So-net無料ブログ作成

タブレット端末 ブログトップ
前の5件 | -

ドコモ「dtab Compact d-02K」を使い始めて [タブレット端末]

新たな電子書籍リーダー用に、レノボ「TAB4 8 Plus」とNTTドコモ「dtab Compact d-02K」でどちらにするか迷っていた迷っていた8インチAndroidタブレットだが、現物を触ってみた結果、最終的に「dtab Compact d-02K」の白ロムを購入し、セットアップも完了し使い始めている。

img-product-01.jpg

dtab Compact d-02K | タブレット | 製品 | NTTドコモ

しばらく使ってみたので、まずは簡単にレポートしたい。

20190105_084701240.jpg

まず、ケースをどうするか迷っていたのだが、8インチクラスでは最小の横幅、120mmしかないとはいえ、やはり、7インチクラスに比べればホールドしづらいのは確か。落とす危険性は高くなるため、結局、透明のクリアクッションケース(598円)を、Amazonで購入し取り付けることにした。

20190105_084856725.jpg

重さは、ケースを使うと330gぐらいになり、やっぱり7インチタブレットに比べると、長時間左手で持っていると疲れてくるが、安全性とのトレードオフで仕方ないところか。

メモリカードは、新たに購入した400GBmicroのSDXCカードを差して内部ストレージ化して使おうとしたが、この機種、Adaptive Storage機能は隠されていて、内部メモリ化はできないらしい。
ドコモ向けにカスタマイズされた端末では、よくあることだ。

続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ドコモ「dtab Compact d-02K」のセットアップ [タブレット端末]

20181222_214350902.jpg

dtab Compact d-02K | タブレット | 製品 | NTTドコモ

新たな電子書籍リーダー用に購入したAndroidタブレット「dtab Compact d-02K」の白ロムが、届いた。

20181222_214449191.jpg

状態は非常によく、新品同様と言っていいい。おそらく、ドコモユーザーがタダ同然でもらえたものが、横流しされたものだと思われる。
私の場合、SIMカードは差す予定がないので、どうでもいいことだ。

本体以外の付属品は、自立スタンド、SIMカードスロットのイジェクトピン、クイックスタートガイドのみ。充電器やUSB Type-Cケーブルは付属しない。

左手で持ってみると、さすが横幅120mmだと余裕でホールドできる。重さも7インチクラスに比べれば、50g以上重いが、それは画面の見やすさとトレードオフといったところか。

セットアップは、いつもの通り。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

結局ドコモ「dtab Compact d-02K」の白ロムを購入 [タブレット端末]

新たな電子書籍リーダー用に、レノボ「TAB4 8 Plus」とNTTドコモ「dtab Compact d-02K」でどちらにするか迷っていた迷っていた8インチAndroidタブレットだが、現物を触ってみた結果、最終的に「dtab Compact d-02K」の白ロムを購入した。

img-product-01.jpg

dtab Compact d-02K | タブレット | 製品 | NTTドコモ

「dtab Compact d-02K」は、ファーウェイ製だが、ワールドワイドモデルとは異なるドコモ独自スペックの端末。
ディスプレイは、8.0インチのWUXGA(1920x1200ピクセル)で、これは「TAB4 8 Plus」と同じ。
「TAB4 8 Plus」との一番の違いは、IPX5/IPX7準拠の防水性能、IPX4準拠の防塵性能を持つことで、それでいながら、サイズが209x120x8mmで、重さも309gだという。
横幅120mmは、8インチクラスでは最狭クラスで、123mmの「TAB4 8 Plus」より勝り、重さは300gの「TAB4 8 Plus」のほうが軽いが、防水、防塵であることを考えれば、+9gの差はかなり健闘している。

しかも、実際に現物を触ってみたら、細部の造りの差に大きな違いがあることが判明。

「TAB4 8 Plus」のボタンは側面にあり、電源ボタンが指紋センサーを兼ねるが、まず、本体を左手でホールドすると、電源ボタンに薬指が触ってしまいがちで、無意識に電源ボタンの長押しでシャットダウンしてしまうことがあった。
しかも、この電源ボタンの指紋センサー、小さいせいもあってか、非常に認識精度が悪く感じた。
最近は、どこの製品も指紋センサーの精度も認識速度も上がった印象があったのだが、これは4~5年前のレベルではないか。
非常にストレスがたまる。

続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

電子書籍リーダーに適した激安8インチタブレット [タブレット端末]

電子書籍リーダー専用に8インチタブレットが欲しいが、あまりお金を掛けたくない、という人もいるだろう。

そこで、8インチタブレットを調べる中で、中古で1万円前後で手に入る手頃な製品がいくつあるため、ご紹介しておきたい。

mv_01_01.png

MediaPad M3 Lite s | タブレット | 製品情報 | モバイル | ソフトバンク

一つは、以前にご紹介したファーウェイの「MediaPad M3 Lite s」。
8インチで解像度も1,920x1,200ピクセルのディスプレイを搭載し、SoCはミッドレンジの「Snapdragon435」で、バッテリー容量は4,650mAhと十分な容量。
RAMは2GBしか搭載しないが、同時に電子書籍アプリを一つしか起動しないなら、これでも十分。
本体サイズが、213.4x123.4x7.7mmで、325gと、横幅や重さもなかなかのハイレベル。
内蔵ストレージは16GBはしかないが、OSがAndroid 7.0で、microSDカードを内部ストレージ化できるため、それである程度カバーできるだろう。
中古市場にも大量に出回っておりその分、1万円台前半で買えるにしては、かなりいいスペックの8インチタブレットだと思う。

続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ドコモのAndroidタブレット「dtab compact d-01J/d-02K」 [タブレット端末]

31qUtMoOmvL._SX355_.jpg

HUAWEI MediaPad M3 | PC & タブレット | ファーウェイ・グローバル

ドコモで販売されているAndroidタブレット「dtab compact d-01J」が、ファーウェイの「MediaPad M3」と同じだよ、という情報を知り、調べてみた。

dtab Compact d-01J | PC & タブレット | ファーウェイ・グローバル

確かに、スペックは似ているが、微妙に違う部分があり、全く同じだとは言えない。
ディスプレイは同じで、約8.4インチの2560x1600ピクセル(WQXGA)。

ところが、「MediaPad M3」の215.5x124.2x7.3mmに対し、「dtab Compact d-01J」の216x124x7.3mmは、有効桁数の違いかな、とも思えるが、「MediaPad M3」の310gに対し、「dtab Compact d-01J」の325gは誤差とは言えない違いがある。

SoCが、Hisilicon Kirin 950 オクタコアなのは同じだが、RAMも4GBから3GBに、内部ストレージは32/64GBから16GBに減っている。
バッテリー容量も、5100mAhから4980mAhに若干減っており、この辺はおそらく価格を下げるためのスペックダウンなのだろう。

OSはAndroid 6.0で、その後、Android 7.0にアップグレードされている。

それ以外のスペックは、「MediaPad M3」と同等と見てよく、それでいて、状態のいい中古が、1万円台前半で手に入るため、お得度は高いかもしれない。ただ、重さが、325gというのはやはり気になる。

それよりは、その後続モデルである「dtab Compact d-02K」の方に興味が湧いた。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の5件 | - タブレット端末 ブログトップ