So-net無料ブログ作成

高齢者も安心して車が使える社会への提言 [乗り物]

相次ぐ交通事故、高齢者は車の運転免許証を返納すべきなのか | ニュース3面鏡 | ダイヤモンド・オンライン

高齢者による交通事故は、被害者も加害者も悲惨だ。

加害者も一生後悔するだろうが、後悔したって残りの一生は短く、残された被害者は、その後の長い人生、苦悩の毎日を過ごすことになる。

ただ、高齢者から運転免許を取り上げるだけでは、問題は解決しないのも確か。
特に、公共交通機関がない田舎では、高齢者から車を取り上げたら、飢え死にしてしまいかねない。
地方自治体が、乗り合いバスなどを運営して、そうした問題に対策しているケースはあるが、それも、ある程度の人口密度があってできること。
これから、地方の過疎化がさらに進み、限界集落が増えれば、お金のない地方自治体は破たんしてしまうだろう。

それを解決するために、限界集落に住む人たちに、街の中心地に引っ越してもらうコンパクトシティも、一つの解決案として考えられているが、これも簡単ではない。

故郷で一人暮らしをしていた自分の母親に、一緒に住もうと、何度も提案したのだが、頑として拒絶された。
周りのお友達と離れたくないし、今の家から離れたくないというのだ。
結局、痴ほう症の症状が出始め、一人で暮らせなくなったのに嫌がる母親を、無理やり我が家に連れてきたが、結局、そこからは長くはなかった。
年を取ると、本当に、新しい環境はストレスでしかなく、自分の環境を変えたくなくなるみたいだった。

car_driving_old_woman.png

高齢者専用の運転免許創設 安全機能付き車に限定  :日本経済新聞

なので、政府が、運転免許の返納を促すだけでなく、自動ブレーキなど安全機能がついた車種のみ運転できる、高齢ドライバー専用の新しい運転免許をつくる方針を打ち出したのは、絶対に必要な方向性だとは思う。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ガス衣類乾燥機「乾太くん」を購入 [白物家電]

現在使用している電気式のドラム型衣類乾燥機は、ニッチな存在で、新モデルもなかなか出ず、出ても画期的な機能はなく、10年ぐらいほとんど進歩がない状態だ。

先日も、故障したのを、自分でパーツを交換して、使い続けているのだが、元々中古で買ったものだし、最近、乾き自体が悪くなりつつあって、寿命かもしれない。

前回故障した時も、次に買うなら、ドラム式のガス衣類乾燥機「乾太くん」にしたいと、書いた。

親の家でも使っていたが、電気式の乾燥機に比べて、圧倒的に乾きが早いし、シワも少なく、悪い点がなかったからだ。

本体も工事費もお金がかかり、おおよそ15万円ぐらいかかるのが一番の障壁なのだが、どこかで本体を安くで買えれば、設置工事だけガス工事の業者さんに頼めば、本体代金+5~6万円ぐらいで、「乾太くん」に替えられそうなので、ヤフオクやネットフリマで、「乾太くん」の出物がないか、ずっとチェックはしていた。

すると、先日、リンナイの「乾太くん」が、続々と、数千円という開始価格で出品され始めたのに気付いた。
出品していたのは個人ではなく業者さんで、美品で付属品もすべてあり、全く同じモデルだけが続けて10台以上出品され続けるという、ガス衣類乾燥機としては珍しい事態となった。

写真や説明を見ても未使用中古みたいで、製品自体は、2015年製で、モデルも今は製造中止の古い型なので、どうやらデッドストックの放出に見える。

大量に出品されれば、落札価格も低くなるはずと思って、しばらく見ていて、結局2万円ほどで落札することができた。
送料もかかるので、2.5万円ぐらいかかったが、それでもお買い得だと思う。

41jbzTEmXML.jpg

続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

スマホ「AQUOS Xx3 mini(603SH)」への乗り換え完了 [スマートフォン]

IMAG0687.jpg

ソフトバンクのHTC U11は、ケースのフックが壊れて、落としてしまい、さらにカバーガラスの破損個所が増えてしまい、いよいよ使い続けるのには厳しくなったため、先週末、白ロムで購入してあったスマホ「AQUOS Xx3 mini(603SH)」への環境移行を行った。

OSアップデート|AQUOS Xx3サポート情報|サポート|AQUOS:シャープ

まずは、その前に、6月3日にファーム更新も来ていたので、早速アップデートすると、OSが、Android 8.0(Oreo)となった。
元々、Android 6.0で発売された製品なので、2度のメジャーアップデートは有難い。

AQUOS Xx3 mini | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク

環境移行の手順は、こちらの手順に従ったが、これでも、アプリの設定は個別に行うしかなく、とりあえず、LINEは設定した。

Screenshot_20190625-102857.png

参ったのは、必要なアプリをインストールしただけで、内部ストレージが満杯になったこと。
HTC U11で使っていないアプリは省いたにもかかわらず、元々、603SHの内部ストレージは16GBしかないので、ほとんど残容量がゼロの状態となってしまった。

これでは、アプリの更新さえうまくいかなくなるので、内部ストレージの拡大をする必要があるだろう、ということで、HTC U11で使っていた256GBのmicroSDXCカードを差して、内部ストレージ化することに。

続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

AV1コーデックってそんなに凄いのか!? [AV機器]

H.265/HEVC特許暗黒時代 - Qiita

最新の動画コーデックというと、H.265/HEVCが有名で、世界中の技術者が英知を集めて作っただけに、圧縮率が高く、特に、4K/HDRの映像配信などでよく使われているのだが、H.265/HEVCコーデックを使用したければ、少なくとも4つの特許プール・企業と個別に契約し、それぞれに対して特許使用料を支払う必要があるそうで、大変面倒な技術となっているらしい。

そこで、最近、ロイヤリティフリーで使えるという「AV1」という動画コーデックが注目されているみたい。

av1-logo-678_678x452.png

AV1コーデックの圧縮率がすごい?H.264もHEVCもVP9も不要に?

AV1は、Googleの策定したロイヤリティーフリーのコーデックVP9をベースに、圧縮効率を高めたものらしく、AV1の圧縮効率はH.265/HEVCよりも高いという。

それでいて、ロイヤリティーフリーで使えるということから、すでにGoogle、Apple、Amazon、Microsoft、Netflix、Hulu、Nvidiaなどの主要企業が支持を表明しているそうだ。

Firefox 67には次世代コーデック「AV1」の世界最速デコーダーが採用されている - GIGAZINE

Windows 10で「AV1」動画を再生可能にするメディア拡張機能「AV1 Video Extension」【レビュー】 - 窓の杜

最近でも、Windows 10やFirefoxにAV1コーデックが組み込まれたりと、積極的に採用する動きが目につく。

ただ、Googleが、VP9を発表した時も、H.264/AVCとそん色ない画質だと言っていたが、そのGoogleが公開したサンプルを見る限り、明らかにH.264/AVCより画質が劣っていたことがあり、AV1に関しても、簡単にGoogleの言うことを信用できない自分がいる。

続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

Amazonもディスプレイ付き「Echo Show 5」を発売 [AV機器]

51eKAZbhzyL._SL1000_.jpg

ディスプレイ付き「Amazon Echo Show 5」“声+タッチ”の快適さ - AV Watch

Googleの「Google Nest Hub」に続いて、Amazonもディスプレイ付きスマートスピーカーの新製品「Echo Show 5」を、2019年6月26日から発売するそうだ。既に予約販売は受付中で、価格も「Google Nest Hub」よりさらに安い9,980円(税込)と、攻めた設定となっている。

もちろん「Google Nest Hub」とは、ディスプレイサイズも違い5.5型/960×480ドットと小さく、それに伴い本体サイズも小さい。

画面だけ見ると、スマホサイズだが、スタンド部分に大きなスピーカーを内蔵しており、音質面(特に低音)ではスマホに圧倒的な差があるだろう。

「Google Nest Hub」と比べても、画面サイズは負けるが、「Google Nest Hub」にないカメラが付いており、テレビ電話機能が利用できるし、気になるなら、物理的な蓋を閉じて使えないようにもできる。

基本的な操作は、Alexaによる音声認識を使うが、その結果や選択肢として、ディスプレイを使い、タッチ操作も可能になっており、操作が分かりやすくなったのは、「Google Nest Hub」と似ている。

スマホと違うのは、電源ボタンを押して、ロックを解除するような操作をしなくても、端末の目の前に立ち、音声で命令すれば、ディスプレイも自動的にオンになり、使い始められること。

アマゾンプライム会員であれば、届いた時点でAmazonの会員IDが設定されているため、家のWi-Fiへの接続だけ設定すれば、Amazon Prime MusicやAmazon Prime Photo、Ammazon Prime Videoといったサービスが、直ちに使えるのも、アマゾンならではだ。

いずれのサービスも、「Echo Show 5」本体で再生が可能だが、Fire TVシリーズを持っていれば、それにキャストして映画を大画面で見ることもできる。
逆に、「Echo Show 5」をスマホとBuletooth接続して、Bluetoothスピーカーとして使うこともできる。

一点残念なのは、YouTube動画の音声検索が、ディスプレイなしのEchoだとできるのに、この端末だと、ディスプレイがあるせいで、Googleとの問題がまだ解消していないらしく、SilkブラウザのYouTubeサイトが立ち上がるだけで、音声検索ができないこと。
早く解決しないかな。

家電制御を行うスマートホーム設定画面も一新され、スマホなしでも本体画面で細かな設定が行えるようになり、テレビや、ルンバの操作も可能。

また、新機能として、複数のAlexa搭載デバイスに、「起きて」や「ご飯ができたよ」といったメッセージを一斉に通知できる「アナウンス機能」が追加されたという。家の中の子機通話や、インターホン機能みたいなものだな。

料理レシピのスキルも、画面に表示されるので、分かりやすくなるので、キッチンに置くにもよさそうだ(防水、防塵でないのが耐久性の上で気になるが)。

我が家では、現在、リビングダイニングでは家族全員がGoogle Homeを使っており、Amazon Echoは、細々と私のみ寝室で使っているだけ。

Amazon Echoは、音声認識能力が劣るうえに、マルチユーザー対応してないことが主な理由なのだが、キッチンカウンターに置いて、ほぼ奥さん用に使うなら、「Echo Show 5」は悪くないな、という気がしている。
COOKPADなどのレシピを見るのにいいし、未だにradikoのエリアフリー機能が使えるのはAmazon Echoシリーズだけなので、キッチンで大阪局の阪神戦を聴きたい奥さんにはぴったりだ。

予約をしてまで今すぐ買う気はないのだが、Amazonの商品券が貯まったら、今後買うかもしれない。

関連記事:
スマートスピーカーのお買い得セールをご紹介:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ



ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感