So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

情報家電 ブログトップ
前の5件 | -

そろそろ「sRemo-R」を再セットアップするか [情報家電]

少し前に、スマートリモコン「sRemo-R」の本体ファームウェアと、対応スマホアプリの大幅バージョンアップが、10月中旬までに順次行われることが予告されていることを知ったが、状況を確認したところ、予定していたバージョンアップは一段落したようだ。

DSC_3989_LR2.jpg

sRemo-R本体バージョンアップ[241] | sRemo-Rサポート

最新の更新は、10月16日に行われ、本体のバージョンは、241となった。
上記サイトの情報を見るだけだと、大して変わっていないように見えるが、実は、前回にブログで触れた後、239、240というバージョンアップが行われており、それらを含めると次のような変更が行われた。

・エアコン専用画面への手動設定対応
・エアコン専用画面のメーカ信号の修正・追加対応(DAIKIN、HITACHI、SHARP、CORONA、IRISOHYAMA)
・通知メールへ発動条件項目の記述追加対応
・マクロ設定・解除の設定方法改善対応
・タイマー設定・解除の設定方法改善対応
・AIスピーカデバイス、タイマー、通知制御、マクロ設定のエアコン制御対応
・通知制御発動条件の変更(超え、未満->以上、以下)
・テレビ、照明、DVD専用画面対応(スマホアプリver5.0.0より5画面追加)
・照明、テレビ、DVD専用画面(エアコン同様の専用画面)対応

スマートリモコン「sRemo-R」については、Google Homeからの制御に関しては、IFTTT経由でのサポートのみとなっていたため、直接制御できるAmanzon Echoと組み合わせて、書斎兼寝室で使ってきたが、正直、この部屋には、Amanzon Echoからの制御したい家電機器がほとんどないので、宝の持ち腐れ状態となっていた。

ところが、最近の「sRemo-R」のアップグレードにより、Google Homeから直接制御できる「Googleスマートホーム」に対応したため、Google Homeから「sRemo-R」が使いやすくなった。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

電子ペーパーリモコン「HUIS-100RC」の編集ソフト「HUIS UI CREATOR」 [情報家電]

61gm184-VgL._SL1500_.jpg

電子ペーパーリモコン「HUIS-100RC」のプリンストールされたデフォルトのリモコン設定で我が家のテレビやレコーダー、照明、エアコンの操作ができることは確認できたものの、その画面デザインはことごとく気に入らない。

これでは純正リモコンも併せて使用する我が家の家族は皆、この英語だらけの学習リモコンの使い方が理解できず、一切使ってくれないだろう。

なので、「HUIS UI CREATOR」を使って、できるだけ元の純正リモコンのボタン配置やボタン名称を再現する形で、リモコン画面のデザインを作り込んでから、家族に使ってもらうことにしたい。

HUIS UI CREATOR | HUIS

リモコン画面のデザインを行うツール「HUIS UI CREATOR」は、Windows版とMac版がある。2018年6月4日にリリースされたバージョン7.0が最新版だ。

アップデート情報 - サポート | HUIS

さらに、「HUIS UI CREATOR」のバージョン7.0を使用するには、「HUIS-100RC」の内蔵ファームを、2018年6月4日リリースのバージョン4.6に更新しておく必要がある。
なので、まずは上記サイトに記載された手順に従い「HUIS-100RC」のファームウェアを更新しておく(完了まで10分ほどかかる)。

また、「HUIS UI CREATOR」をで編集作業をする際は、パソコンと「HUIS-100RC」をUSB接続しておく必要があり、オフラインでは編集作業ができないというのは、なかなか面倒。
しかも、この転送時間が結構時間がかかって、1分以上は優に待たされる。

まずは、編集ができる準備は整ったので、なかなか分かりにくい「HUIS UI CREATOR」の使い方を学びながら、学習リモコンの画面を順次作成してゆこう。

hurd.png

HUIS UI CREATOR | HUIS

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ソニーの電子ペーパーリモコン「HUIS-100KC」を購入 [情報家電]

61gm184-VgL._SL1500_.jpg
HUIS-100RC | AVアクセサリー | ソニー

ソニーの電子ペーパーリモコン「HUIS-100RC」とBluetoothクレードル「HUIS-200CR」のセット「HUIS-100KC」の出物がないか探していたのだが、

中古通販のネットモール(ハードオフ公式サイト)

ハードオフのネットモール検索で、送料込み22,200円の状態のいい中古を発見。

ヤフオクなどでも、最近はこの値段では落札できないので、思い切って購入してしまった。

IMAG0603.dng.jpg

シンプルな化粧箱を開けると、

IMAG0604.dng.jpg

本体と、クレードルと、ACアダプタと、microUSBケーブル、取扱説明書などが入っている。

IMAG0605.dng.jpg

写真から、小さなスマホのような薄い板のような形状を想像していたが、現物を見ると、背面に出っ張りがあり思ったより立体的。
そのお蔭で持ちやすいし、実はクレードルなしでも自立できるのもいい。

続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

YOun社のスティック型の学習リモコンが届いた [情報家電]

71G1Ykkf6qL._SL1001_.jpg

AV機器用の学習リモコンで困っている:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ

AV機器用の学習リモコンが壊れ、照明用のリモコンの代わりがなくて困り、AmazonでYOunというブランドの6つのボタンしかないスティック型の学習リモコンを購入したことを、以前書いたが、それがようやく届いた。

中国からの発送だったためか、到着まで2週間以上かかったので、もうすっかり発注したことを忘れていたぞ。

ただ、送料無料で税込357円と馬鹿安だったのだから、あまり贅沢も言えない。

このリモコン、一応テレビをメインターゲットにしているようで、電源、チャンネルアップダウン、音量アップダウン、ミュートの6つのボタンがあるが、これだけだと、多機能な今のデジタルテレビで使うのは却って不便でしかない。

ただ、馬鹿安なので、照明のワンボタンのシンプルなリモコン代わりに、学習させて使うにはちょうどいいのではないかと思ったのだ。

IMG_1441.JPG

開梱すると、本体と説明書が入っており、説明書は英語だが、絵も多く、学習方法も分かりやすい。

本体のサイズは、170x25x10mmということで、思ったよりは大きかったが、ちょうど手頃で持ちやすくていい。
ただ、ボタンの文字が最初からかすれており、いかにも安っぽい造りだが、実際安いのだから仕方ない。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

E-ink搭載学習リモコン「HUIS-100RC」 [情報家電]

AV機器用の学習リモコンで困っている:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ

最近、長く使ってきたAV機器用の学習リモコンが故障して、代わりの商品を探したのだが、なかなかいい物がなく、改めてソニーの学習リモコン「HUIS-100RC」という存在が気になり始めた。

61gm184-VgL._SL1500_.jpg

HUIS-100RC | AVアクセサリー | ソニー

「HUIS-100RC」は、前面にE-ink(電子ペーパー)のタッチパネルを備えた、まるで電子書籍リーダーみたいな外観の学習リモコンだ。

学習リモコンを再検討する(7) ロジクールHarmony 882 | トドのつまりは・・・ - 楽天ブログ

これまでも、タッチパネル画面を備えた学習リモコンは存在したが、明らかな弱点があった。
通常のリモコンだと、乾電池だけで何カ月も電池が持つわけだが、こうした液晶タッチパネルを搭載すると、消費電力が大幅に増えるため、電源は充電池式にならざるを得ず、しかも、モノによってはほぼ毎日充電せざるを得ないケースもある。

「HUIS-100RC」は、タッチパネル画面にE-inkを搭載することで、内蔵充電池で、1週間程度は充電せずに使い続けられる。

リモコンの画面デザインも、Window用の付属ソフトを使って、かなり自由にユーザーが設計することができる。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の5件 | - 情報家電 ブログトップ