So-net無料ブログ作成

パソコン ブログトップ
前の5件 | -

AMDの第3世代Ryzenが引き続きIntelに勝利! [パソコン]

small-v1562528377.png

【特集】第3世代Ryzenが驚異的性能でIntelを圧倒。Ryzen 9 3900X/Ryzen 7 3700Xレビュー - PC Watch

AMDが、7月7日に、PS5でも採用されると噂の「Zen 2」アーキテクチャを採用した7nm世代のCPUである第3世代Ryzenを発売した。

ラインナップについては、6種類が発表されたが、その中で、ハイエンドモデルの「Ryzen 9 3900X」と、Intelの現在のハイエンドモデルである「Core i9-9900K」の対抗馬とみられる「Ryzen 7 3700X」の評価キットが公開されたそうだ。

AMDの第3世代Ryzenは、第2世代同様、CPUダイとI/Oダイのシリコンチップを結線し一つのパッケージに実装する形態をとる。
CPUダイは最先端の7nmプロセスで製造し、I/Oダイは歩留りを重視し12nmプロセスで製造しており、この方式には、それを一つのLSIにまとめられるメリットがある。

CPUダイは、4つのCPUコアと16MBのL3キャッシュで構成されるCCX(Core Complex)が2個で構成されている。「Ryzen 7 3800X」は1個のCPUダイをフル活用して8コア16スレッドを実現し、「Ryzen 9 3900X」は2個のCPUダイから2コアずつ無効化し、12コア24スレッドを実現している。
当然ながら、今後、歩留まりが向上すれば、「Ryzen 9 3900X」を上回る10コア20スレッドのハイエンドモデルが出る可能性はあるのだろう。

続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 

アップルがiTunesを終了へ [パソコン]

iTunesのアップデートがうまくいかないのと3日ほど戦ってやっと解決した件 - 模索する俺たち

最近、メインで使っているWindows 10パソコンに、最近ほとんど使わなくなったiTunesのソフト更新の通知が来たため、更新したのだが、更新に途中で失敗してしまい、最新版に更新できなかった。

困ったな、と思っていた時に、こんなニュースを発見。

featured-section-sync-with-itunes_2x.png

アップルiTunes終了で鮮明になった「ダウンロード時代」の終焉 | Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン)

アップルが、20年近くの間、サポートし続けてきた「iTunes」のサービスを、間もなく終了させるという。

音楽配信が、ストリーミング型の定額サービスが中心になる一方、iTunesのようなダウンロード型のコンテンツ配信は、利用者人口は減り続けているためらしい。

もっとも、iTunesで使っていた機能が、すべて使えなくなるわけではない。

アップルはiTunesをコンテンツのジャンルごとに分割し、「ミュージック」「TV」「ポッドキャスト」3つのアプリのリリースを計画中だそうだ。

これも時代の流れなのだろう。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 

ラジオ再生録音ソフト「ネットラジオ録音 X for Windows/Mac」 [パソコン]

38fb81ee783191bdd79399a6a31713b1.jpg

ラジオ再生録音ソフト『ネットラジオ録音 X for Windows』発売のお知らせ | 無料プレスリリース配信ならプレスリリース ゼロ

今年に入って、LODESTAR COMMUNICATIONS LTD.という会社より、ラジオ再生録音ソフト「ネットラジオ録音 X for Windows/Mac」が発売されたようだ。

パソコンで簡単 ラジオ録音・再生 | ネットラジオ録音 X 公式サイト

公式サイトはこちら。

ネットラジオ録音 Xは、インターネットラジオ(radiko.jp/NHKラジオ らじる★らじる)を再生・予約録音するためのソフトだそうおです。

これまでも、こうしたネットラジオを予約録音するソフトは、いくつも発売されてきたが、「ネットラジオ録音 X」は、それらと何が違うだろうか?

・アートワーク/番組情報を自動設定
録音したラジオ番組にアートワーク/番組情報(メタタグ)を自動取得し設定できる。
これにより、音楽プレーヤーに読み込むだけで自動でアートワーク/番組情報が表示される。
メタタグを設定してくれる録音ソフトは他にもあるが、アートワークまで自動取得して設定してくれるのは、あまりないかもしれないな。

・スマートスピーカーで楽しむ
Google Homeに完全動作対応し、「OK Google」の呼びかけて、録音したラジオ番組を再生することができる。
これは凄い!と思いきや、よく読むと、Google Play Musicの無料アカウントで利用できるGoogle Cloud Storageへの音声ファイルのアップロード機能を利用しているだけみたいだ。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 

富士通の世界最軽量モバイルノート「LIFEBOOK UH-X/C3」 [パソコン]

最近、最新のパソコンに興味が湧かず、パソコン関係のニュースに疎くなっていて、久々のパソコン関係の書き込みになる。

富士通クライアントコンピューティング - Wikipedia

昨日ご紹介した電子ペーパー端末を発売している富士通クライアントコンピューティングって、何の会社だと思って調べたら、富士通はパソコン&スマートフォン、タブレット事業を分社化したときにできた会社で、そののち、会社ごとレノボに売却しているんだな。

UH-X-C3_l.jpg

ついに約698gまで軽量化。強度も増した富士通13.3型モバイルノート - PC Watch

その富士通クライアントコンピューティングが、昨年11月に、こんなノートパソコンを発売していることを知り、ちょっと驚いた。

富士通やNECのパソコン部門が海外に売却され、もはや日本メーカーから最先端のパソコンは出ることはないだろうと諦めていたからだ。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 

NVIDIAの新グラボはレイトレーシング対応 [パソコン]

002.jpg

NVIDIA,「GeForce RTX 2080 Ti」「GeForce RTX 2080」「GeForce RTX 2070」を発表。Turingコアがゲームにもレイトレーシングをもたらす - 4Gamer.net

NVIDIAが、グラフィックスボードの新製品「GeForce RTX 2080 Ti」「GeForce RTX 2080」「GeForce RTX 2070」を発表したが、今年の目玉は、新たな「RTX」と呼ばれる技術を搭載し、リアルタイムでレイトレーシング映像をレンダリングできることにあるそうだ。

レイトレーシング - Wikipedia

レイトレーシングという技術は、視点からの視線方向の光線(レイ)がが対象物に衝突した場合、その屈折光と反射光がどのような割合でどの方向に向かうかを、綿密に計算することで、対象物の陰影や、反射物、影などをリアルに表現できるレンダリング手法だが、あまりに計算量が大きくなるため、リアルタイム3D表現には不適と言われていた。

NVIDIAは、今回、レイが3D空間で向かうベクトルの計算や、レイとポリゴンとの衝突判定処理を専用ハードウェア「RT Core」を行うことで、毎秒60コマ(60fps)で動く映像に対し、従来の10倍、1フレームあたりに1ピクセルが80本のレイを投射できる性能を確保したという。

ライティング計算とか,材質ごとの陰影の計算とか,テクスチャを用いた多様な処理は、これまでのGPUコアが担当するそうで、レイトレーシング処理を行うことで、GPUコアが行う3Dレンダリング処理の性能が落ちることはない模様。

ただ、今回の製品のリアルタイムレートレーシング性能は、グラフィックスボードの3D性能をフルに使った場合に見合うものかというと、そこまでには達していないようで、フルHDで60fps程度であれば、レンダリング可能な性能となっているようだ。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
前の5件 | - パソコン ブログトップ