So-net無料ブログ作成

ゲーム機 ブログトップ
前の5件 | -

任天堂が「Nintendo Switch Lite」を発表 [ゲーム機]

190710nink00-w1280.jpg

【速報】携帯専用「Nintendo Switch Lite」、1万9980円で9月20日発売! | ギズモード・ジャパン

任天堂が、ニンテンドースイッチのニューモデル「Nintendo Switch Lite」を発表した。
カラーはイエロー、グレー、ターコイズの3色で、発売日は9月20日(金)から。8月30日(金)から予約できるようになるそうです。

価格は19,980円(税別)。

ニンテンドースイッチは、専用ドックに置くと、テレビに接続して遊べる一方、バッテリーと液晶画面を内蔵し、それ単体でもモバイルゲーム機として遊べるのが最大の特徴だ。

ただ、私の子供も、ニンテンドースイッチを持っているが、ほぼ100%モバイルゲーム機としてしか使っていない。
それまで、「Nintendo 3DS」を持ち歩いていたのが、最近は、もっぱらニンテンドースイッチを持ち歩いている感じなのだ。

その様子を見ていると、モバイル専用の「Nintendo Switch Lite」が発売されたのには、頷けるものがあった。

ニンテンドースイッチの本体にJoy-Conを取り付けた状態で、縦102mm×横239mm×厚さ13.9mmで398gなのに対し、「Nintendo Switch Lite」は、縦91.1mm×横208mm×厚さ13.9mmで約275g。
サイズは一回り小さくなり、重さは、10インチタブレットから8インチタブレット並みに軽くなった。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「PCエンジン mini」も発表に [ゲーム機]

yx_pc_01.jpg

「PCエンジン mini」発表 往年の名機、手のひらサイズに - ITmedia NEWS

「メガドライブミニ」に続いて、今度は、1987年発売の家庭用ゲーム機「PCエンジン」を手のひらサイズに縮小した、「PCエンジン mini」が発表になった。

発売日や価格は「未定」とのことだが、ちょっとびっくりしたのは、発売元が、コナミデジタルエンターテインメントとなっていたこと。だが、詳しく調べると、そういうことかと納得。

オリジナルの「PCエンジン」は、NECホームエレクトロニクスが、ハドソン(当時)との共同開発し、発売したゲーム機だったのだが、NECホームエレクトロニクスは2001年に解散し、ライセンスを受け継いだハドソンは2012年、コナミデジタルエンタテインメントに吸収合併されたため、現在ライセンスを持っている会社はコナミデジタルエンターテインメントなのだそうだ。

「ゲームに夢中だった大人たちへ」がキャッチフレーズになっており、収録されるゲームタイトルについては、現時点では、

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「メガドライブミニ」のゲームラインナップが確定 [ゲーム機]

6064de55.jpg

予想以上なこだわりの数々が嬉しかった「メガドライブ ミニ」の情報をまとめていく話 【山村智美の「ぼくらとゲームの」】 - GAME Watch

セガのゲームコンソール「メガドライブ」を小型化し、人気ゲームを内蔵した「メガドライブ ミニ」の発売が予告されていたが、最初の発表では、

・本体のパワースイッチやパワーランプ、リセットボタンがあり、本体操作に使用
・カートリッジスロットのフタの開閉を再現
・ヘッドフォンボリュームのスライダーも可動
・右側面の拡張用スロットのフタまで、オリジナル同様に外せる
・コントローラーはUSB接続になった「ファイティング6B」を同梱
・メニュー画面のBGMは古代祐三氏が作曲
・パッケージデザインは、コントローラ1個入りは1988年に登場した初代発売のデザイン、2個入りは1990年以降の後期版のデザインがモチーフ
・収録タイトルは40タイトル、開発はエムツーが担当

といった内容が公開されたが、収録タイトルについては、まずは、

・スペースハリアーII
・レッスルボール
・レンタヒーロー
・シャイニング・フォース ~神々の遺産~
・ソニック・ザ・ヘッジホッグ2
・ガンスターヒーローズ
・VAMPIRE KILLER
・ぷよぷよ通
・コミックスゾーン
・魔導物語 I

これらの10タイトルだけが公開されていた。
この段階でも、スペースハリアーII、レンタヒーロー、シャイニング・フォースといった懐かしいタイトルが並んでいたが、その後、順次タイトルが公開され、先日、ようやくすべてのタイトルが公開された。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「PS5」はどんなスペックでいつ発売されるのか? [ゲーム機]

61pUPTtSQ8L._SX342_.jpg

2013年に発売された「PS4」から、早くも5年以上が経過し、そろそろ次世代の「PS5」の噂が漏れ聞こえてくるようになった。
すでにゲームベンダーには開発キットが配布されているというのが本当なら、もはや噂というよりは、リーク情報なのかもしれないが。

「PS4」次世代機の発売、ソニーが初めて発表 : 経済 : 読売新聞オンライン

プレステ次世代機に現行PSVR対応 発売は2020年以降 | Mogura VR - 国内外のVR/AR/MR最新情報

20年発売?PlayStation 5の噂6つ。「すでにPS5の開発機が配布中」など

西川善司の3DGE:無茶を承知で「PS5」の姿を予想してみる。CPUは大幅に性能向上するがレイトレ対応GPUはダイサイズが問題に - 4Gamer.net

いくつかの報道内容を整理すると、「PS5」に関して、次のようなことが書かれている。
特に、西川善司氏の推測が、相変わらず的確で、とてもためになった。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

Googleの「Stadia」はビジネスとして成立するのか?(2) [ゲーム機]

02655433.jpg

Googleの新ゲームサービス「Stadia」まとめ:これは歴史に残るぞ | ギズモード・ジャパン

Googleが新ゲームプラットフォーム「Stadia」は、ビジネスとして成り立つなら、任天堂やソニーに大打撃を与える存在になるだろう。

Google「STADIA」の可能性を検証してみる「遅延は大丈夫?」「ゲーム機は駆逐される?」(西田宗千佳) - Engadget 日本版

ただ、詳しい情報が明かされてないので、いくつか疑問が湧いている。

1.オンラインゲームの遅延の管理

ストリーミング型のオンラインゲームに遅延はつきもので、大きく分けて次の2つがある。

(1)エンコード/デコード遅延

ゲームサーバからゲーム画面をユーザーに配信するためには、ゲームサーバ側で映像を圧縮エンコードし、ユーザーのクライアント端末でデコードする必要がある。
4K/HDRにも対応するというから、おそらく最新のH.265コーデックを使用すると思われるが、こうしたコーデックは圧縮のために前後のフレームを参照するため、最低限1~2フレームの遅延を生じる。
デコードの遅延はエンコードほどは大きくないが、こちらも1フレーム程度の遅延は発生することを考えれば、数十msの遅延は必然的に発生してします。

(2)ネットワーク遅延

エンコード/デコード遅延量は、実は、一般的にはネットワーク遅延に比べれば大したことではない。
そもそも、回線が光なのかADSLなのかCATVなのかモバイルなのかによっても遅延量は全く違う。
また、ラストワンマイルと呼ばれるユーザーに直結する回線からどれぐらいトポロジ的に近い場所に、ゲームサーバを置けるかで、ネットワーク遅延量も全く違ってくる。

もちろん、現在、ネットワークゲームはたくさん運用されており、その世界でも遅延はすでに問題になっており、たとえば、ユーザの操作に対して、先のフレームの動きを予測して映像をレンダリングし、遅延を感じさせないようなゲーム側の工夫も行われているらしい。

だとしたら、遅延の問題は「Stadia」でも何とかなる、という結論になるのかもしれない。

とはいえ、4K HDRで60fpsのリアルタイムの3Dゲームを快適に実現したいなら、ネットワークの必要要件はかなり厳しくなるはず。
具体的には、光回線が必須になりそう。もしかしたら、Googleと提携してゲームサーバの接続に工夫を加えたプロバイダのみを、推奨環境としてて供することになるのかもしれない。

続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の5件 | - ゲーム機 ブログトップ