So-net無料ブログ作成

Amazonもディスプレイ付き「Echo Show 5」を発売 [AV機器]

51eKAZbhzyL._SL1000_.jpg

ディスプレイ付き「Amazon Echo Show 5」“声+タッチ”の快適さ - AV Watch

Googleの「Google Nest Hub」に続いて、Amazonもディスプレイ付きスマートスピーカーの新製品「Echo Show 5」を、2019年6月26日から発売するそうだ。既に予約販売は受付中で、価格も「Google Nest Hub」よりさらに安い9,980円(税込)と、攻めた設定となっている。

もちろん「Google Nest Hub」とは、ディスプレイサイズも違い5.5型/960×480ドットと小さく、それに伴い本体サイズも小さい。

画面だけ見ると、スマホサイズだが、スタンド部分に大きなスピーカーを内蔵しており、音質面(特に低音)ではスマホに圧倒的な差があるだろう。

「Google Nest Hub」と比べても、画面サイズは負けるが、「Google Nest Hub」にないカメラが付いており、テレビ電話機能が利用できるし、気になるなら、物理的な蓋を閉じて使えないようにもできる。

基本的な操作は、Alexaによる音声認識を使うが、その結果や選択肢として、ディスプレイを使い、タッチ操作も可能になっており、操作が分かりやすくなったのは、「Google Nest Hub」と似ている。

スマホと違うのは、電源ボタンを押して、ロックを解除するような操作をしなくても、端末の目の前に立ち、音声で命令すれば、ディスプレイも自動的にオンになり、使い始められること。

アマゾンプライム会員であれば、届いた時点でAmazonの会員IDが設定されているため、家のWi-Fiへの接続だけ設定すれば、Amazon Prime MusicやAmazon Prime Photo、Ammazon Prime Videoといったサービスが、直ちに使えるのも、アマゾンならではだ。

いずれのサービスも、「Echo Show 5」本体で再生が可能だが、Fire TVシリーズを持っていれば、それにキャストして映画を大画面で見ることもできる。
逆に、「Echo Show 5」をスマホとBuletooth接続して、Bluetoothスピーカーとして使うこともできる。

一点残念なのは、YouTube動画の音声検索が、ディスプレイなしのEchoだとできるのに、この端末だと、ディスプレイがあるせいで、Googleとの問題がまだ解消していないらしく、SilkブラウザのYouTubeサイトが立ち上がるだけで、音声検索ができないこと。
早く解決しないかな。

家電制御を行うスマートホーム設定画面も一新され、スマホなしでも本体画面で細かな設定が行えるようになり、テレビや、ルンバの操作も可能。

また、新機能として、複数のAlexa搭載デバイスに、「起きて」や「ご飯ができたよ」といったメッセージを一斉に通知できる「アナウンス機能」が追加されたという。家の中の子機通話や、インターホン機能みたいなものだな。

料理レシピのスキルも、画面に表示されるので、分かりやすくなるので、キッチンに置くにもよさそうだ(防水、防塵でないのが耐久性の上で気になるが)。

我が家では、現在、リビングダイニングでは家族全員がGoogle Homeを使っており、Amazon Echoは、細々と私のみ寝室で使っているだけ。

Amazon Echoは、音声認識能力が劣るうえに、マルチユーザー対応してないことが主な理由なのだが、キッチンカウンターに置いて、ほぼ奥さん用に使うなら、「Echo Show 5」は悪くないな、という気がしている。
COOKPADなどのレシピを見るのにいいし、未だにradikoのエリアフリー機能が使えるのはAmazon Echoシリーズだけなので、キッチンで大阪局の阪神戦を聴きたい奥さんにはぴったりだ。

予約をしてまで今すぐ買う気はないのだが、Amazonの商品券が貯まったら、今後買うかもしれない。

関連記事:
スマートスピーカーのお買い得セールをご紹介:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ



ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感