So-net無料ブログ作成

スマートフォン ブログトップ
前の5件 | -

Anica「K-TOUCH i9」にRAM3GB/ROM32GBモデル登場 [スマートフォン]

07a570edf6edb8a5691274d56a4a0eb7.jpg

何度かご紹介した超小型スマホAnica「K-TOUCH i9」は、3月出荷開始とのことだが、出荷を前に、AliExpressでは、RAMを2GBから3GBに強化、内蔵ストレージを16GBから32GBに強化したバリエーションモデルが、AliExpressの一部のお店で販売し始めていることが分かった。

「K-TOUCH i9」vs.「SOYES XS」で比較表を作り直し:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ

RAM3GB/ROM32GBモデルの存在は、以前からAliExpressの販売サイトので説明画像の中に書かれてはいたのだが、実際に、販売されるようになったのは、つい最近のようだ。

メモリ容量以外のスペックの違いはなく、価格はお店によって違うが、RAM2GB/ROM16GBモデルが99.99ドルだとすると、RAM3GB/ROM32GBモデルは119.99ドルという感じで、20ドルアップとなっている。

「K-TOUCH i9」はメモリを食いがちなAndroid 8.1を搭載しているし、この価格差なら、ケチらずRAM3GB/ROM32GBモデルを買んだ方が長く使えると思う。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「Soyes XS」の詳しい仕様が分かってきた [スマートフォン]


超小型スマホ「K-TOUCH i9」はまだ未発売で、実際に手に入れた人がいないところに、一方で、「Soyes XS」の方は実際に買って、自宅に届き、触り始めている人が増えているようだ。

特に、次のTimekillerさんのブログが最も詳しく、とても参考になったので、以前掲載した「K-TOUCH i9」vs.「Soyes XS」の比較表も更新しておいたので、ご覧頂きたい。

超小型スマートフォンSoyes XSの輸送状況 | Timekillerのブログ

超小型スマートフォンSoyes XSが入着ー初期設定ー | Timekillerのブログ

超小型スマートフォンSoyes XSーアプリ使用感ー | Timekillerのブログ

超小型スマートフォンSoyes XSーカメラ機能ー | Timekillerのブログ

超小型スマートフォンSoyes XSーその他ー | Timekillerのブログ

いくつか気になるポイントをピックアップしておきたい。

・ACアダプタは付属し、送られてきた商品では、日本/US仕様だった
・OSはAndroid 7.0ではなくAndroid 6.0だった(販売元に確認すると中国向けモデルは7.0だが、海外向けは6.0とのこと)
・海外向けが7.0にアップグレードされたら、販売元からアナウンスするとのこと
・アプリはほとんど動くが、銀行系アプリで動かないものや、動作は問題ないが、バーコードが画面をはみ出して使えないアプリがあった
・バッテリーの持ちは、4G環境下で持ち歩き、たまにカメラやアプリを使う使い方で3~4時間ぐらい
・別の情報によれば、公称1,580mAhの実際のバッテリ容量は、860mAhしかなかったらしい
・無線LANの設定画面を見る限り、Wi-Fiは、2.4GHz帯のみ対応

送られてきたACアダプタやOSバージョンの話を聞く限り、どうやら、「Soyes XS」を海外から注文すると、基本、中国国内向けではなく、US向けにパッケージされたモデルが送られてくるみたい。

一方、「K-TOUCH i9」の方は、出荷は3月とのことで、まだ手元に届いている人はいないようだ。今のところ購入者のレビューを発見することができない。

私的にも、「K-TOUCH i9」の評価次第では、買ってもいいかな、と思っており、レビューを心待ちしているが、それでも踏み切れないところがある。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

512GBのmicroSDXCカードに値ごろ感が出てきた [スマートフォン]

大容量microSDXCカードの価格動向:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ

2018年10月頃に、大容量のmicroSDXCカードの価格動向を調べた時には、400GBのmicroSDXCカードが、サンディスクやサムスンブランドでも、1.2万円程度に下がってきていて、ずいぶん値ごろ感が出ていた一方、512GBのmicroSDXCカードは、底値でも3万円以上して、まだ手が出る値段ではなかったことをレポートした。

今の時点で、あらためて価格をチェックしてみたら、400GBは1,000円ぐらいしか下がっていないのに対し、512GBのmicroSDXCカードは大幅に値段が下がっていて、ずいぶん値ごろ感が出てきたことが分かった。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

512GB microSDXCカード マイクロSD Samsung サムスン E...
価格:15000円(税込、送料無料) (2019/2/14時点)


例えば、楽天市場の風見鶏では、サムスンの「EVO Plus Class10 UHS-1 U3」シリーズの512GB microSDXCカードが、税込15,000円で買えるようだ。ポイント還元などのセールを併用すれば、さらにお得だ。

トップブランドで、この値段なら、二流ブランドなら、もう少し安いだろうと探したら、


Amazonで、Lexarブランドの512GB microSDXCカードが、税込13,699円(送料無料)で買えるらしい。

さらに探すと、あきばお~では、

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「Palm Phone」は一応汎用的に使えるみたい [スマートフォン]

20180907npalm.jpg

「Palm Phone」正式発表。3.3インチサイズの小型Androidスマートフォン - Engadget 日本版

超小型スマホ「Palm Phone」が、ベライゾンから発売されたことは以前から知っていて、サイズや重さもちょうどいいし、その割にディスプレイもHD解像度があるということで、興味を惹いた。

Palm PVG100(Pepito)のスペックが気になる:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ

私も、このブログで一度取り上げたのだが、その時の情報では、米キャリアのベライゾンのスマートフォンとペアで使用し、番号共有サービス「NumberShare」を利用して、電話機として使えるが、他社のSIMは差せないということだったので、完全に興味を失っていた。

手のひらサイズのミニスマホ「Palm」をアメリカで買ってみた - Engadget 日本版

ところが、コメントで教えて頂いたのだが、最近上がったこちらのレビューによれば、ベライゾンユーザーでなくても買えなくはなく、しかも、他社のSIMカードを差して使うこともできるし、もちろんWi-Fiのみで運用することもできるらしい。

となると、がぜん興味が湧いてくるので、スペックを再確認してみよう。

続きを読む


nice!(1)  コメント(1) 
共通テーマ:日記・雑感
前の5件 | - スマートフォン ブログトップ