So-net無料ブログ作成

「K-TOUCH i9」は「Melrose 2019」と別物? [スマートフォン]

07a570edf6edb8a5691274d56a4a0eb7.jpg

3.5インチ小型スマホ「K-TOUCH i9」 - ヴェルテ

Anicaというメーカーから「K-TOUCH i9」という超小型スマホが発売されたのだが、パッと見に800x340ピクセルの超縦長画面や曲面フロントガラスのデザインが「Melrose 2019」にそっくりで、どうせ同一スペックのOEM製品だろうと思っていたのだが、詳しいスペックを見比べると、何か違う。
それを明確にするために、比較表を起こしてみた。

比較項目 Melrose 2019 K-TOUCH i9
メーカー Melrose Anica
サイズ 100(H)x45(W)x8.8(D)mm 101.6(H)x44(W)x8.1(D)mm
重量 (不明) 90g
カラー ブラック/ホワイト/ブルー ブラック/ホワイト/ブルー
/グリーン/イエロー
画面サイズ 3.4インチ 3.5インチ
画面解像度 800x340ピクセル 800x340ピクセル
バッテリー容量 2,000mAh 2,000mAh
SoC MediaTek MT6739V/WA(Quad Core,CortexA53 1.28GHz) MediaTek MT6739(Quad Core, 2.4GHz, 詳細不明)
RAM容量 1GB 2GB
内蔵ストレージ容量 8GB 16GB
microSDカードスロット ○(SIMカードとの2択) ○(SIMカードとの2択)
モバイル通信対応 GSM/WCDMA/LTE対応(4G
B1/B3/B38/B39/B40/B41)
GSM/WCDMA/LTE対応
(詳細不明)
SIMカード対応 DSDS(nanoSIMx2) DSDS
(nanoSIM+microSIM)
Wi-Fi ○(詳細不明) ○(詳細不明)
Bluetooth ○(詳細不明) ○(詳細不明)
防水・防塵仕様 × ×
指紋センサー ○(なしモデルもあり) ×
Face ID(顔認証) ×
リアカメラ 500万画素 800万画素
フロントカメラ 200万画素 500万画素
フラッシュ ○(リア) ○?(リア)
GPS
Gセンサー (不明)
光センサー (不明)
近接センサー (不明)
FMラジオ ○(日本バンド対応不明) (不明)
ヘッドホン端子 (不明) (不明)
充電・通信インタフェース micro USB USB Type-C ?
ストラップホール (不明) (不明)
付属品 (不明) 充電ケーブル, 保護フィルム,
ケース, SIMイジェクトピン
OS Android 8.1 Android 8.1
日本語対応
Google Play対応 × ×
実売価格(1/末) 68ドル台(AliExpress) 88ドル台(AliExpress)

続きを読む


nice!(2)  コメント(2) 

6インチスマホ「MAZE Alpha」をカスタマイズ [スマートフォン]


6インチスマホ「MAZE Alpha」を、街歩きの際、Goolgeマップや徒歩ナビを表示するために、持ち歩いていることを以前書いたが、その後も毎週末のように持ち歩いている。

タブレット端末よりは一回り小さいので、歩きながら左手で持ちやすいし、一日持ち歩いていても疲れない。
その上、家に帰るまでバッテリーが確実に持つのだから、文句なし!と言いたいところだが、実は3点ほど細かな不満があった。

1.画素密度が高過ぎる
まず気になっているのが、どうも画面の画素密度設定が高すぎるらしく、Goolgeマップなどを表示していても、小さなサイズのスマホをそのまま拡大したような表示になること。

Screenshot_20190118-210647.png

文字や道路の幅が大きくなりすぎる上に、地図の表示範囲が広くなった感じがせず、大画面スマホのメリットが出ないのだ。

ADBコマンドでDPIを変更-KIWAMIのデカすぎる表示を小さく、領域を広くする | orefolder.net

これについては、パソコンにUSB接続し、adbコマンドでdpi値を変更することで、改善できる筈だが、

MAZE Alphaのレビュー | ガジェットファン

レビュー記事を読んでいたら、この機種に関しては、パソコンにつながなくても、ディスプレイの設定と、開発オプションで、かなり細かくDPI値や文字サイズを変更できることが判明。

Screenshot_20190129-210946.png

いろいろ設定を試してみたところ、開発オプションで、最小幅が360dpになっているのを、480dpに変更した上で、

Screenshot_20190129-211015.png

フォントサイズは「デフォルトサイズ」に設定すると、

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 

Boyue社の「Likebook Mars」のその後 [電子書籍]

20181023140247_38559.jpg

Boyue社の6.8インチE-inkディスプレイ搭載のAndroidタブレット「Likebook Mars」を、電子書籍リーダーとして使っていて、その後、カスタマイズした点、気になった点などをメモしておきたい。

Boyue Likebook Mars / Icarus Illumina XL6 ハンズオンレビュー オクタコアAndroid電子リーダー ? E-INK EYE STRAIN TREATMENT

・128GBのmicroSDカードを内部ストレージ化
microSDカードスロットにストックにあった128GBのmicroSDXCカードを差してみたが、FAT32でフォーマットされたので、やはりexFATはサポートされていないようだ。
ただ、内部ストレージ化は可能だったので、どうせ互換性はないのなら、内部ストレージ化して使う方が便利でいいだろいうといこととで、内部ストレージ化して使っている。
「トリセツ」のように内部ストレージにしかデータを保存できないアプリも多いので、この方が便利だろう。

・高コントラストテキストモードは割と使える
E-inkはスペック的には16階調のモノクロ表示だが、設定>ユーザー補助>高コントラストテキスト(試験運用)を有効にすると、2値モノクロモードになる。
この場合、文字はくっきり表示されるものの、画像などは酷い表示になるかと思いきや、案外実用になる。

続きを読む


nice!(2)  コメント(1) 

ドコモ「dtab Compact d-02K」を使い始めて [タブレット端末]

新たな電子書籍リーダー用に、レノボ「TAB4 8 Plus」とNTTドコモ「dtab Compact d-02K」でどちらにするか迷っていた迷っていた8インチAndroidタブレットだが、現物を触ってみた結果、最終的に「dtab Compact d-02K」の白ロムを購入し、セットアップも完了し使い始めている。

img-product-01.jpg

dtab Compact d-02K | タブレット | 製品 | NTTドコモ

しばらく使ってみたので、まずは簡単にレポートしたい。

20190105_084701240.jpg

まず、ケースをどうするか迷っていたのだが、8インチクラスでは最小の横幅、120mmしかないとはいえ、やはり、7インチクラスに比べればホールドしづらいのは確か。落とす危険性は高くなるため、結局、透明のクリアクッションケース(598円)を、Amazonで購入し取り付けることにした。

20190105_084856725.jpg

重さは、ケースを使うと330gぐらいになり、やっぱり7インチタブレットに比べると、長時間左手で持っていると疲れてくるが、安全性とのトレードオフで仕方ないところか。

メモリカードは、新たに購入した400GBmicroのSDXCカードを差して内部ストレージ化して使おうとしたが、この機種、Adaptive Storage機能は隠されていて、内部メモリ化はできないらしい。
ドコモ向けにカスタマイズされた端末では、よくあることだ。

続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 

超小型スマホ「Anica i8」と「SERVO X7 Plus」も一応ご紹介 [スマートフォン]

「Melrose 2019」vs.「SOYES XS」最新超小型スマホ対決:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ

最近、超小型スマホの新製品が多く、こちらの「Melrose 2019」vs.「SOYES XS」の記事も、最近では珍しくアクセス数が多いので、それだけ注目もされているのだろう。

それ以外にも、いくつか超小型スマホの新モデルが見つかったので、一応ご紹介しておく。


ベビースマホ「Anica i8」 - ヴェルテ

まずは、「Anica I8」という耳慣れないブランドの製品。
モバイル通信が、GSM/WCDMAの3G対応のみだが、サイズは、90x45x7.9mmとコンパクト。
ディスプレイが、ポピュラーな2.4インチで240x432ピクセル。
SoCはクアッドコアで、バッテリー容量も980mAhしかない。
AndroidOSも6.0と、どこと言って特徴がなく、いまさらなんでこんな新製品を出したのかわからない。
大きな丸いホームボタンはあるが、戻るやタスクリストのボタンはなく、Melrose S9のように使いにくいUIになっていないかも気になるところ。
値段は安いけど、いまさら買う価値はなさそうだな。

【追記】
Alibaba グループ | AliExpress.comの K-TOUCH I9 スマートフォン
コメント情報によると、「Anica i8」の後継モデルとして「K-TOUCH I9」という製品が出ているようですが、スペックを見る限り「Melrose 2019」の別ブランド同一モデルみたい。「Anica i8」もよく見ると「Melrose S9」と同じスペックかもしれません。
あえてチェックするほどのメーカーではなさそうです。


LTE対応ミニスマホ「SERVO X7 Plus」 - ヴェルテ

もう一つが、私も使っていた防水・防塵の超小型スマホ「SERVO J5+」の後継モデルと思われるLTE対応の「SERVO X7 Plus」で、出荷開始予定は2019年3月とのこと。

続きを読む


nice!(0)  コメント(2)