So-net無料ブログ作成

高齢者も安心して車が使える社会への提言 [乗り物]

相次ぐ交通事故、高齢者は車の運転免許証を返納すべきなのか | ニュース3面鏡 | ダイヤモンド・オンライン

高齢者による交通事故は、被害者も加害者も悲惨だ。

加害者も一生後悔するだろうが、後悔したって残りの一生は短く、残された被害者は、その後の長い人生、苦悩の毎日を過ごすことになる。

ただ、高齢者から運転免許を取り上げるだけでは、問題は解決しないのも確か。
特に、公共交通機関がない田舎では、高齢者から車を取り上げたら、飢え死にしてしまいかねない。
地方自治体が、乗り合いバスなどを運営して、そうした問題に対策しているケースはあるが、それも、ある程度の人口密度があってできること。
これから、地方の過疎化がさらに進み、限界集落が増えれば、お金のない地方自治体は破たんしてしまうだろう。

それを解決するために、限界集落に住む人たちに、街の中心地に引っ越してもらうコンパクトシティも、一つの解決案として考えられているが、これも簡単ではない。

故郷で一人暮らしをしていた自分の母親に、一緒に住もうと、何度も提案したのだが、頑として拒絶された。
周りのお友達と離れたくないし、今の家から離れたくないというのだ。
結局、痴ほう症の症状が出始め、一人で暮らせなくなったのに嫌がる母親を、無理やり我が家に連れてきたが、結局、そこからは長くはなかった。
年を取ると、本当に、新しい環境はストレスでしかなく、自分の環境を変えたくなくなるみたいだった。

car_driving_old_woman.png

高齢者専用の運転免許創設 安全機能付き車に限定  :日本経済新聞

なので、政府が、運転免許の返納を促すだけでなく、自動ブレーキなど安全機能がついた車種のみ運転できる、高齢ドライバー専用の新しい運転免許をつくる方針を打ち出したのは、絶対に必要な方向性だとは思う。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感