So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

モバイルプロジェクタ「KVD-Z240K」が届いた [AV機器]

モバイルプロジェクターWis KVD-Z240Kを購入:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ

ネットフリマで購入した神田無線電機のモバイルプロジェクタ「KVD-Z240K」が、家に届いた。

IMG_1379.JPG

価格.com - 神田無線電機 KVD-Z240K 価格比較

最初にパッケージに入った商品を見て思ったのは、そもそもバッテリーで動かない製品を、「モバイルプロジェクタ」と呼ぶのはどうかと思うということ。超小型プロジェクタとか、ミニプロジェクタでいいではないか。

中古だが箱入りで、状態も割とよく、付属品もすべて揃っているようだ。

IMAG0586.dng.jpg

内容物を確認すると、D-sub15ピンのVGAケーブル、AV(コンポジット)ケーブル、USBケーブル、リモコン、ACアダプタ、専用ポーチ、三脚。

サイズは思ったよりはデカい、というか分厚いな。

接続ケーブルに、HDMIケーブルが付属しないのは、コスト上の問題か、製品自体が2012年12月5日発売と古いので、当時は、HDMI端子がまだメジャーとは言えなかったのかも。

USBホスト端子は、miniBと呼ばれる今や見かけなくなった形状だが、標準のUSB端子への変換ケーブルが付属するので問題なし。
ただ、私自身miniB端子のケーブルをすでに大半廃棄してしまったことに気づいて、こういう製品が出てくるから少しは残しておこうと思った。

リモコンは、電源ON/OFFや入力切替を行うのに加え、カーソルキー、決定キーなども備え、思ったより複雑な操作をこなす。最初分からなかったのが、本体のリモコン受光部の位置で、どうやら後ろ側にリモコンの発光部を向けると認識しやすいようだ。

三脚は、100円ショップでよく見かけるミニ三脚。本体に台形補正機能がないため、なるべくレンズの向きは水平に向ける必要があるだろうから、もう少し足が長い三脚があった方がいいかも。
三脚のネジ穴は、標準規格タイプなので、例えば、我が家にもあるカメラ用三脚が使える。
私自身は、高級カメラの趣味はないが、亡き父の遺品で一眼レフを貰い受けたので、その三脚が使えるはずだ。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

E-ink搭載学習リモコン「HUIS-100RC」 [AV機器]

AV機器用の学習リモコンで困っている:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ

最近、長く使ってきたAV機器用の学習リモコンが故障して、代わりの商品を探したのだが、なかなかいい物がなく、改めてソニーの学習リモコン「HUIS-100RC」という存在が気になり始めた。

61gm184-VgL._SL1500_.jpg

HUIS-100RC | AVアクセサリー | ソニー

「HUIS-100RC」は、前面にE-ink(電子ペーパー)のタッチパネルを備えた、まるで電子書籍リーダーみたいな外観の学習リモコンだ。

学習リモコンを再検討する(7) ロジクールHarmony 882 | トドのつまりは・・・ - 楽天ブログ

これまでも、タッチパネル画面を備えた学習リモコンは存在したが、明らかな弱点があった。
通常のリモコンだと、乾電池だけで何カ月も電池が持つわけだが、こうした液晶タッチパネルを搭載すると、消費電力が大幅に増えるため、電源は充電池式にならざるを得ず、しかも、モノによってはほぼ毎日充電せざるを得ないケースもある。

「HUIS-100RC」は、タッチパネル画面にE-inkを搭載することで、内蔵充電池で、1週間程度は充電せずに使い続けられる。

リモコンの画面デザインも、Window用の付属ソフトを使って、かなり自由にユーザーが設計することができる。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

4k BS放送に対する各メーカーの温度差はますます拡大 [AV機器]

logo-880x579.jpg

いよいよ4K放送が本格開始!4Kテレビ、どれを買うべき?目的別オススメ商品!|ニフティニュース

今年12月1日から、新4K8K衛星放送(BS/110度CS)が始まるが、ようやく各社から対応製品が出そろってきた。
ご存知の方は、ご存じだと思うが、新4K衛星放送は、従来のいわゆる4Kテレビそのままでは見ることができず、以下にお知らせする新4K衛星放送対応のチューナーを外付けするか、新たに新4K衛星放送チューナーを内蔵したテレビを購入しないと、見されない。

ただ、積極的なメーカーから、やる気がないメーカーはで、その姿勢は様々なようだ。

BS/CS 4K内蔵タイムシフトマシン有機ELレグザ「X920シリーズ」の発売について|テレビ|REGZA:東芝〈レグザ〉
東芝、新BS/CS 4Kチューナー内蔵の最上位液晶REGZA「Z720X」 | マイナビニュース

【本田雅一のAVTrends】BS 4Kの先陣、東芝REGZAはエントリー機「M520X」に注目。'18年の有機EL画質は? - AV Watch

今のところ、いちばん積極的なのが東芝。
ハイエンドの有機ELの「REGZA X920シリーズ」に、フラッグシップ液晶テレビの「REGZA Z720Xシリーズ」、お手頃価格の「REGZA M520Xシリーズ」の3ラインナップ。
ただ、上位機は、新4K衛星放送の録画もできるが、チューナーは1系統しかなく、タイムシフト機能は地デジのみなのが残念なところだが、まだ新BS/CS 4Kチューナーは部品が高価だから、その実現はまだまだ先になりそうだ。また、CASが、

K0001051352.jpg

価格.com - 東芝 REGZA 43M520X [43インチ] スペック・仕様

一方で、43型だと、最初から9万円を切る「REGZA M520Xシリーズ」も、かなり注目だろう。

続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

AV機器用の学習リモコンで困っている [AV機器]

img604e54efzik8zj.jpeg

学習リモコンを再検討する(7) 私の結論 | トドのつまりは・・・ - 楽天ブログ

我が家のリビングダイニングにあるテレビやレコーダーの操作用に、ビクターの「RM-A815」という学習リモコンを使っている。

AV機器については、基本的には、純正のリモコンを使用してはいるのだが、たまに純正リモコンの所在が分からなくなったり、テレビとレコーダーをまとめて操作したいときには便利なので、「私は」サブのリモコンとしてそれなりに重宝してきた。

あえて「私は」と書いたのは、私以外の家族は全然使わないからだ。
複数メーカーに対応するプリセットを持つ学習リモコンの場合、ボタンの名称が、必ずしも純正リモコンと一致するとは限らない。

そのため、私以外の家族は、頭の中でボタン名称を変換しながら使うのが面倒で、結局純正リモコンしか使わない状況となっている。

それは仕方ないことと諦めていて、今回の本題はそこではない。

この2009年から使っている「RM-A815」という学習リモコン、スライドスイッチで学習モードに切り替えて、プリセットされていないリモコンコードを学習することができるのだが、このスライドスイッチがそろそろガタが来ており、通常モードにしたつもりが、物理的に勝手に学習モードになることがあるのだ。

やっかいなのは、学習モードでは、かなり大きなビープ音が鳴り続けることで、深夜寝ているときに、突然、学習モードになってしまい、叩き起こされてしまうこともしばしば。
スイッチの形状も特殊だし、なにより10年近く使ってきたので、寿命だろうから仕方ない。もう廃棄するしかないだろう。

ただ、このリモコンを廃棄すると、一つだけ困ることがある。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

モバイルプロジェクターWis KVD-Z240Kを購入 [AV機器]

Androidタブレット「YOGA Tablet 2 Pro」に内蔵されたDLP方式のPicoプロジェクタは、非常に小型だが、解像度が低く、動画を見るぐらいしか使い道がないものだったのだが、そんな小さなプロジェクタでも、一応、50インチぐらいの大画面で投射できることに、新しい目が開けた気がして、俄然モバイルプロジェクターという商品に興味を持った。

モバイルプロジェクターのおすすめ18選。超小型で軽量な人気モデルをご紹介

アナログRGBやHDMI入力端子を備え、バッテリーを内蔵していたり、USB給電で動作するものも多い。

ただ、HD動画を再生できるXGAクラスの解像度の製品となると、最低でも2万円以上。
それでも、仕事に使いたい人なら、喜んで買うと思うが、私自身は、個人的な使い道なので、そこまでお金を出す気はない。
ただ、ポケットマネーで手軽に買える1万円ともなると、VGAやQVGAの解像度しかないものばかり。

51VnzRdifhL._SL1075_.jpg

[PC]神田無線電機 モバイルプロジェクターWis KVD-Z240Kを購入する。 ? 変人窟L(HJKLOG)

そんな中、ネットで検索していたら、神田無線電機という秋葉原にお店がある会社から、モバイルプロジェクター「Wis KVD-Z240K」という製品が発売されていて、これが値段の割にいいという記事を見つけた。

Amazonあたりで1万円以下で買えるのだが、この価格帯で、画面が16:9で、解像度が1024×600ピクセルもあるのは異例。
しかも、表示デバイスが、安い製品には多いDLPではなく高画質製品でよく見かけるLCOS。ただこのクラスのLCOSは、構造も異なり、特に高画質が主眼ではないらしい。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感