So-net無料ブログ作成

中国の高速鉄道は大赤字らしい [乗り物]

中国に金融不安はありうるか 政府主導で当面回避。しかし、中長期的なリスクは蓄積 | 金融テーマ解説 | マネークリップ - 今日の投資に効くメディア | マネックス証券

中国の景気が悪い。原因としては、米国との貿易戦争や、不動産バブルの崩壊などが挙げられているが、

450px-Rail_map_of_PRC.svg.png

中国で高速鉄道増えすぎ、輸送密度低く債務は85兆円|NEWSポストセブン

2007年から整備を始めた高速鉄道も酷い状況らしい。

中華人民共和国の高速鉄道 - Wikipedia

日本だと、長年かかってようやく北海道から九州までつながったというのに、たった10年あまりで、広大な中国の国土に、あっという間に高速鉄道を整備したのだから、恐れ入る。

営業距離は2万9000キロに達するそうだが、国策で採算度外視で整備を進めたため、大半は不採算路線で、利益が出ている路線は北京―上海間や北京―広州間などごくわずからしい。

中国の輸送密度は最も高い北京・上海高速鉄道でも、日本の東海道新幹線と比べると、ほぼ2分の1強でしかなく、甘粛省蘭州市と新疆ウイグル自治区ウルムチ市を結ぶ蘭州・ウルムチ高速鉄道は、毎日4往復しか運航していないというから、採算が合う訳がない。

続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感