So-net無料ブログ作成

「Soyes XS」のバッテリーの持ちが思ったよりいい [スマートフォン]

511wtR+AzaL._SX569_.jpg

「Soyes XS」のバッテリーの実用量は860mAhだということが判明していたので、バッテリーの持ちには不安を持っていたのだが、実際に使い始めてみて、思ったより悪くないことの気付いた。
しかも、この製品、残量が1~2%になってからの粘りが凄いのだ。

resistanceImg01.jpg

リチウムイオン電池の内部抵抗分離解析|株式会社コベルコ科研

リチウムイオンバッテリーの放電特性は、残量が減るにつれ、なだらかに電圧が低下するが、残量が10%を切るあたりから急激に電圧が低下する。

中華端末の場合、単純にこの電圧低下を検知して残量を表示しているケースも多いらしく、バッテリーが10~20%ぐらいまで減ってから、急激に残量の減りが早くなり、予想外に早くバッテリーが切れる端末が多い。

ちゃんとしたメーカーであれば、放電特性の非線形性に対して補正を施して、バッテリーの残量がリニアに減っているかのように感じるよう%表示を行っているし、アップルやレノボなどの一流メーカーだと、さらにバッテリーの個体差や、放充電回数に応じて寿命が短くなる症状などを学習して、補正係数をさらに補正して、バッテリーの寿命が短くなっても、正しいバッテリー残量表示を行っている。

続きを読む


nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感