So-net無料ブログ作成

AMDの第3世代Ryzenが引き続きIntelに勝利! [パソコン]

small-v1562528377.png

【特集】第3世代Ryzenが驚異的性能でIntelを圧倒。Ryzen 9 3900X/Ryzen 7 3700Xレビュー - PC Watch

AMDが、7月7日に、PS5でも採用されると噂の「Zen 2」アーキテクチャを採用した7nm世代のCPUである第3世代Ryzenを発売した。

ラインナップについては、6種類が発表されたが、その中で、ハイエンドモデルの「Ryzen 9 3900X」と、Intelの現在のハイエンドモデルである「Core i9-9900K」の対抗馬とみられる「Ryzen 7 3700X」の評価キットが公開されたそうだ。

AMDの第3世代Ryzenは、第2世代同様、CPUダイとI/Oダイのシリコンチップを結線し一つのパッケージに実装する形態をとる。
CPUダイは最先端の7nmプロセスで製造し、I/Oダイは歩留りを重視し12nmプロセスで製造しており、この方式には、それを一つのLSIにまとめられるメリットがある。

CPUダイは、4つのCPUコアと16MBのL3キャッシュで構成されるCCX(Core Complex)が2個で構成されている。「Ryzen 7 3800X」は1個のCPUダイをフル活用して8コア16スレッドを実現し、「Ryzen 9 3900X」は2個のCPUダイから2コアずつ無効化し、12コア24スレッドを実現している。
当然ながら、今後、歩留まりが向上すれば、「Ryzen 9 3900X」を上回る10コア20スレッドのハイエンドモデルが出る可能性はあるのだろう。

続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感