So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ポータブルオーディオ ブログトップ
前の5件 | -

左右独立式完全ワイヤレスイヤホン「MPOW T3」(3) [ポータブルオーディオ]

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ワイヤレスイヤホン Mpow T3 iphone bluetooth 両耳 bl...
価格:5280円(税込、送料無料) (2018/11/18時点)

楽天で購入

【楽天市場】【24H限定タイムセール】ワイヤレスイヤホン Mpow T3 iphone bluetooth 両耳 bluetooth イヤホン ブルートゥース イヤホン 自動ペアリング 24時間再生 IPX5防水 スポーツ マイク内蔵 両耳通話 高音質 軽量 完全ワイヤレスイヤホン android 充電式収納ケース付き 佐川急便:パートゾン

左右独立式完全ワイヤレスイヤホン「MPOW T3」のレビューだが、最後に、補足的に気付いたことを書いておきたい。

まず、訂正だが、価格については、現在期間限定だが、「SoundPEATS Truefree」と同じ3,980円に値下げされており、さらに全品8%引きのショップクーポンも配布されたていたり、楽天スーパーポイントのポイント還元強化セールもあるため、実質、「SoundPEATS Truefree」より安くで購入できるようだ。

さらに、商品到着後レビューを投稿すると、「スマホアームバンド」がプレゼントされる特典もあるらしいので、価格的な魅力は、最初のレビュー記事を書いた時よりは、かなり増しているかもしれない。

さて、音質面では、「MPOW T3」が、一番ベーシックなSBCコーデックのみしかサポートしないのは、音楽も聴く場合、これより安い「SoundPEATS Truefree」が、SBCに加えAACもサポートしていることを考えると、「MPOW T3」を選ぶのは厳しいことは既に書いた。

実際、iPhoneなどAACをサポートするスマートフォンなどと接続した場合には、原理的にも実際の聴感でも、音質は「SoundPEATS Truefree」の方が圧倒的にいい。

もし、「MPOW T3」がAndoid端末で使える高音質コーデックaptXをサポートしていたら、iPhone用のAACコーデックをサポートする「SoundPEATS Truefree」との棲み分けも可能だったかもしれない。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

左右独立式完全ワイヤレスイヤホン「MPOW T3」(2) [ポータブルオーディオ]

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ワイヤレスイヤホン Mpow T3 iphone bluetooth 両耳 bl...
価格:5280円(税込、送料無料) (2018/11/18時点)

楽天で購入

まずは、前回のレビュー記事の訂正から。

【楽天市場】【24H限定タイムセール】ワイヤレスイヤホン Mpow T3 iphone bluetooth 両耳 bluetooth イヤホン ブルートゥース イヤホン 自動ペアリング 24時間再生 IPX5防水 スポーツ マイク内蔵 両耳通話 高音質 軽量 完全ワイヤレスイヤホン android 充電式収納ケース付き 佐川急便:パートゾン

日本語の取扱説明書がないと書いたが、こちらの楽天のサイトで、日本語版のPDFがダウンロードできることが分かった。
ちょっと日本語がおかしいところもあるが。

また、前回「収納充電ケースから、左右のイヤホンを取り出すと、2秒ほどで左右のペアリングが完了し、自動的に左耳イヤホンがペアリングモード(LEDが赤と青に交互に点灯)になるらしい。」と書いたが、これが誤りで、ペアリングモードは、白の点滅とのこと。赤と白の交互の点滅は、片耳モードでのペアリング状態だそうだ。

ただ、日本語の説明書に従い、ペアリングを行ったが、どうしても両耳のペアリングが完了せず、スマホとのペアリングモードに一向に移行しない。

メインになる右耳のイヤホンを強制的にペアリングモードすると、スマホとのペアリングが可能になるが、左耳からは音が出ないので、やっぱり両耳のペアリングは成功していないようだ。

モニターの提供元にもメールで問い合わせたがなしのつぶてで、何の連絡もないため、音質の評価などはできない。

ただ、それ以外で、評価できるところは、書いておきたい。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「SoundPEATS TrueFree」のその後の感想 [ポータブルオーディオ]

1113_SoundPEATS_Truefree_5.jpg

Bluetooth5.0で長時間再生で3980円!コスパ重視派向け完全ワイヤレス登場- 記事詳細|Infoseekニュース

左右独立式完全ワイヤレスイヤホン「SoundPEATS TrueFree」を、その後も、主に超小型スマホ「Jelly Pro」とのペアで使い続けているが、その後気付いたことを、メモしておきたい。

・バッテリーの持ちが抜群
バッテリーの持ちがよく、カタログ値の4時間、しっかり使えることを書いたが、片耳モードだと、さらに長時間使える気がする。片耳モードで、朝から出張で使っていたときに、どう考えても連続で5時間は使えたように思うのだ。
おそらく、Bluetoothでイヤホン間の通信を行う必要がない分、消費電力も減るからではないかと思われる。

・片耳モードはラジオリスナーに最適
この製品の片耳モードは、周りの音も聴けて安全だし、その上バッテリーも持ち、左右両方のイヤホンを充電しながら交代で使うことができるということで、ホントにラジオ好きにはオススメの機能だと思う。

・iPhoneとの組み合わせでの音質も良好
AACコーデックが利用できるiPhone SEとペアリングして、これでも音楽を聴いてみたが、音質的には「Jelly Pro」でAACコーデックが利用した時と、ほとんど変わりはない。
多少iPhone SEの方が音がいいような気もするが、デジタル伝送なので条件が変わるとは思えず、プラシーボ効果の範囲なのか、あるいはiPhone SE側のAACエンコーダーが優秀なのか。本当のところはよく分からない。

・Bluetooth通信は安定している
Bluetooth通信の安定度は、その後もほとんど問題ない。数回、街中で歩きながら使っていて、音が途切れたことはあるが、それがこれまで使ってきたBluetoothイヤホン「Q12」などに比べて多いかというと、むしろ少ない気がする。

・Bluetoothの通信範囲が広い
通信距離が15mmと、これまで使ってきたBluetoothイヤホンの10mより伸びているが、実際、家のリビングにスマホを置いて、「SoundPEATS TrueFree」を片耳モードで使いながら、家の1階を掃除していて、明らかに「Q12」より、音切れせずに使える範囲が広い。

・音質は価格を考えれば立派だが
音質に関しては、radiko程度の音質で聞くには十分だが、音質のい楽曲を聞くと、高音は素直で聴きやすい一方、低音は締まりがなくあまり好みの音とは言えない。贅沢が言える価格でないことは重々承知だが、惜しいと思う。

一方、懸念だった左右独立の弱点については、ヒヤッとする場面が何度かあった。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「SoundPEATS TrueFree」の気に入っている点 [ポータブルオーディオ]

1113_SoundPEATS_Truefree_5.jpg

左右独立式完全ワイヤレスイヤホン「SoundPEATS TrueFree」が届いた:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ

前回、左右独立式完全ワイヤレスイヤホン「SoundPEATS TrueFree」は、音質だけ考えても、価格を超えた価値があることを書いた。

それ以外の点についても、感想を書いておきたい。

・接続が安定している
こうした左右独立タイプは、Bluetooth通信が不安定になりがちだとよく言われてきたが、この製品は、屋外で使っていても音切れがほとんど起きず、非常に安定していると思う。
Bluetooth 5.0を搭載し、通信距離自体が10mから15mに伸びたことも、いい影響を与えているのだろうと思われる。

・バッテリーの持ちがいい
メーカー公称で、単体で4時間使えるとのことだが、本当にそのぐらいの時間使える。
私の場合でも、行きと帰りの電車+昼休みだけ聞くなら、充電不要だったぐらいだ。
バッテリー容量に関しては、極めて詐称が多い中国製品だが、さすがに中国でもトップブランドになったSoundPEATSともなると、違うみたいだ。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

左右独立式完全ワイヤレスイヤホン「SoundPEATS TrueFree」が届いた [ポータブルオーディオ]

Bluetooth5.0で長時間再生で3980円!コスパ重視派向け完全ワイヤレス登場- 記事詳細|Infoseekニュース

Amazonで2,980円で購入した左右独立式完全ワイヤレスイヤホン「SoundPEATS TrueFree」が、ようやく届いた。

IMAG1414.jpg

コンパクトな頑丈な箱を開けると、

IMAG1415.jpg

左右のイヤホン本体と、付属品は、充電ケース、取扱説明書、microUSB充電ケーブル、大中小のイヤーパッド。ACアダプタは付属しない。

取扱説明書は分厚いなと思ったら、多言語対応で、日本語にも対応。
もちろん、日本の技適マークも付いていて、安心して日本国内でも使える。

充電ケースには、フタはないが、イヤホンは磁石で固定され、簡単に落ちはしない。

IMAG1416.jpg

ただ、イヤホンを取り出すには、指が入る隙間に人差し指を入れ、ぐっと力を入れる必要がある。
ちょっとコツが要る感じだが、慣れれば難しくはない。
ただ、力を入れ過ぎて、イヤホンを飛ばしてしまいがちではあるので、屋外で取り出すのは要注意だと思う。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の5件 | - ポータブルオーディオ ブログトップ