So-net無料ブログ作成

ARM版Windows 10端末はどうなったのか? [パソコン]

【イベントレポート】【速報】QualcommとMicrosoftが“Arm版Windows”を正式発表 ~Windows on ArmデバイスはASUSとHPが先行して発売 - PC Watch

クアルコムがWindows 10が搭載可能で、インテルより低消費電力なARM CPUベースのSoCを開発し、マイクロソフトもクアルコムのSoC向けのWindows 10を開発し、しかも、Intel CPU用のプログラムも、支障ない速度で動かすという野心的なプロジェクトを発表したのは、2017年だったが、その後、なかなか前進していないように見える。

2017年の時点では、Snapdragon 835というSoCを搭載した端末が、ASUSとHPから発表され、2018年には一応発売されたようなのだが、ほとんど市場には出回らずに終わった。どうやら、Intelコードのエミュレーションなどで、実用に耐えない部分があったみたいだ。

top2.jpg

【Hothotレビュー】Snapdragon 850搭載のArm版Windows 10 2in1「Yoga C630」の使い勝手を検証 - PC Watch

その後、2019年4月には、Snapdragon 835の後継SoCであるSnapdragon 850を搭載した2in1端末「Yoga C630」が、レボノから発売された。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感