So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

電子書籍 ブログトップ
前の5件 | -

大容量microSDXCカードの価格動向 [電子書籍]

5135b.jpg

電子書籍リーダーとして使っているAndroidタブレット「MediaPad X2」で、電子書籍の保存用に256GBのmiroSDXCカードを使用しているが、Kindleアプリ、楽天Koboアプリ、自炊本などを中心に、所有している全電子書籍を格納してみたら、残容量が60GBを切っていることが分かった。

マンガや雑誌の電子書籍は容量が大きく、特にマンガは巻数が多い作品を購入したりすると、一気に残容量が減ってしまう。

そこで、値ごろ感があるなら、256GBより容量が大きなmiroSDXCカードを購入してもいい時期かもしれないと考え、まずは価格動向を調べてみた。

512GBのmicroSDXCカードが市場に出始めた:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ

以前、2018年6月時点で調べてみた時には、市場に出回り始めたばかりの512GBのmicroSDXCカードは4.3万円。
既に多く流通していた400GBのmicroSDXCカードの価格は、2万円前後が底値だったので、512GBは全く話にならないし、400GBについても、256GBが現在9,000円前後で買えることを考えれば、ビット単価的には割高で、手を出しづらい状況だった。

さて、現時点での最新の価格状況を見てみよう。

Amazon.co.jp: 512GB以上 - microSDカード / メモリーカード: パソコン・周辺機器

Amazonでは、3万円台後半が相場。それより激安の聞いたことのないブランドの512GBのmicroSDXCカードも見られるが、これは全てニセモノなので手を出してはいけない。

11501922.jpg

HDMCSDX512GCL10UIJP3 |SDXCメモリーカードなら 秋葉Direct

探した限りでは、こちらのHI DISCブランドのHDMCSDX512GCL10UIJP3というカードが、 33,980円(税込)で一番安いと思われる。
次が、TEAMブランドで、35,980円というのがあるが、いずれにせよコストパフォーマンスを考えれば、今手を出すのは得策とは思えない。

一方、400GBのmicroSDXCカードについては、徐々に値段が下がり始めているようだ。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 

楽天Koboから久々の電子書籍端末「Kobo Forma」発表 [電子書籍]

kobo00.jpg

見開き表示が可能になった8型電子書籍端末「Kobo Forma」 - PC Watch

楽天Koboから久々の電子書籍端末「Kobo Forma」が発表になった。
10月24日に発売だそうで、既に予約受付を開始している。価格は34,344円だそうだから、同社としてはハイエンドモデルということになる。

「Kobo Forma」は、Koboシリーズではこでまでで最大サイズの8型画面を備え、解像度は1,920×1,440ドット(300ppi)のCartaと呼ばれる最新のE-Inkパネルを採用する。ComfortLight PRO(フロントライト)も備え、暗所でも読書可能。

Koboシリーズでは、初めて「ページめくりボタン」を搭載したそうで(従来はタッチパネルのスワイプ操作のみ)、筐体のグリップ部分に厚みとカーブを加えることで、片手持ちでページめくりがしやすいよう工夫したという。
狭額縁とは言えず、本体サイズも177.7×160×4.2~8.5mm(幅×奥行き×高さ)と大きめだが、重量は197gしかなく、これは8型液晶のAndroidタブレットではまず達成できない軽さだ。
また、防水機能(IPX8規格準拠、水深2m/最大60分耐久)も備えている。

パソコンとの接続や充電はmicroUSB端子で、バッテリ駆動時間は数週間(ライトとWi-Fiオフ時)とのこと。

03.png

さらに、Gセンサーを搭載し、画面の自動回転機能により、縦向きと横向きの表示自動切り替えが可能となり、横向きではKoboシリーズでは初となる見開き表示に対応するという。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 

いつの間にかKindleも楽天KoboもSDカードに保存可能になっていた [電子書籍]

5135b.jpg

電子書籍リーダー専用にAndroid 6.0のタブレットが欲しい:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ

MediaPad X2というAndroidタブレットを入手したかったのは、この機種が、電子書籍リーダーとして最適な画面、本体形状である上に、Android 6.0を搭載していることが大きかった。

MediaPad X2を購入検討している時点では、Android用のAmazon Kindleアプリも、楽天Koboアプリも、購入した電子書籍を本体の内部ストレージにしか保存できず、メモリカードに保存できなかった。
Amazonや楽天Koboが販売する専用電子書籍リーダーは、メモリカードに電子書籍を保存できるため、おそらくAmazonや楽天としては、自社端末を差別化するために、汎用Android端末用のアプリでは、意図的に制限を掛けているものと思われる。

ところが、Android 6.0では、新たに「Adoptable Storage」という機能が追加され、外部メモリカードを内部ストレージの一部として使う機能が追加されたため、これを使えば、Amazon Kindleアプリでも、楽天Koboアプリでも、購入した電子書籍の保存容量を、大幅に拡大することができる。

その機能が使いたくて、MediaPad X2をわざわざ買ったのだが。

ところが、実際にMediaPad X2を購入し、電子書籍リーダーとして使い始めたら、予想していなかった事態が立て続けに起きた。

【Kobo】ヘルプ

まず、購入時に、インストールした時点で、楽天Koboアプリが、すでにSDカードに電子書籍を保存できるように、仕様が変わっていた。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 

超大型電子ペーパー端末が欲しい(2) [電子書籍]

超大型のE-inkディスプレイを搭載した端末をたくさん出しているメーカーとしては、もう一つ中国のONYXという会社がある。

この会社の端末の特徴は、E-ink搭載端末であるにもかかわらず、汎用のAndroid OSを搭載し、Android用の電子書籍アプリがそのまま動作させることができることだ。

ONYX BOOX MAX electronic reader :: ONYX BOOX electronic books

そのONYX社が、「ONYX BOOX MAX」というソニーと同じ13.3インチのE-inkディスプレイを搭載した端末を発売していた。
Andoid OSを搭載しているのは魅力だったが、OSは4.0という化石のようなバージョンで、価格も8万円ぐらいした。
中国メーカーでも、ソニーでも、画面サイズが同じだと値段があまり変わらないところを見ると、こうした大画面E-ink端末のコストを支配しているのは、E-inkパネルの価格なのだろうということもよく分かるな。

「ONYX BOOX C67ML」が使いモノになるまで:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ

ただ、汎用のAndroidアプリが利用できる魅力は感じたので、以前、安くで手に入れた「ONYX BOOX C67ML」を試しに使ったことがある。
しかし、OSは古いAndroid 4.2からアップグレードされないし、一番新しいファームでも内蔵ストレージの初期残容量が400MBしかなく、まともにアプリがインストールできない。
SoCはデュアルコアで、RAMは512MBしか搭載しないので、操作レスポンスも悪いし、何よりKindleアプリなどを動作させていると、頻繁にアプリが落ちてしまい使い物にならない。

それ以降、ONYX社の端末には興味を失っていたのだが、最近、ようやく新しい動きがあり、再び興味を持った。

711UKFfnSPL._SX425_.jpg

ONYX BOOX MAX 2 electronic reader :: ONYX BOOX electronic books

それが、久々発表された新製品「ONYX BOOX MAX 2」だ。価格は10万円弱して、高いのだが、初代に比べて、次の点が大きく改善されている。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 

超大型電子ペーパー端末が欲しい(1) [電子書籍]

画面のアスペクト比が4:3位で、画面サイズが13インチ以上あると、A4サイズの文書が、ほぼリアルなサイズで表示できる。
B5サイズだと、10インチぐらいか。

以前から、そうしたリアルサイズで文書が読めて、文字が読みやすい電子ペーパーを搭載し、薄くて軽くてバッテリーも持つ端末が欲しいと思っていた。

今、電子ペーパーが熱い ― 野心的な製品が続々登場!(natsuki)

そうしたE-ink搭載の大画面端末の動きが再び活発化しているので、いくつかご紹介したい。まずはソニーから。

DPT-S1 | デジタルペーパー | ソニー

実際、そうしたコンセプトの商品は以前からあり、ソニーであれば、DPT-S1という製品が、2013年に発売されているが、基本業務向けでPDFファイルしか表示できず、価格も当初10万円以上して手が出なかった。

$_57.JPG

ソニーはなぜ「新・電子ペーパー端末」を作ったのか? - 日経トレンディネット

2017年6月には、DPT-S1の2世代目として、デジタルペーパー「DPT-RP1」という製品が発売された。

「DPT-RP1」は、初代と同じ13.3インチのE-inkディスプレイを搭載するが、解像度は、1200×1600ドットから1650×2200ドットにアップし、E-ink自体も、リフレッシュがほとんど不要で、高コントラストな最新パネルが搭載されている。

サイズは、約224×302.6×5.9mmだが、ほぼ前面一杯に画面があり、厚みも5.9mmしかないし、重さはこのサイズでたった約349gという超軽量。下手すると、9インチ台のAndroidタブレットよりも軽いぐらいだ。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
前の5件 | - 電子書籍 ブログトップ