So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ブラザーから家庭用カッティングマシン発売 [工具]

snc1a_o.jpg

家庭用カッティングマシンで業界初、紙・布の厚みを検知して刃の出量・圧を自動調整、ブラザーが新機種「ScanNCut DX」発売 - INTERNET Watch

ブラザーが、紙や布などを切り抜きたい形に自動的に切り抜いてくれる家庭向けのカッティングマシン「ScanNCut(スキャンカット)」シリーズの新製品として、「ScanNCut DX」2機種を10月中旬に発売するそうだ。

低価格ながら、カットする素材の厚みを検知し、刃の出量とカット圧を自動で調整する「自動ブレード調整機能」を搭載し、家庭でも手軽に失敗なくカット作業ができるのが、業界初の特徴だそうだ。

カットできる素材は、紙、薄い布、フェルト、PPシート、ウレタンフォームで、厚さは最大3mmまで。

切り抜く形は、次の方法が選べる。

・ScanNCut DX本体に内蔵している模様データ
・ScanNCut DXでスキャンしたイラストなどの図柄
・専用ウェブサービス/Windowsソフト「キャンバスワークスペース」で編集したデータ
・Illustratorなどで作成したSVGデータなどを、USBメモリやUSBケーブル、無線LAN経由で読み込んで使用

続きを読む


nice!(0)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

熱溶融積層式小型3Dプリンター「Cubibot」 [工具]

dmln53000004zyih.jpg

クラウドベースで簡単3Dプリント??デスクトップにおける小型FFF方式3Dプリンター「Cubibot」 | fabcross

コンパクトサイズで家庭にも置ける熱溶融積層式3Dプリンター「Cubibot」が、クラウドファンディングKickstarterで、注目を集めているそうだ。

Cubibotは、本体サイズ254×254×254mmとコンパクトな正方形をしていて、これまで発売された3Dプリンタの中で最小サイズ。
それでありながら、造形サイズは127×127×127mmを実現しており、見た目よりはるかに大きいサイズを造形できる。

275度対応のノズルと、100度まで加熱できるヒーテッドベッドを採用することで、PLAからABS、ウッド/ナイロン、PETGなど様々なのフィラメントに対応するという。
家庭向けの低価格な3Dプリンタとしては、これだけ様々な素材のフィラメントに対応する商品は他にないと思う。

プリント速度は最大80mm/秒、積層ピッチも50~300μmとなっており、スペック通りなら、速度も精度も悪くない。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

フルカラーの家庭用3DプリンタをXYZPrintingが発表 [工具]

フルカラー3Dプリンタ「RoVa4D」:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ

以前、フルカラー3Dプリンタ「RoVa4D」について取り上げたことがある。
これは複数の色のフィラメントを混ぜ合わせることで様々な色を出す方式だったと思うが、そのせいでプリント速度が遅くなるし、価格も高くなる難点があった。
Kickstarterの出資では、約20万円で入手できたが、現在普通の買うと、55万円ぐらいするから、ちょっと手が出ずらい。
色が自由に付けられれば、家庭での使い道も広がると思うのに、とは思っていたが、なかなか家庭で手軽に買える価格とはならなかった。

xyzprinting-color.jpg

3000ドルで売れるフルカラーの3DプリンターをXYZPrintingが発表、コロンブスの卵のようなアイデア | TechCrunch Japan

さて、このたび、家庭向け3Dプリンタで一番人気の「Da Vinci」シリーズを作っているXYZprintingが、定価3,000ドルの「Da Vinci Color」を発表した。
これでも決して安くはないが、「RoVa4D」よりは安い。
色の自由度も上がったが、その理由としては、フィラメント自体は普通のPLAに、インクジェット方式で、CMYKの色のスプレーで着色させる方式を取ったことによる。
この方式自体は、世界初ということではないらしいが、家庭向けに、この価格で実現したことは画期的なことらしい。
着色できる色も、1,600万色というから、本当なら写真でもリアルにプリントできるだろう。
ただ、吹き付けるインクは、PLAに強固に付着する特殊な材質となるようで、インクは65ドルするというから、ランニングコストは、それなりに掛かるようだ。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

家庭用レーザー加工機「Cubiio」 [工具]

57fed998eec90a4cbee644a42c27af3f_original.png

家庭用レーザー加工機「Cubiio」が登場 デザインデータをもとに精密なカットや刻印が可能 - ねとらぼ

クラウドファンディングサイト「kickstarter」で、家庭用レーザー加工機「Cubiio」が人気を集め、あっという間に製品化が決定したそうだ。

レーザー加工機というと、デカい筐体の箱の中でモーションアームがレーザー光源を動かして加工を行うような業務用装置しか思い浮かばなかったのだが、今回発表された「Cubiio」は、驚きの一辺50mmの小さな立方体だ。

加工する形状は、パソコンやスマホアプリで作成し、microSDカードに書き込んで「Cubiio」に挿すと、それを読み込んでレーザーを照射するという。

紙や板を切り抜いたり、木工品に名前を刻んだりとさまざまな使い方ができ、海苔に穴を開けて模様を刻んだり、パンケーキに焼き印を入れたりと、料理への応用も可能とのこと。

Cubiio: The Most Compact Laser Engraver by Muherz ? Kickstarter

「kickstarter」での説明によれば、木材なら1.5mm以下、紙は0.9mm以下、ダンボール1.8mm以下、フェルト2.0mm以下、皮革0.7mm以下なら切断可能とのことで、結構使い道がありそう。
残念ながら、金属にはつかえないが、レーザーだからな。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

3Dプリンタは個人に普及するか? [工具]

IDC Japan 国内3Dプリンティング市場予測:3Dプリンタ市場は「終わった」のか? (1/2) - TechFactory

順調に伸びてきた3Dプリンタ市場が、ここ3年、出荷台数では減少傾向に転じているという。

特に、個人向けも含むデスクトップ3Dプリンタの市場の減少が激しいようで、現状の3Dプリンタが、パーソナル市場で簡単に受け入れられるほど成熟した製品になっていないことが明らかになりつつある。

一時のブームみたいなものが過ぎ去り、アーリアダプタ層が購入してしまったら、なかなかそこから市場は広がらないのは、仕方ないところだろう。

プロフェッショナル3Dプリンタの市場については少々事情が異なり、それまで順調に伸びていた市場だけに、ここ3年売れていないのは、それ以前のブームで企業の導入が急増した反動だろう。
そもそも、3Dプリンタは量産に向いていないから、企業でのニーズはほとんどプロトタイピング。なので、そもそもそんなに大量に売れる訳がないのだが、それを上回る売れ方をしたのが異常だったのだ。

2016年国内の3Dプリンタ出荷台数は減少、造形受託や造形材料の市場は成長傾向 (1/2) - MONOist(モノイスト)

一方で、面白いのは、3Dプリンタの出荷が伸び悩む一方で、3Dプリンタを利用したサービスの市場は順調に拡大していること。
プロフェッショナルなニーズだけでなく、個人向けにアクセサリや、フィギアを制作したりという個人向けのサービスも広がっている。
3Dプリンタの出荷台数は減っているのに、それを利用したサービスは順調ということは、ある意味、3Dプリンタの投資効率の良さを表しているとも言える。
何に使うかよく分からず騒いでいた3Dプリンタブームは去ったかもしれないが、3Dプリンタ自体は、地道にこれからも利用が広がるのは間違いなさそうだ。

一方で、個人向けの3Dに挑戦し続けるメーカーもまだあるようだ。

3dp.png

税別約3万円の低価格3Dプリンタ「BS CUBE」 - PC Watch

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感