So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ゲーム機 ブログトップ
前の5件 | -

「ミニファミコン」販売再開で、遅ればせながら入手 [ゲーム機]

中古の「スーファミ・ミニ」を購入:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ

少し前に、「スーファミ・ミニ」を入手したことは、このブログでも書いたが、

『ミニファミコン』の店頭販売が6月28日より再開! | GameBusiness.jp

160930_fami_01.jpg

ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ|任天堂

販売休止していた「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」通称「ミニファミコン」も、6月28日から販売再開してたことを知った。

7月上旬に値段を調べると、一部でプレミア価格を付けているお店もあるが、おおむね定価販売となっており、以前のような買占めは発生していない模様。

IMG_1374.JPG

そんな中で、新品が、送料無料で6,150円で売られている店があったので、そこに注文して、すぐに届いたのだが、なかなか遊ぶ機会がなく、そのまま放置していた。
それをようやく、お盆休みに初めて取り出してみたところだ。

開梱して本体を見ると、「スーファミ・ミニ」との大きな違いは、「スーファミ・ミニ」はコントローラーがオリジナルと同じサイズであるのに対し、「ミニファミコン」は、ゲームパッドを縮小された本体に装着することを優先したために、オリジナルより小さくなっていること。

大きな手の男には、ちょっと操作しづらいかも。特に、連打が必要だったり、斜め入力が頻繁に必要なゲームは、きつそうだ。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「スーファミ・ミニ」で遊んでみて [ゲーム機]

IMAG0448.jpg

ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン | 任天堂

随分前に購入した「スーファミ・ミニ」を開梱して、プレイしたのだが、レポートし忘れていた。

IMAG0449.jpg

本体も付属品もパッケージから取り出された形跡がなく、ほとんど新品と言っていい状態。

「スーファミ・ミニ」が、ファミコンミニと根本的に違うのは、コントローラが元のスーファミと同じ形状同じ形であること。
ファミコンミニは、本体と同様にコントローラーも小型化され、コントローラーケーブルも短くなっていたため、非常にゲームが操作しづらいと不満だったが、「スーファミ・ミニ」にはそうした不満はない。

ニンテンドークラシックミニスーパーファミコン説明書 | 任天堂

取扱説明書は簡単なものしか付属しておらず、そこに記載されたQRコードから任天堂のHPに飛ぶと、内蔵されたゲームの取り扱い説明書が全て閲覧することができる。

ちなみに、ACアダプタは付属しないが、電源端子はmicroUSBであり、5V/1.0Aの出力ができるACアダプタなら使えるので、家に転がっていたACアダプタをそのまま使うことにした。

早速、リビングの42インチのテレビに、HDMIケーブルで繋いで、電源を入れてみたが、立ち上がるメニューに表示されるゲームが懐かしい。
ただ、フルHDの液晶画面で見ると、ドットの粗さも感じる。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ニンテンドークラシックミニが6月から再生産されるそうだ [ゲーム機]

l_yx_fami_05.jpg

ミニファミコン、2018年6月28日から再販されます! | ギズモード・ジャパン

「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」の生産開始以来、生産が中断されていた初代の「ニンテンドークラシックミニ」だが、いよいよ2018年6月28日から再販されるそうだ。

一点だけ残念なのは、発売時に不評だった本体と同じ縮尺で縮小されてしまい、ケーブルも短くなってしまったことで、操作しにくくなってしまったゲームコントローラが、改良されるのではないかと期待したのだが、その願いはかなわなかったことか。

5af5974dc27c0.jpg

手のひらサイズのファミコン復刻版が日本でも発売:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ

販売価格は、税込6,450円と発表されているが、最初の発売時は税別5,980円(税込6,456円)となっていたので、僅かに値下げされたことになるのかな。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

スタンドアロン型VR HMD「Oculus Go」がいよいよ発売 [ゲーム機]

VR HMDは一体型が本命となるか?:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ

以前、このブログでもご紹介したPCやゲーム機を接続せずに使える、激安のスタンドアロン型のVRヘッドセット「Oculus Go」が、いよいよ日本でも発売された。

o02_o.jpg

単体で動作するVR「Oculus Go」発売、23,800円から - AV Watch

価格は、価格は内蔵ストレージが32GBのモデルが23,800円、64GBが29,800円。北米価格は、32GBモデルが199ドルなので、ちょっと割高かな。

ディスプレイには、両目共用の解像度2,560×1,440ドット、538ppiの高速スイッチ液晶を搭載し、SoCにはSnapdragon 821を採用。ハイエンドクラスのSoCではあるが、最上位のSoCではない。

本体には通気性に優れた素材や、射出発泡成形などを使用し、快適な装着感と軽さを実現し、調節可能なストラップも装備するという。

手の自然な動きをVRに伝え、HMDをかぶりながら操作が行えるコントローラーも付属。

スピーカーを内蔵し、ステレオミニジャックのイヤフォン出力も備え、イヤフォンも使えるそうだ。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

次世代ゲーム機「PlayStation 5」の情報が一部リーク [ゲーム機]

game_vitual_reality.png

次世代ゲーム機「PlayStation 5」の情報が一部リーク、開発キットは既にメーカーへ配布済みか - GIGAZINE

途中、PS4 PROの発売もあって勘違いしていたのだが、PS4の発売から、もう5年が経つそうだ。
それなら当然、既に後継機となるPlayStation 5の開発がある程度進んでいるのも当然か。

過去にも、かなり確度の高いリーク情報を掲載した実績がある技術系メディア「SemiAccurate」の有料者限定記事で、PlayStation 5の予測スペックに関する情報が掲載されている。

First PlayStation 5 Rumors Point To 8-Core Zen CPU and Navi GPU; Lots of Devkits Already Out

Here's Everything We Know About Sony's PlayStation 5 | Digital Trends

それによると、PlayStation 5のスペックは次の通り。

・CPUはAMD製8コアZen CPUをPlayStation 5用にカスタマイズ
・GPUは同じくAMDの次世代GPUアーキテクチャの「Navi」世代のものをPlayStation 5用にカスタマイズ
・PlayStation 5は。PlayStation VRへの対応を根底から想定しているシステムになる
・既に開発用キットがゲームスタジオに配布されている
・山内一典氏は、Finder.comの取材に対して「グランツーリスモSPORTは8K環境でも問題なく動作すると思う」と発言
・次世代のNavi GPUが実際に市場に登場するのは2019年頃となので、PlayStation 5の発売は、最短で2019年秋以降となるはず

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の5件 | - ゲーム機 ブログトップ