So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

白物家電 ブログトップ
前の5件 | -

ガス衣類乾燥機「乾太くん」の新モデル発表 [白物家電]

衣類乾燥機の修理をするか、買い替えるかを迷っているときに、衣類乾燥機の現行モデルをチェックしていて、リンナイからガス衣類乾燥機「乾太くん」の新商品が10月1日に発売になることを知った。

p01.jpg

ガス衣類乾燥機「乾太くん」新商品10月1日発売、洗練されたデザインで、親しみやすく心地よい空間を演出 | ニュースリリース | リンナイ株式会社

新製品は、乾燥容量5.0kgタイプの「RDT-54S-SV」と乾燥容量3.0kgタイプの「RDT-31S」で、希望小売価格は、それぞれ128,000円(税抜)、98,000円(税抜)とのことだで、現行の5.0kgモデル「RDT-52S」の希望小売価格は、138,000円だったので、1万円値下がり。

実売価格は、最初、新モデルの方が高いだろうが、時間が経過すれば、販売価格は現行商品とより安い値段(9万円以下?)に落ち着くと思われる。

さて、新製品で一番の変化は、デザインだろう。

現行モデルが、ソリッドでスマートな、衣類乾燥機らしくないデザインだったが、新モデルでは、本体の角が面取りされた柔らかいデザインになり、乾燥中の衣類が見える透明なフタも復活した。

このフタは、出荷時は左開きだが、左右可変ドアになっていて、右開きに変更できるそうだ(以前からそうなのかも)。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

やっぱり次はガス衣類乾燥機「乾太くん」にしたいな [白物家電]

5kg_img_01.jpg

ガス衣類乾燥機:特長 - リンナイ

電気式の衣類乾燥機が不調で、修理をするか、買い替えるかを迷っているときに、衣類乾燥機の現行モデルをチェックしていたが、やっぱりガス衣類乾燥機「乾太くん」は魅力あるな、と改めて思った。

浴室暖房:浴室暖房乾燥機(温水式) - リンナイ

ガス式というと、もう一つ浴室暖房乾燥機というのもあるのだが、これはドラム式ガス衣類乾燥機「乾太くん」とは全く別物。
こちらは、床下暖房などと同じで、ガスで加熱した温水を巡回させ、それを浴室で使うもののため、加熱温度も「乾太くん」より低くて乾燥に時間がかかるし、乾燥ムラも多いため、ガスならではのメリットは感じにくい。

一方、ドラム式ガス衣類乾燥機「乾太くん」の現行モデルの特徴は、次の通り。

・ガスの火力が強く、電気に式に比べ短時間(同容量なら半分以下)で衣類が乾燥できる
・80度以上の高温で短時間に乾かすので、生乾きの悪臭の元になる「モラクセラ菌」が繁殖しない
・大口径ドラムで強い温風で乾燥させ、ガスの燃焼で水蒸気も発生するため、毛布などもよく膨らみ、衣類もしわが付きにくい
・1枚の燃料費(ガス代+電気代)は約63円で、電気式より安くつく
・最近はプラズマクラスターイオンの発生装置が付き、消臭効果もある上に衣類の静電気を低減できる
・金属網の台をセットすると、ズックや痛みやすい衣類も回転させず乾かせる

私の両親も、昔、ずっと「乾太くん」を使っていて、その良さは知っていたので、現在、電気式の衣類乾燥機を使っていて、どうしても不満を感じてしまう。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

衣類乾燥機「DE-N55FX」の修理完了 [白物家電]

衣類乾燥機「DE-N55FX」の調子が悪い:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ

ドラム型衣類乾燥機「DE-N55FX」の電源を入れると、ドラム回転時にギュルギュルという異音が出るようになり、

衣類乾燥機「DE-N55FX」の交換部品を購入:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ

先日、交換部品である「ケーシング熱交換ファン」を入手したのだが、先週末、その交換作業を行った。

IMAG0591.dng.jpg

■日立衣類乾燥機ケーシング/ネツコウファンクミDE-N5S 076|  カデンの救急社  | 日立部品販売店

IMG_1410.JPG

交換部品「ケーシング熱交換ファン」は、開梱すると、本体とフロントパネルの開閉ハッチに通じるダクトが別々になっていて、

IMG_1412.JPG

これを、まず組み立て、付属の3本のネジで固定する。

IMG_1404.JPG

そして、衣類乾燥機「DE-N55FX」のフロントパネルの扉を開けて、

IMG_1405.JPG

フィルターを外し、次に、3本のネジを外して、保護ネットを外す。
この保護ネットが、固着していてなかなか外れないのだが、縁をマイナスドライバーでこじ開けていくと、ある瞬間簡単に外れた。

IMG_1408.JPG

保護ネットを外すと、そこには、中央に芯棒があり、それがピン(赤丸)で固定されている。

IMG_1414.JPG

このピンを外し、電気配線のコネクタ(青丸)を外し。

IMG_1416.JPG

後ろ面から、「ケーシング熱交換ファン」を取り外すことができるようになる。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

スマートリモコン「sRemo-R」の機能改善について [白物家電]

DSC_3989_LR2.jpg

スマートリモコン「sRemo-R2」が出るらしい:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ

現在我が家のリビングダイニングでは、スマートスピーカーは「Google Home」を使用しており、書斎兼寝室では「Amaon Echo」を使用している。

リビングダイニングで「Google Home」を使うのは、マルチユーザーに対応し、日本語認精度も高いこと、Google Play Musicで自分の楽曲ライブラリが再生できたり、音声命令でAndroid TV端末へYouTubeのキャストして、テレビで動画を見ることができるなど、現時点で、できることが多いことが大きい。
「Amaon Echo」は、日本語ではまだシングルユーザーだし、日本語認識精度も悪い。日本語では、まだAmazonプライムビデオやAmazonプライムミュージックのキャストもできないので、我が家では、ほとんど使い道がないため、書斎兼寝室で細々と使っている。

そして、スマートスピーカー用のスマートリモコンは、リビングダイニングでは「RM mini3」を、書斎兼寝室では「sRemo-R」を使用している。

「sRemo-R」は、以前は「Amaon Echo」でのサポートは手厚い一方で、「Google Home」に対してはIFTTT連携しかサポートされておらず、一方、「RM mini3」は最近「Google Home」のスマートホームアプリを直接サポートしたので、以上のような配置となっている。

ただし、「RM mini3」はさすが安物だけあって、動作が不安定だし、制約も多く、結局、あまり活用できているとは言えない状況があり、何とかしたいとは思っていた。

ハードウェア刷新したスマートリモコン「sRemo-R2」。音声操作や温度グラフなど - AV Watch

そこで発表されたのは、新製品「sRemo-R2」で、「Google Home」のスマートホームアプリもしっかり対応するという。

お知らせ | sRemo-Rサポート

私にとって注目なのは、「sRemo-R2」そのものではなく、既存の「sRemo-R」でも、同等のファームウェアへの更新が逐次行われつつあること。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

衣類乾燥機「DE-N55FX」の交換部品を購入 [白物家電]

衣類乾燥機「DE-N55FX」の調子が悪い:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ

ドラム型衣類乾燥機「DE-N55FX」の電源を入れると、ドラム回転時にギュルギュルという異音が出るようになり、分解して様子を見たことを、前回書いた。

似た症状をネットで探した結果、どうやら「ケーシング熱交換ファン」が劣化してヒビが入っており、交換する必要があるようだ。

そこで、この部品を自分で取り寄せて、自分で交換できないか、日立の最寄りのサービスセンターに電話で問い合わせてみた。

すると、部品の在庫はあり、翌日には倉庫から運搬し用意できるという。

■日立衣類乾燥機ケーシング/ネツコウファンクミDE-N5S 076|  カデンの救急社  | 日立部品販売店

型番は「ネツコウファンクミDE-N5S 076」だそうで、ネットの交換記事だと税別6,000円とあったが、それとはモデルが違うらしく税別7,200円(税込7,776円)と少し高くなっている。

それでも、工事を依頼するよりはずっと安くで済むから、確保をお願いした。

その際、業者の方か、一般ユーザーの方か尋ねられ、一般の人には交換が難しい部品であり、工事依頼することを推奨されたが、自分自身もエンジニアで、失敗してもクレームは言わないという約束して、売ってもらえることになった。
(後で話を聞くと、ファンベルトのように誰でも交換できる部品だと、そういった確認もなしに、部品だけ売ってくれるようだ。)

着払いで配送もしてくれるそうだが、それよりは電車に乗って取りに行く方が安い場所だったので、自分で取りに行くことにした。
ただし、そのサービスセンターの営業時間は、9:00~17:30(土日祝除く)なので、平日に行くしかない。
そこで、仕事を1時間早く切り上げて、取りに行った。

IMAG0591.dng.jpg

予め自分の名前を伝えてあったので、部品の購入はスムーズにできたが、驚いたのは、「ケーシング熱交換ファン」という部品の予想外の大きさ。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の5件 | - 白物家電 ブログトップ