So-net無料ブログ作成

住宅用火災警報器の電池を交換しようとしたが [住宅]

IMAG0627.jpg

住宅用火災警報器交換のすすめ | 一般社団法人 日本火災報知機工業会

一般家庭に住宅用火災警報器を取り付けることが、条例で義務付けたので、我が家では、2008年年6月1日に取り付けたのだが、既に設置から10年が経過していることに気付いた。

住宅用火災警報器の電池の寿命は10年程度と書かれており、そろそろ電池が切れる頃だ。
一応、動作テストをしてみたところ、アラームが鳴り、正常に動作しているようだ。

なお、マニュアルによれば、この動作テスト、煙、または、熱のセンサーの動作チェックも行うらしい。
どの程度、実環境に近いテストなのかは、詳しい説明がないのでわからないが、単なる電池切れしていないかだけをチェックするだけではいようで、一応、動作テストでOKであれば、センサーも正常動作しているとみていいらしい。

ただ、このまま放置しておいて、肝心の時に電池切れで動作しなかったら最悪なので、まとめて電池交換することにしよう。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感