So-net無料ブログ作成

住宅用火災警報器の電池を交換しようとしたが [住宅]

IMAG0627.jpg

住宅用火災警報器交換のすすめ | 一般社団法人 日本火災報知機工業会

一般家庭に住宅用火災警報器を取り付けることが、条例で義務付けたので、我が家では、2008年年6月1日に取り付けたのだが、既に設置から10年が経過していることに気付いた。

住宅用火災警報器の電池の寿命は10年程度と書かれており、そろそろ電池が切れる頃だ。
一応、動作テストをしてみたところ、アラームが鳴り、正常に動作しているようだ。

なお、マニュアルによれば、この動作テスト、煙、または、熱のセンサーの動作チェックも行うらしい。
どの程度、実環境に近いテストなのかは、詳しい説明がないのでわからないが、単なる電池切れしていないかだけをチェックするだけではいようで、一応、動作テストでOKであれば、センサーも正常動作しているとみていいらしい。

ただ、このまま放置しておいて、肝心の時に電池切れで動作しなかったら最悪なので、まとめて電池交換することにしよう。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

住宅用火災警報器は交換する必要があるのか? [住宅]

最近、ラジオを聴いていて、ラジオショッピングのコーナーで、住宅用火災警報器を販売していたのだが、そのセールストークが気になった。

それによれば、条例で住宅用火災警報器取り付けが義務化され、取り付けた住宅用火災警報器の電池の寿命は約10年なので、そろそろ寿命が来ている家庭も多いため、「住宅用火災警報器を交換しましょう!」ということらしい。

IMAG0569.jpg

住宅用火災警報器交換のすすめ | 一般社団法人 日本火災報知機工業会

一般家庭に住宅用火災警報器を取り付けることが、条例で義務付けらるようになったのは、新築住宅が2006年6月1日以降のことで、既存住宅については、地域によって違うが、2008年年6月1日から2011年6月1日以降だったそうだ。

2008年年6月1日に取り付けられたとしたら、既に設置から10年を過ぎており、一度も動作していなくても、そろそろ電池が切れる頃ではある。
我が家も、チェックしてみたら、2008年4月ごろ取り付けたようなので、そろそろ電池が切れる頃だ。

それは分かるのだが、電池が切れたからと言って、火災警報器本体を交換する必要なんて、どこにもないのではないかと思ったのだ。

我が家の住宅用火災警報器も、自分で取り付けたから分かっているが、使っている電池は006Pの角型アルカリ乾電池である。

続きを読む


nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

ガス給湯器交換とお風呂リフォームの見積もり結果 [住宅]

ガス給湯器交換とお風呂リフォームの見積もりを、広告チラシやWeb検索で値段が安そうな店で、自宅が営業範囲のお店を見つけて、いくつかお願いしてみた。

広告などを見ていて、見積もりに関して注意すべき点は、次の通り。

・価格表記は税別か税込みかをよく確認すること
・本体価格のみか、工賃や廃材処分費込みか、別ならいくらかかるのか要確認
・お店によっては見積もりに、一律5~10%の管理費などの名目の費用を上乗せされる業者もある
・工賃などについても、ガス給湯器で一律料金に決めている業者もあれば、普通の給湯器とエコジョーズで値段が変わる業者もいる
・数量限りとか、現品処分という広告は、まず買えることはない

管理費を取る業者は、おそらく工事を下請け業者に依頼する際、親会社としての取り分が必要なのだろう。綺麗なショールームを運営している業者に多いようだ。
工賃については、ガス給湯器なら、給湯器で廃材処分費なども含むセット料金を設定している業者が多いが、例えば、エコジョーズ給湯器は通常のガス給湯器にはないドレーン排水があり、その排水の配管工事を別に設定している業者もあった(だから、エコジョーズからエコジョーズへの交換はこの費用は掛からない)。

あと、感じたのは、広告チラシの数量限定の商品は買えると思わない方がいい。
チラシを見てきたというと、在庫を確認することもなく、それはこの店にはありませんと、他の製品を勧められる経験が一度ではなかった。
多分、不動産屋さん店頭の、見せるためだけの「客引き物件」みたいなものなのかもしれない。

続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

お風呂給湯器の調子が再び悪化 [住宅]

我が家の給湯器は、家を買った時に最初から付いていたパロマ製の自動給湯タイプで、使い始めてから既に10年以上経過している。

お風呂の給湯の調子が悪い:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ

その給湯器の調子がおかしくなったことを、以前、このブログに書いたことがある。
お湯自体は設定温度通りの熱さで出てくるのだが、すぐに止まってしまい、設定した水位までたまらなくなったのだが、その時は、電源を入れ直したりしているうちに、正常に動作するようになってしまったので、何も対策せず放置していた。

それが、最近、再び同じ症状が現れ出した。
発端は、給湯器が、自動給湯が完了するときに音声メッセージを流すのだが、「最近、それが流れない気がするなぁ、気のせいかなぁ?」と感じていたところで、ある日、私が一番にお風呂に入ったら、浴槽に半分ぐらいしかお湯が貯まっていない。

お湯自体は温かく問題ないので、リモコンで手動で足し湯をして、そのままお風呂に入ったのだが、その後も観察していると、給湯完了の音声メッセージが流れていないが、お風呂を見に行くと、給湯は止まっている。
しかし、貯まるお湯の量が、日によって不安定であることが分かってきた。

何か水位センサーみたいなものの調子が悪いのだろうか。
といっても、浴槽に水位を監視するようなセンサーはついていないので、どういうセンサーが付いているのかと思って調べたら、

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「感震ブレーカー」普及のむずかしさ [住宅]

地震火災防ぐ「感震ブレーカー」の普及率はわずか1%!? - 日経トレンディネット

地震災害の多い日本において、震災で発生する火災の原因として、ガス漏れや漏電があり、ガス漏れに関しては、新しいガス器具へのガス漏れ防止機能の搭載が必須となり、今後は災害が減る方向になる。

一方、漏電に関しては、「通電火災」と呼ばれる、地震による停電が復旧したときに、破損した家電がショートしたり、点火した電気ストーブにまとわりついた衣類に火が付いたりして、発火するケースが多く、東日本大震災でも、発生した火災のうち、約半数は電気による火災だったそうだ。

このような「通電火災」を防ぐ装置が、一定以上の揺れを感知すると家庭にあるブレーカーを自動的に切る「感震ブレーカー」だ。
電源の根元のブレーカーを自動的に切断すれば、停電から普及したときに、火災が発生する危険性を減らせるのだ。

政府は、木造住宅密集地における感震ブレーカーの設置率を、2024年度までに25%に引き上げる計画を発表したが、現在の普及率はなんと1%以下で、全く進んでいないという。

現在、発売されている「感震ブレーカー」には次の3種類がある。

・簡易タイプ:そして地震の揺れを感知すると重りやバネなどの力でブレーカーを遮断する。
コストが安く、取り付けも簡単。ただ、揺れると即ブレーカーが落ちるため、夜間の地震では照明がつかず避難が危険になる可能性がある。

・コンセントタイプ:コンセントに内蔵し、該当するコンセントの電力のみをカットできる。
取り付けは容易だが、コンセントに接続された機器のみ遮断するため、各コンセントにセットすると、コストはかえって掛かる。

・分電盤タイプ:分電盤に組み込まれてブレーカーを落とすタイミングを操作できる
地震発生が一定時間後に遮断するため、最も使い勝手はよいが、コストが高く、取り付け工事も面倒。場合によっては、ブレーカーボックス自体の交換まで必要になることがある。

政府的には、分電盤タイプの普及を進めたいところだが、実際にはなかなか進んでいないようだ。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感