So-net無料ブログ作成

4Kダブル&長時間録画対応「4K DIGA」 [AV機器]

1428407196166.jpg

パナソニック、業界初の4Kダブル&長時間録画に対応したBDレコーダー「4K DIGA」 - AV Watch

2019年7月19日に、パナソニックから発表されたブルーレイレコーダ「4K DIGA」の新製品が、久々に意欲的な新製品でびっくり。

BS4K録画対応のパナソニックレコーダは実売13万円。4K BD-R録画も - AV Watch

BS4Kチューナーを搭載したブルーレイレコーダは、昨年12月に4K BS放送がスタートした時に、「DMR-SUZ2060」が発売されてはいるが、4K BS放送の予約録画機能も、あとからファーム更新で対応するなど、「とりあえず出しました」感がありありだった。

今回発売したのは、ダブル4Kチューナー/4TB HDD搭載「DMR-4W400」とその2TBモデル「DMR-4W200」、シングル4Kチューナー/1TBモデル「DMR-4S100」の3製品で、店頭予想価格は4W400が14万円前後、4W200が11万円前後、4S100が9万円前後だというから、まあ妥当なところ。

そして、今回初代機に比べて大きく変わったのが、初代機が放送をそのままの形で保存するいわゆるDRモードでの録画しかできなかったのに対し、新製品では、新たにH.265/HEVCエンコーダを内蔵し、4K放送番組の長時間録画に対応できるようになった。
上位2モデル(4W400/4W200)は4Kチューナを2基搭載しており、4K放送の2番組同時録画も行なえるという。

ただ、「H.265/HEVCエンコーダ」と書いたが、詳しい説明を読むと、H.265/HEVCで放送された4K放送の、オリジナルの解像度(3,840×2,160)、フレームレート(60p)、ビット数(10bit)、色域(BT.2020)、HDR信号(HLG)を維持したまま、ビットレートを下げデータ量を削減するという。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感