So-net無料ブログ作成

UMPCを以前から探しているのだが [パソコン]

最新のUMPC(超小型PC)のスペック比較【GPD Pocket2/OneMix 2S/GPD Pocket2 Amber Black】

パソコンの一ジャンルとして、UMPC(Ultra Mini PC)と呼ばれる超小型PCの歴史が連綿とあるのだが、そのUMPCが最近再び盛り上がりつつあり、「GPD Pocket2」「OneMix 2S」などが、一部で話題を呼んでいる。

これらのPCの特徴は、キーボードはタッチタイピングが可能なキーピッチやストロークを確保しながら、折り畳んだ時のパソコンの投影面積は、ほぼキーボードサイズしかないこと。

ピュアタブレットなどとは違い、気軽に持ち歩きできながら、文字入力はストレスなくできるということで、文章入力に特化したPCとして、作家や記者、学者、エンジニアなど、仕事で常に文字入力が必要な人間には一定の人気がある。

私自身も、ブログを書くのに、もうちょっと大きなノートパソコンを持ち歩いているが、できれば、このようなUMPCが欲しいと思って、常にチェックしているが、なかなか「これだ!」と思える製品がない。

最近人気の「GPD Pocket2」「OneMix 2S」ももちろんチェックしたのだが、英語キーボードしか用意されておらず、しかも、英語キーボードとしてみても、キー配列がかなり特殊で、買うまでには至っていない。

英語キーボード自体は、私も慣れれば使えるのだが、仕事場では日本語キーボードを使わざるを得ないし、家の他のパソコンも日本語キーボードなので、その中で、並行して英語キーボードを使うのはつらい。
どうしても、タイプミスが増えてしまい、ストレスが溜まってしまう。

61LDQ7JQEtL._SL1000_.jpg

【Hothotレビュー】Kaby Lake-Y搭載で大きく変わった「GPD Pocket 2」レビュー - PC Watch

個別にみると、「GPD Pocket2」は、約500gという軽さと、1920×1200ピクセルの7インチディスプレイはいいのだが、実際に現物でタイプしてみたら、文字がうまく打てない。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感