So-net無料ブログ作成

デジタルカメラ ブログトップ
前の5件 | -

ソニーのデジカメ「DSC-QX100」を試用してみて [デジタルカメラ]

RX100(DSC-RX100) | デジタルスチルカメラ Cyber-shot サイバーショット | ソニー

円筒型デジカメ「DSC-QX100」を、ミッドレンジのスマホ「Galaxy Feel SC-04J」と組み合わせて、実際に撮影に使ってみた。

一点困ったのは、「Galaxy Feel SC-04J」が家のアクセスポイントに自動接続ざれていると、「Imaging Edge Mobile」アプリ上から「DSC-QX100」とWi-Fi Direct接続できないこと。

予めアクセスポイントとのWi-Fi接続を解除しておいて、「Imaging Edge Mobile」アプリから接続を試みないと、繫がってくれないのだ。

「Imaging Edge Mobile」アプリには、Wi-Fiアクセスポイント経由でカメラに接続するモードがあるのだが、「DSC-QX100」を家のアクセスポイントに接続する方法がないようだ(「DSC-RX0」ならできるみたい)。

普段「Galaxy Feel SC-04J」を使うときには、家のアクセスポイントに自動接続されて欲しいのだが、それだと「DSC-QX100」とWi-Fi接続できないので、仕方ないの自動接続をOFFにしている。

気になっていた暗所でのフルオート撮影だが、予想以上に凄かった。

DSC00007.JPG

こちらは、1/2.3型センサーの「DSC-WX350」の「プレミアムおまかせオート」で、日没後の照明なしの浴室を撮影したものだが、ノイズリダクションが働き、窓の隙間から入る弱い光は何とか写るものの、ほとんど何も見えない。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

円筒型デジカメ「DSC-QX100」のスペックを再度チェック [デジタルカメラ]

IMAG2530.jpg

ソニーのデジカメ「DSC-QX100」を見直してみる:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ

高画質で定評のあった1.0型Exmor CMOSセンサー搭載の円筒型デジカメ「DSC-QX100」だが、当時、使い物にならず、「買って損した」とガッカリしたのだが、その原因はどこにあったのだろうか。

レンズだけカメラ「DSC-QX100」「DSC-QX10」徹底解剖(前編) (1/3) - ITmedia NEWS

レンズだけカメラ「DSC-QX100」「DSC-QX10」徹底解剖(後編) (1/3) - ITmedia NEWS

それは、ほぼ同じレンズ、センサーを搭載したデジカメ「DSC-RX100 II」と比較することで、見えてくる。

1.「DSC-QX100」には「DSC-RX100 II」はあるRAW形式での撮影ができない

2.「DSC-QX100」には「DSC-RX100 II」はあるISO感度の設定やホワイトバランスの設定、マニュアルの露出設定などができない。

3.「RX100 II」が最高約10コマ/秒の連射が可能なのに対し、「DSC-QX100」はできない。

4.「RX100 II」がフルHD(1920×1080ピクセル)/60fpsの動画撮影が可能なのに対し、「DSC-QX100」の最高解像度は1440×1080ピクセル/30fpsにとどまる。

5.「DSC-QX100」は、一体型の「RX100 II」に比べ液晶画面のプレビューの遅延や、シャッターの遅延が発生する。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ソニーのデジカメ「DSC-QX100」を見直してみる [デジタルカメラ]

ソニーのHDR対応デジカメ「DSC-WX350」を購入:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ

以前から、街歩き用のコンパクトデジカメとして、夜間でもHDRできれいに写真が撮れる製品を探していて、1万円前後の手軽な予算で、ソニーの「DSC-WX350」やカシオの「EX-ZR300」などの中古を買い、使っている。

ただ、それぞれ夜間撮影に十分な性能を持っているかというと、やっぱり十分ではなかった。

街歩きの中では、歩きながらや、電車やバスに乗りながら撮影することもあり、夜間だと、シャッター速度が遅すぎて、まともに移動や手振れの影響を受けてしまう。

DSC-RX100.jpg

RX100(DSC-RX100) | デジタルスチルカメラ Cyber-shot サイバーショット | ソニー

こうした夜間撮影に強いのは、撮像素子のサイズが大きいカメラであることをは、よく聞く。
「DSC-WX350」を買った時も、似た造りだが、1.0型で13.2 x 8.8mm) Exmor CMOSセンサーの「DSC-RX100」シリーズの存在も知っていたのだが、中古でも価格が「DSC-WX350」の2倍以上する。
そのため、つい「DSC-WX350」を買ってしまって、安物買いをしたと後悔している(と言っても、「DSC-WX350」の1/2.3型 Exmor CMOSセンサーでも、通常の撮影は十分高性能なのだが)。
1.0型と1/2.3型では、5倍以上の面積の差があるから、集光量もそれだけ違い、暗所撮影では、どうしても差がついてしまうらしい。

なので、やっぱり、奮発して「DSC-RX100」シリーズを買うべきかな、と思い、ググっていたら、こんな記事を発見。

DSC-QX100.jpg

ソニー 「DSC-QX100」と「DSC-RX100 II」の比較

続きを読む


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

久々にROWAの互換バッテリーを買ってみたら [デジタルカメラ]

815h1v2K-AL._SL1500_.jpg

COOLPIX S9500 | ニコンイメージング

ニコン「COOLPIX S9500」のバッテリー「EN-EL14」が、全然持たない。

カタログスペックでは200枚撮影できるというが、100枚ぐらいの撮影しかできなかったのだ。
ただ、中古で買ったので、それはバッテリーの摩耗のせいかもしれない。

ネットのレビューを検索すると、確かにバッテリーの持ちはよくないものの、さすがに100枚ということはないらしく、バッテリーが相当ヘタっていた可能性が高い。

そこで、Amazonで「EN-EL14」の互換バッテリーを購入してみた。

IMAG2322.jpg

今回購入したのはROWAという互換バッテリーでは最大手メーカーの商品で、2個で1,120円。

ROWAの互換バッテリーは、5~6年前に、ビデオカメラのバッテリーを購入したことがあった。
確か、純正品の半額ぐらいで買えたのだが、実際に使ってみたら、純正品の半分ぐらいしか持たない上に、半年も経たないうちに充電することさえできなくなった。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ニコンのコンデジ「COOLPIX S9500」の使用レポート [デジタルカメラ]

IMAG2350.jpg

「COOLPIX S9500」に関しては、ダイソーで買ったこちらのちょうどいいサイズのフック付きクッションケース(たばこケースとして売られているもの)に入れ、ズボンのベルトにフックでぶら下げることにした。

IMAG2346.jpg

ストラップホールには、ダイソーのスプリングストラップを取り付けて、反対側のクリップはクッションケースを挟みこんで、カメラを落としても地面まで落ちないようにしたのは、私がスマホでいつもやっていることだ。

COOLPIX S9500 | ニコンイメージング

一応使う準備は出来たので、ニコンのコンデジ「COOLPIX S9500」を、実際に使ってみよう。

DSCN0751.JPG

まず、HDR撮影については、ダイヤルで逆光モードにし、メニューでHDRを有効にすると使えるが、カシオ「EX-ZR300」、ソニー「DSC-WX350」に比べても、暗部の潰れが小さく、日が暮れてからの街中の撮影には、威力を発揮しそうだ。
最大3枚の露出を変えた写真の合成ということで、効果も高いようだ。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の5件 | - デジタルカメラ ブログトップ