見ても計画実行が危ぶまれる状況で、いきなり2023年に計画を延期するという。
しかも、それを乗客第1号を発表するというニュースバリューで、その疑念を頭から吹っ飛ばさせるという、誠実には程遠いやり方。

意地の悪い見方をすると、本当は何も開発できていなかったんじゃないの?と疑いたくもなる。

続きを読む


nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

リニア中央新幹線の未着工工区ってここだったのか! [乗り物]

リニア中央新幹線で、一部、まだ未着工の区間が残っているという話は、聞いたことがあった。なかなか全区間着工にならないのは、なぜだろう?とは漠然と思っていた。

7.jpg

JR東海:リニア中央新幹線 静岡県の同意なく着工を検討 - 毎日新聞

こちらのニュースを読んで、それって、ここのことだったのか!と、ようやく理解した。

その区間とは、南アルプストンネル工事が、静岡県のエリアを通る部分なのだそうだ。

まず、リニア中央新幹線が、ごく一部だが静岡県を通ること自体を、このニュースを読むまで知らなかったのだが、知って分かるのは、「そりゃ揉めるだろう」ということ。

リニア中央新幹線を建設するにあたって、JR東海は、各県に一つずつ駅を設置することを約束した。
各県は、そうでないと、リニア中央新幹線による自然破壊や、走行による騒音のみの被害を受けて、観光振興などのメリットが受けられないからだ。

それに従い、通過する神奈川県、山梨県、長野県、岐阜県には駅が一つずつ作られることになったのだが、面白くないは、南アルプストンネル部分だけが通過する静岡県だ。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

シガレット電源用USB充電器&microUSBケーブル [乗り物]

サイバーナビ「AVIC-ZH99CS」の修理は断念:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ

以前、愛車のサイバーナビのSDカードスロットが壊れ、読み書きできなくなり、修理を断念したことを書いた。

その後は、「SERVO J5+」購入後お役御免となったコンパクトスマホ「Melrose S9+」に、聴きたいラジオ番組の録音などを放り込み、ナビにBluetooth接続して、車内で聴くようにしている。

時々、Bluetoothが不安定になったり、「Melrose S9+」の動作が不安定になったりするほかは、特に支障なく使えてはいるのだが、一番よくする失敗は、事前に「Melrose S9+」の充電を忘れて、出先で電源が切れてしまうこと。

ただ、よく考えれば、車にはシガレット用電源があるのだから、運転中にそこから充電すればいい。
そう思っていながら、つい買い忘れていたのだが、先日、ようやくダイソーで、シガレット電源用のUSB充電器を購入した。
microUSBケーブルも、もちろん100円ショップで買ったものだ。

IMG_0970.JPG

100円ということもあり、1Aしか出ないので、機器によっては出力が足らず充電されない機器もあるだろうが、車の中だけ持てばいいと考えるなら、大抵はこれで事が足りるだろう。

実際、「Melrose S9+」はそれほど消費電力が大きくないので、車に乗るときにこの充電器に繋いでおけば、みるみる充電される。
出先で使うBluetoothイヤホンも、問題なく充電できるし、ケーブルを替えれば、iPod nanoの充電も問題なし。
ただ、最近のスマホやタブレットだと、消費電力が大きいせいか、充電もされないが、減りもしない状態となる。ただ、出先でバッテリーが減らないだけでも意味はあるだろう。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

スズキの新型「スペーシア」 [乗り物]

001_o.jpg

スズキ、「スペーシア」をフルモデルチェンジ。「後退時ブレーキサポート」「ヘッドアップディスプレイ」軽初採用 - Car Watch

スズキ、“軽ハイトワゴン最軽量”の850kgの車重とマイルドハイブリッドで燃費30km/L達成の新型「スペーシア」発表会 - Car Watch

スズキが、12月14日、軽自動車「スペーシア」「スペーシア カスタム」のフルモデルチェンジを発表した。
価格はスペーシアが133万3800円~158万9760円で、全般的に値段は上がっているようだが、全クラスに、マイルドハイブリッドを搭載していることを考えれば、実質的な差はないかもしれない。

「R06A型」エンジンの吸気系部品に走行風を直接当てて効果的に冷却を行なうエアガイドを追加し、トランスミッションのCVTを約5kg軽量化するなどして、JC08モード燃費を最高30.0km/Lに向上させた。これまでも、軽ハイトワゴンでは燃費は抜群だったから、さらにそれを上回るのは凄い。

また、リチウムイオンバッテリーを3Aから10Aに大容量化し、モーターの出力を2.3kWへと高出力化することで、モーターのみのクリープ走行を最長10秒間可能となったそうだ。

プラットフォームには「HEARTECT(ハーテクト)」を採用し、強度を維持しながら補強部品を削減し、新軽量衝撃吸収ボディ「TECT」では、1180MPa、980MPaの超高張力鋼板のボディ全体における使用率を従来モデルの11%から16%に高め、さらなる軽量化とボディ剛性を両立したという。850kgという軽ハイトワゴンの最軽量化は、もちろん燃費性能にも貢献しているはずだ。

安全装備については、全車標準装備となる「衝突被害軽減ブレーキ」に、軽自動車初採用となる「後退時ブレーキサポート」が追加された。
また、後退時に後方に障害物がある状況で誤って強くアクセルを踏み込んだ際にエンジン出力を抑制する「後方誤発進抑制機能」や、駐車の際に障害物との距離を知らせてくれる「リヤパーキングセンサー」も搭載して、後方の安全性も高めたという。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の5件 | - 乗り物 ブログトップ