So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

電子書籍 ブログトップ
前の5件 | -

超大型電子ペーパー端末が欲しい(2) [電子書籍]

超大型のE-inkディスプレイを搭載した端末をたくさん出しているメーカーとしては、もう一つ中国のONYXという会社がある。

この会社の端末の特徴は、E-ink搭載端末であるにもかかわらず、汎用のAndroid OSを搭載し、Android用の電子書籍アプリがそのまま動作させることができることだ。

ONYX BOOX MAX electronic reader :: ONYX BOOX electronic books

そのONYX社が、「ONYX BOOX MAX」というソニーと同じ13.3インチのE-inkディスプレイを搭載した端末を発売していた。
Andoid OSを搭載しているのは魅力だったが、OSは4.0という化石のようなバージョンで、価格も8万円ぐらいした。
中国メーカーでも、ソニーでも、画面サイズが同じだと値段があまり変わらないところを見ると、こうした大画面E-ink端末のコストを支配しているのは、E-inkパネルの価格なのだろうということもよく分かるな。

「ONYX BOOX C67ML」が使いモノになるまで:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ

ただ、汎用のAndroidアプリが利用できる魅力は感じたので、以前、安くで手に入れた「ONYX BOOX C67ML」を試しに使ったことがある。
しかし、OSは古いAndroid 4.2からアップグレードされないし、一番新しいファームでも内蔵ストレージの初期残容量が400MBしかなく、まともにアプリがインストールできない。
SoCはデュアルコアで、RAMは512MBしか搭載しないので、操作レスポンスも悪いし、何よりKindleアプリなどを動作させていると、頻繁にアプリが落ちてしまい使い物にならない。

それ以降、ONYX社の端末には興味を失っていたのだが、最近、ようやく新しい動きがあり、再び興味を持った。

711UKFfnSPL._SX425_.jpg

ONYX BOOX MAX 2 electronic reader :: ONYX BOOX electronic books

それが、久々発表された新製品「ONYX BOOX MAX 2」だ。価格は10万円弱して、高いのだが、初代に比べて、次の点が大きく改善されている。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

超大型電子ペーパー端末が欲しい(1) [電子書籍]

画面のアスペクト比が4:3位で、画面サイズが13インチ以上あると、A4サイズの文書が、ほぼリアルなサイズで表示できる。
B5サイズだと、10インチぐらいか。

以前から、そうしたリアルサイズで文書が読めて、文字が読みやすい電子ペーパーを搭載し、薄くて軽くてバッテリーも持つ端末が欲しいと思っていた。

今、電子ペーパーが熱い ― 野心的な製品が続々登場!(natsuki)

そうしたE-ink搭載の大画面端末の動きが再び活発化しているので、いくつかご紹介したい。まずはソニーから。

DPT-S1 | デジタルペーパー | ソニー

実際、そうしたコンセプトの商品は以前からあり、ソニーであれば、DPT-S1という製品が、2013年に発売されているが、基本業務向けでPDFファイルしか表示できず、価格も当初10万円以上して手が出なかった。

$_57.JPG

ソニーはなぜ「新・電子ペーパー端末」を作ったのか? - 日経トレンディネット

2017年6月には、DPT-S1の2世代目として、デジタルペーパー「DPT-RP1」という製品が発売された。

「DPT-RP1」は、初代と同じ13.3インチのE-inkディスプレイを搭載するが、解像度は、1200×1600ドットから1650×2200ドットにアップし、E-ink自体も、リフレッシュがほとんど不要で、高コントラストな最新パネルが搭載されている。

サイズは、約224×302.6×5.9mmだが、ほぼ前面一杯に画面があり、厚みも5.9mmしかないし、重さはこのサイズでたった約349gという超軽量。下手すると、9インチ台のAndroidタブレットよりも軽いぐらいだ。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「MediaPad X2」を電子書籍リーダーとして使い始めた [電子書籍]

20180701_213634038.jpg

Androidタブレット「MediaPad X2」を本格的に電子書籍リーダーとして使い始めた。

・サンディスクの256GBのmicroSDXCカードを購入
秋葉原に行けた時には、お店で品切れだったりして、なかなか買えなかったのだが、先日、ようやく税込8,998円で買えた。

・microSDXCカードの内部ストレージ化成功
さっそく、256GBのmicroSDXCカードの内部ストレージ化も試した。

【スマホ 容量不足解消】Huawei EMUIはadbでMicroSDを内部ストレージ化・Android6はadb不要・Xiaomi不可 | Beヨンド

PCとUSB接続し、上の説明のadbコマンドを使うやり方で、無事内部ストレージ化でき、内部ストレージ容量は272GBに拡大。
Amazon Kindleアプリや、楽天Koboアプリでも、買った書籍を気にせずダウンロードできるようになった。

その代わり、読みたい自炊本やPDFファイルは、microSDXCカードを取り外して、PCでファイルをコピーすることはできず、「MediaPad X2」をPCにUSB接続し、MTPモードでファイルをコピーする必要がある。

さて、これで準備は整ったため、「LAVIE Tab E TE507/FAW」から、「MediaPad X2」に変えて、電子書籍リーダーとして使い始めることにする。使用するアクセサリ類については、シンプルに次の通り。

続きを読む


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「広辞苑 第七版」を収録したカシオ電子辞書「EX-word」 [電子書籍]

sim.jpg

「広辞苑 第七版」を収録した電子辞書「EX-word」4機種 - BCN RETAIL

今年の1月、「広辞苑 第七版」が発売され、話題を呼んだが、その後間もなく、カシオから、最新版の「広辞苑 第七版」を収録した電子辞書「EX-word」の新機種が、発売されていることを知った。

現段階では、「広辞苑 第七版」を搭載した電子辞書は、カシオからしか出ていない模様。
ちなみに、電子辞書では、カシオと並ぶ大手のシャープの電子辞書は、三省堂のスーパー大辞林を採用しているため、今後も「広辞苑 第七版」が載る可能性は低そうだ。

「広辞苑 第七版」を搭載しているのは、高校生モデル「XD-Z4800」(3万8000円前後)、生活・教養モデル「XD-Z6500」(3万4000円前後)、ビジネスモデル「XD-Z8500」(3万6000円前後)、プロフェッショナルモデル「XD-Z20000」(5万7000円前後)の4モデル。

4機種とも、10年ぶりの改訂新版となる「広辞苑 第七版」をはじめ、多数のコンテンツを収録する。

改良点としては、

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「LAVIE Tab E TE507/FAW」で電子書籍を読む [電子書籍]

懸案だった256GBのmicroSDXCカードが、内部ストレージとして使えるようになり、ようやく「LAVIE Tab E TE507/FAW」が、電子書籍リーダーとして快適に使える状態になった。

そこで、早速、100GBを上回る、すべての自炊電子書籍と、PDFの規格書などのドキュメント類を放り込んでみた。

microSDXCカードを内部ストレージとしてフォーマットすると、カードを取り外して、パソコンでファイルをコピーすることができないので、「LAVIE Tab E TE507/FAW」をパソコンとUSB接続し、パソコンからファイル転送するしかないのだが、この転送速度があまり速くない。
とりあえず、一晩放置してたら完了したが、今後は、差分をコピーするだけなので、もうちょっと早く済むだろう。

さらに、Kindleストア、楽天Koboストアで購入(あるいは無料で入手)した電子書籍をすべてダウンロードした(これもかなり時間がかかった)が、それでも、まだ内蔵ストレージの半分しか使っていない。

今後、他の電子書籍ストアアプリもインストールして、それらも読めるようにするつもりだが、それはKindleストア、楽天Koboストアに比べて僅かなデータ量なので、大勢に影響はない。

ということで、現状、自分が持っている電子書籍は、すべて「LAVIE Tab E TE507/FAW」に入れて持ち歩ける見通しが立ったと言える。
これは画期的だな。

次に、「LAVIE Tab E TE507/FAW」でのAmazon Kindleアプリでの電子書籍の表示について、「SH-05G」と比べてみよう。

写真 2018-03-25 22 54 24 (1).jpg

活字の本の場合、画面サイズに合わせて文字のリフローが可能なので、画面の余白もなく、文字サイズも可変なので、それほどリーダーとして劣る感じはない。画面の画素密度(dpi)が低いせいで、多少文字が粗くなっているはずだが、読む上で障害になるほどではない。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の5件 | - 電子書籍 ブログトップ