So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

白物家電 ブログトップ
前の5件 | -

洗濯乾燥機「BW-D9MV」が再び故障かと思いきや・・・ [白物家電]

我が家では、洗濯機のトラブルが多い。

洗濯乾燥機BW-D9MVが故障(4) 最後に考察:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ

買ってまだ2年目の日立の洗濯乾燥機「BW-D9MV」が、脱水中にモーターオイルが焼けるような匂いがして、停止してしまうトラブルが発生し、このときは、原因は洗濯乾燥機本体ではなく排水口の詰まりで、完全に脱水が完了する前に、脱水が始まってしまい、想定を超えた負荷がモーターに掛かってしまったことによるものだった。

日立の洗濯乾燥機BW-D9MVが故障:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ

その後、7年目に、全く動かなくなるトラブルが発生し、駆動系を総交換する羽目となった。そのときは、日立の製品も寿命が短くなったものだと思ったが、今考えると、2年目の脱水トラブルで、駆動系にかなりのダメージを与えていた可能性があるかもな、と思う。

その故障修理から6か月余り、再び洗濯乾燥機「BW-D9MV」が動かなくなった。

予兆は少し前からあった。

2度ほど、すすぎ工程で、給水状態のまま漕の回転が始まらないことがあり、一度は、電源を入れ直したら動作し、もう一度は、電源を入れ直しても動作が進まず、やむを得ず脱水だけ行ったのだが、翌日、奥さんが洗濯をしたときには問題なく動作したので、そのまま放置していたのだ。

そして、今回3度目は、給水状態から止まらない症状は変わらないものの、多少エラーメッセージが違い「排水ができません」という音声ガイダンスが流れた。

20180618_080941.jpg

排水口(ピンクの破線)の詰まりについては、一度体験して以降、隔月に一度は清掃しているが、今回もすぐさま確認してみたが、ほとんどゴミは溜まっておらず、何も問題なし。

だとすると、洗濯機自身の排水部分が故障したのか?と思いつつ、試しに、洗濯機の排水管と排水管の間に付けてある糸くずフィルター(赤い丸)を開けてみてたら、洗濯機の排水管(紫の矢印)から水があふれ出て、床を濡らしてしまった。

ということは、洗濯機から排水は出ている。

となると、糸くずフィルタと、排水口の間のホース(青い矢印)が詰まっていることになるが、こんな太いホースが詰まるものか??

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「RM mini3」を「Google Home」から使えるよう設定 [白物家電]

AASP_131284977814446640ie4xIhbVhA.jpg

Broadlink RM mini3 Universal WIFI / IR Remote Controller -$13.99 Online Shopping| GearBest.com
「Google Home」から「RM mini3」を使って、リビングにある照明、エアコン、テレビの制御を行えるよう、homeアプリと、ihcアプリで設定してみた。

【IoT】“Google ホームmini”+“RM mini3” で、我が家の家電を音声コントロール - 日々平穏 

Google HomeにRM-mini3が対応!raspberry pieとPCを使用せずにスマートHome化させる方法 - Newガジェット三昧!

具体的な設定手順については、既に色々試された方がいるので、そちらをご覧いただきたい。

私も、それに倣い設定してみたが、注意点としては、

・「Google Home」から制御できるのは現状は照明カテゴリのみなので、テレビも、エアコンも照明カテゴリで登録する。

・テレビやエアコン、照明、音量などは、どうやら予約語らしく使えないので、エアコン→クーラーのように代わりの言葉でシーン名を設定する必要があるらしい(ただし、何と何が予約語なのかは、よくわからない)。

・シーンを実行するには、「(シーン名)をつけて」という必要があるが、例えば、リモコンボタンを2度押して、点灯→常夜灯→消灯に切り替える操作を「消灯」というシーンに登録する場合、実行するには「消灯をつけて」という訳の分からないキーワードを言わないといけない。
これを解消するには、homeアプリのショートカット機能を利用し、シーン「消灯」に対し、「消灯して」というショートカットを追加すれば、「消灯して」という命令で消灯することができる。

とりあえず、リビングにある照明、エアコン、テレビの電源オン・オフを、スマホのリモコンアプリからは問題なくできるようになったのに、「Google Home」からの音声制御では、まだ不安定なところが残っている。

例えば、シーンの中では、実際に家電機器の制御が2つ以上あると、実行されない制御があるようで、リモコンボタンのマクロ機能がある「sRemo-R」ではできた複雑な動作が、上手く動かない。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

激安スマートリモコン「RM mini3」に新たな使い道が・・・ [白物家電]

前回の記事では、スマートリモコン「sRemo-R」を使って、Amazon Echoから家電を制御できるようになった。

しかし、以前にも書いたが、我が家ではAmazon Echoは寝室に置いてあり、リビングには、Google Homeを置くことを決め、こちらをメインに使っている。
Google Homeの方が、マルチユーザー対応で音声の認識率も高く、家にある音楽ライブラリもラジオも聞けるし、天気予報や経路案内などの機能も充実しており、家族全員が使うリビングでは、圧倒的にGoogle Homeの方が便利だからだ。

したがって、我が家では、スマートリモコン「sRemo-R」をリビングで使うなら、Amazon Echoから制御できてもあまり意味はなくて、本命はGoogle Homeなのだ。

そのため、Amazon Echoに加え、Google Homeからも「sRemo-R」が使えるよう、設定を始めようとしていたところ、悩ましい新しい情報を知った。

AASP_131284977814446640ie4xIhbVhA.jpg

Broadlink RM mini3 Universal WIFI / IR Remote Controller -$13.99 Online Shopping| GearBest.com

スマートリモコン「RM mini3」が到着したが:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ

以前購入し、利用を断念した激安スマートリモコン「RM mini3」は、元々Amazon Echo対応のスマートリモコンとして購入したのだが、結局、専用リモコンアプリからは使えるが、日本語版のAmazon Echoでは使えないという結論に達し、利用を断念していた。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「sRemo-R」のリモコンボタンの割り当て設定 [白物家電]

DSC_3989_LR2.jpg

スマートリモコン「sRemo-R」を発売直後に購入したが、期待が大きかっただけに、専用アプリのデキが酷く、リモコン制御の制限も多く、結局、あまり活用できていない。

特にアプリについては、不満が大きい。

・リモコン画面の設定では、初期状態で、エアコン、テレビ、照明、DVDの4つの機器と、お気に入り1/2がタブで選択でき、それぞれのタブには既にリモコンボタンが割り当てられているが、それらの機器に割あたるリモコンボタン数が固定で、足りないと思っても増やせない

・それぞれのボタンに、赤外線リモコンの信号を記憶させることができ、この際、一連の操作をウェイトを含む複数のリモコン信号を、マクロとして一つのボタンに記憶できるのは、非常に便利。ところが、このマクロの動作がやや不安定で、時々失敗する。

・クラウドからリモコンコードをダウンロードできる機能もあるのだが、現状は、メーカー側でリモコンコードを提供する意思もないみたいだし、ユーザーもまだ少ないため、ほとんど役に立たず、自分で一からリモコンコードを設定するしかない。

・専用アプリで最悪なのは、リモコンボタンに信号を覚えさせる時や、マクロを設定するとき、スマートスピーカーの連携を設定するときに、リモコンボタンの番号を覚えておく必要があること。
リモコンボタンには、せっかく名前がついているのに、その後の設定操作では、そのボタンの番号をメモしておいて、それを選ばないといけないという、時代錯誤のUIは褒められたものではない。

・リモコン画面のボタンレイアウトが、同じサイズの四角いボタンしか選べず、配列も格子に並べられるだけで、非常に見ずらいリモコンしか作れない。

実際に、テレビや照明をAmazon Echoに連携させるところまで試してみたが、アプリのメニューで「Alexa設定」を選び、次に新規作成をタップすればいい。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

スマートスピーカーによる家電制御って実用になるのか? [白物家電]

Amazon Echo(Alexa)でスマートホーム化 ~今できる家電操作とは~

Google Homeでスマートホーム化 ~対応製品や赤外線家電操作について~

これまで、スマートリモコンを介して、スマートスピーカーから家電機器を制御する話は、何度か取り上げてきており、実際に、我が家でも、リビングにあるGoogle Homeから、テレビ、エアコン、照明の電源ON/OFFなどが行える状況にはなっている。

一方で、スマートリモコンを使わず、ネイティブ対応で、スマートフォンやスマートスピーカーから、家電機器を制御する動きも、活発化しつつあり、対応製品も出てきてはいるのだが、どれも首をかしげざるを得ない。

少なくとも、日本の家庭では、どれも実用性があるとは思えないのだ。

philips-hue-431650-bulb-single-lg._v370602166_.1476192272.jpeg

フィリップスが提供するワイヤレスでスマートな照明 | Hue の紹介

最初に、スマートスピーカーで制御できることで話題になったのが、フィリップスの「Hue」というLED電球。
ただ、当たり前だが、それなりの家のリビングダイニングや個室にスマートスピーカーを置いたとして、その部屋の照明にLED電球を使うことがどれだけあるだろうか?
レビュー記事などを読んでも、誰もそこを突っ込まないのか不思議でならない。
天井から、電球1個がぶら下がり、それをスマートスピーカーで操作する部屋なんて、イメージし難いだろう。

pic1.jpg

ガラス&天然木製・北欧風天井照明(5灯)LED電球&ECO球対応が送料無料

もちろん、複数のLED電球を装着するシーリングライトも存在するよ、と突っ込む人もいるかもしれない。だが、こうした照明に「Hue」を挿したとして、スマートスピーカーから一度にすべてのLED照明を点灯したり消灯するように設定するのは、簡単ではなかったりする。

照明に続いて、出始めたのが、スマートコンセントと呼ばれる商品群だ。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の5件 | - 白物家電 ブログトップ