So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

モバイル ブログトップ
前の5件 | -

ソフトバンクモバイルの通信障害 [モバイル]

softbank-ymobile-merge.jpg

ソフトバンクで大規模な通信障害発生か? 「繋がらない」の声相次ぐ|Real Sound|リアルサウンド テック

2018年12月6日の午後1時ごろから、午後6時過ぎまで、ソフトモバイルモバイルおよびY!モバイル(およびソフトバンクのMVNO事業者)の携帯電話が、東京や大阪を中心に繋がらない障害が発生した。

繋がらなくなった時間も5時間と長い上に、携帯電話のアンテナピクトが立たなくなるというかなり致命的で深刻な障害で、症状からスマートフォンの故障だと勘違いし、ソフトバンクショップに駆け込んだ人も多かったらしい。

ソフトバンク通信障害、過去最大級3060万件 : 経済 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

影響回線数は約3060万件に及び、総務省が「重大な事故」と位置づける携帯電話の通信障害では、過去最大級だったらしい。

通信障害に便乗 ソフトバンクをかたった迷惑メールが相次ぐ - ライブドアニュース

さらには、回線が復旧した直後から、ソフトバンクを名乗り、通信障害への補償手続きを伺わせる迷惑メールが流れているそうで、世の中、悪知恵が働く人間が多いものだ。

ソフトバンクと同じく通信障害を起こした英O2は数億円をエリクソンに賠償請求する見込み - GIGAZINE

ちなみに、ソフトバンクモバイルの約款では、データ通信サービスがまったく利用できない状態が24時間以上連続する場合に限り、ユーザーの損害が賠償されるらしいので、5時間程度の今回の大規模通信障害では、補償はされないらしい。

私自身、2018年5月からソフトバンクモバイルに乗り換えたため、この障害の影響を受けるはずが、午後5時ぐらいにネットニュースで知るまで、全く知らなかったし、運よく何も影響を受けなかった。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 

モバイルWi-Fiルータ「NAD11」を一時的に復活! [モバイル]

モバイルWi-Fiルータ「Speed Wi-Fi NEXT W05」を、うっかりハイスピードプラスエリアモードで使い続け、7GBを使い果たして、今月末まで128kbpsの速度制限が掛かってしまった。

この状況を少しでも改善しようと、以前使っていたWiMAX/WiMAX2+に対応したモバイルWi-Fiルータ「NAD11」を、再度使ってみようということで、家のジャンク箱で探したら、無事見つかった!

nad11-sv-4.png

NAD11 | トップページ

SIMカードスロットを確認すると、microSIMサイズだ。「Speed Wi-Fi NEXT W05」はnanoSIMサイズなので、サイズが違う。
そこで、「Speed Wi-Fi NEXT W05」にささっている契約中のnanoSIMカードを、microSIMカードへの変換アダプタにセットし、「NAD11」のmicroSIMカードスロットに挿してみた。

「NAD11」を充電後、電源を入れると、起動は遅いがしばらくすると、アンテナピクトが立った。
どうやら、「Speed Wi-Fi NEXT W05」のSIMカードは、何の設定変更もせず、認識してくれるようだ。

さらに、WiMAX2+で通信するハイスピードモードを、WiMAXのみで通信するノーリミットモードに変更してみたが、こちらもアンテナピクトが1本立ち、WiMAXの電波が、今でも自宅で電波が届いて使えそうであることが分かった。

続きを読む


nice!(1)  コメント(2) 

「Speed Wi-Fi NEXT W05」でうっかりミス [モバイル]

w05shasian.jpg

Speed Wi-Fi NEXT W05│超速モバイルネット WifiサービスはUQ WiMAX

スマホ、パソコン、タブレット、ゲーム機などの通信手段として、モバイルWi-Fiルータ「Speed Wi-Fi NEXT W05」を使っているが、先日、初めての大チョンボをやらかしてしまった。

「Speed Wi-Fi NEXT W05」には、WiMAX2+のみで通信を行なうハイスピードモードと、WiMAX2+に加えてau LTEを使用するハイスピードプラスエリアモードがあるのだが、ハイスピードプラスエリアモードの罠に初めて嵌ってしまったのだ。

ハイスピードモードで、WiMAX2+のみで通信を行っている間、速度制限というと、3日で10GB以上使うと、翌日の18時から翌々日2時までのみ、1Mbpsに速度制限されるだけだ。これについては、これまでも何度か引っかかったことはあるが、ほとんど困ったことはない。
1Mbps出れば、大抵のことは可能だし、帰宅すれば家の光回線を使うからだ。

ところが、ハイスピードプラスエリアモードにして、WiMAX2+とau LTEの両方の合計で7GB以上使ってしまうと、その月末まで128kbpsに速度制限されてしまうという強烈なペナルティが存在する。しかも、この速度制限、お金を払ってでも解除する方法がなく、翌月になるまで待つしかないという厳し過ぎるものだ。

なので、私は普段、ハイスピードモードでしか使っていないのだが、先月末ごろ、新幹線で出張した時に、WiMAX2+では電波が弱いエリアがあり、仕方なくハイスピードプラスエリアモードに変更して、通信を行なった。
その際、出張が終わった時に、ハイスピードモードに戻すのを忘れ、その後も、ずっとハイスピードプラスエリアモードで使い続けてしまったのだ。

11月10日に、突然、速度が出なくなり、どうしたのかと思い、「Speed Wi-Fi NEXT W05」の画面を確認したところ、ハイスピードプラスエリアモードのまま月初めからの通信量が7GBを超えてしまったことが原因だった。

今月はまだ20日もあるのに、モバイルWi-Fiルータが使えないのは非常に困る。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 

WiMAXサービスは2020年3月末で停波 [モバイル]

logo_wimax.jpg

UQ、WiMAXサービスを2020年3月末で停波 - ケータイ Watch

UQコミュニケーションズが、WiMAXサービスを2020年3月31日をもって終了することを発表した。

2009年2月に開始したWiMAXサービスは、その後、「WiMAX2+」への移行が進められ、現時点では、
モバイルルーターやデータカード、WiMAX搭載パソコン、組込機器用モジュールなどが対象となる。WiMAXで使用していた帯域の2/3を、「WiMAX 2+」に移行し、WiMAXは10MHz幅で細々と運用が続いていた。

モバイルWi-Fiルータ「Mobile Slim」が届いた:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ

ただ、WiMAX 2+サービスには、通常プランだと月に7GBの制限があったり、短期間で大量にパケットを使うと速度制限があるのに対し、WiMAXサービスは完全に無制限に使い放題というメリットがあり、私は、できるだけWiMAXサービスを利用して、月額料金を節約できたので、助かっていた。

「FUJI Wifi」を契約:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ

ただし、そんな私も、「Fuji Wifi」を契約し、届いたモバイルWi-Fiルータ「Speed Wi-Fi NEXT W05」ではWiMAXが使えず、実際にWiMAX2+ with au4G/LTEプラン(3,218円)を使い始めたら、とても快適。

なにせ、au LTEには月に7GBの制限はあるものの、WiMAX2+の速度制限は3日連続で10GB以上使った翌日の18時頃~翌2時頃に、1Mbpsに落ちるだけ。
家には光回線がある我が家では、これはほぼ制限がないに等しいので、もはやWiMAXは不要と判断せざるを得なくなった。

続きを読む


nice!(2)  コメント(2) 

「Fuji WiFi」を使い始めて1か月 [モバイル]

w05shasian.jpg

「Speed Wi-Fi NEXT W05」を使い始めて:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ

「Fuji WiFi」のWiMAXモバイルルータ「Speed Wi-Fi NEXT W05」を使い始めて1か月が経つ。

「Speed Wi-Fi NEXT W05」で、WiMAXのノーリミットモードが使えない点が気になっていたが、実際使っていると、WiMAX2+のギガ放題プランを契約しているなら、ノーリミットモードは不要であることが分かった。

この1か月の間、『直近3日間で「WiMAX 2+」「au 4G LTE」の通信量の合計が10GB以上』という条件に引っかかり、速度制限が掛かったのは1回だけだ。

それも翌日、18時頃~翌々日2時頃にかけて、速度が1Gbpsに制限されるだけなので、制限されても実用範囲だし、帰宅すれば光回線が使えるので、全く問題なし。

ただ、一つだけ失敗したのが、5月29日になって、急に速度が低下し、あれ?と思って確認すると、うっかり、通信モードが「ハイスピードプラスエリア」モードになっていて、「ハイスピード」モードに戻すのを忘れていたことが分かったこと。

「UQ Flatツープラス ギガ放題」の速度制限について|【公式】UQ WiMAX|UQコミュニケーションズ

UQ WiMAXの速度制限は、直近3日間で「WiMAX 2+」「au 4G LTE」の通信量の合計が10GB以上使用すると、翌日18時頃~翌々日2時頃にかけて下り速度1Gbpsに制限する、というルールになっている。

ところが、忘れがちなのだが、au 4G LTE網が使えるLTEオプションを利用した場合、「ハイスピードプラスエリアモード」で月間7GB以上を利用してしまうと、「WiMAX 2+」通信も含めて128kbpsという厳しい速度制限が掛かってしまうのだ。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
前の5件 | - モバイル ブログトップ