So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

Windows版「AnyTrans for iOS」の感想 [スマートフォン]

【公式】AnyTransR無料ダウンロード - iPhone/Androidのデータ管理を簡単に

iMobileという会社の「AnyTrans for iOS」というiPhone/iPad/iPodのデータを管理するWindowsソフトのレビューを依頼されましたので、実際に使用して、ご紹介したい。

このソフト、パソコンに接続したiOSデバイス(iPhone/iPad/iPod)のアプリやデータを管理するソフトとのことで、最初にそう聞くと思い浮かぶソフトが、iTunesだろう。

ソフト自体は無料でダウンロードでき、一応試用はできるが、基本はシェアウェアで、料金は、シングルライセンス(1台)で3,980円(税抜)、マルチライセンス(5台)で5,980円(税抜)。

広告付きフリーソフトが全盛の今、決して安い値段ではないので、無料のiTunesではできない、何ができるのかが重要だろう。

gamen0.png

ソフトを立ち上げると、このような画面が表示されるので、早速私のiPhone SEを接続してみよう。

gamen2.png

すると、デバイスを認識後、このような画面が表示される。

gamen1.png

このトップ画面は、右端の丸いアイコンをクリックすることで、こちらのタイル状の画面に切り替えることもできる。
まずは、ここからデバイス管理のアイコンをタップすると、

gamen3.png

その中にあるデータの種類のアイコンが表示され、ここで、写真のアイコンをタップすると、写真データを管理するアプリ一覧が表示される。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感