So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

PHVはもう要らないかも [乗り物]

現在、乗っている愛車・三菱デリカD:2は、2012年7月に乗り始めたので、2021年には、9年目の車検を通すことになる。
その頃から、いい車があれば、新しい車に買い替えようと思っている。

estimateplan_priusphv_grade_top_02.png

以前だと、その際、できればPHVに乗りたいな、と考えていた。その理由としては、

・我が家の場合、自家用車の乗車距離の90%は、数km圏内のショッピングや用事、最寄駅への送迎で、ほとんどがPHVをEVとして走ることができる

・たまに遠出するときも、PHVであれば、EVと違いガソリンで走り続けられるので、安心

・そもそもの年間走行距離が、2,000~3,000kmしかないので、自宅で夜間の100V給電でも十分

・私は第二種電気工事士の資格を持っているので、自宅にEVの充電設備を取り付けるのは、部品代のみで自分でできるはず

・(以前の電気料金制度では)夜間が安い料金プランを選べば、燃料費はガソリンの1/3程度に抑えられる計算だった

・夜に家族を駅まで送迎するときなど、電気のみで走れると、周りに騒音を出さず迷惑を掛けずに済む

といったことが挙げられた。

私の生活パターンで言えば、PHVを買っても、ガソリンで走るのは、月1回のコストコへの買い物で、帰路の終盤に少し。あとは、たまに、箱根、山梨、群馬、千葉などに車で遊びに行くときぐらいだろう。

なので、我が家の生活パターンでは、PHVが一番適していると考えていたのだ。

「PHV(プラグインハイブリッド)」は本当にお得なのかを考える | @niftyでんき

ところが、社会情勢の変化や、車の技術の進展、PHV自体の製品化を通じて見えてきた問題点なども明らかになり、次のような理由により、PHVが必ずしも優れているとは言えないように思えてきた。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ガス衣類乾燥機「乾太くん」の新モデル発表 [白物家電]

衣類乾燥機の修理をするか、買い替えるかを迷っているときに、衣類乾燥機の現行モデルをチェックしていて、リンナイからガス衣類乾燥機「乾太くん」の新商品が10月1日に発売になることを知った。

p01.jpg

ガス衣類乾燥機「乾太くん」新商品10月1日発売、洗練されたデザインで、親しみやすく心地よい空間を演出 | ニュースリリース | リンナイ株式会社

新製品は、乾燥容量5.0kgタイプの「RDT-54S-SV」と乾燥容量3.0kgタイプの「RDT-31S」で、希望小売価格は、それぞれ128,000円(税抜)、98,000円(税抜)とのことだで、現行の5.0kgモデル「RDT-52S」の希望小売価格は、138,000円だったので、1万円値下がり。

実売価格は、最初、新モデルの方が高いだろうが、時間が経過すれば、販売価格は現行商品とより安い値段(9万円以下?)に落ち着くと思われる。

さて、新製品で一番の変化は、デザインだろう。

現行モデルが、ソリッドでスマートな、衣類乾燥機らしくないデザインだったが、新モデルでは、本体の角が面取りされた柔らかいデザインになり、乾燥中の衣類が見える透明なフタも復活した。

このフタは、出荷時は左開きだが、左右可変ドアになっていて、右開きに変更できるそうだ(以前からそうなのかも)。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

やっぱり次はガス衣類乾燥機「乾太くん」にしたいな [白物家電]

5kg_img_01.jpg

ガス衣類乾燥機:特長 - リンナイ

電気式の衣類乾燥機が不調で、修理をするか、買い替えるかを迷っているときに、衣類乾燥機の現行モデルをチェックしていたが、やっぱりガス衣類乾燥機「乾太くん」は魅力あるな、と改めて思った。

浴室暖房:浴室暖房乾燥機(温水式) - リンナイ

ガス式というと、もう一つ浴室暖房乾燥機というのもあるのだが、これはドラム式ガス衣類乾燥機「乾太くん」とは全く別物。
こちらは、床下暖房などと同じで、ガスで加熱した温水を巡回させ、それを浴室で使うもののため、加熱温度も「乾太くん」より低くて乾燥に時間がかかるし、乾燥ムラも多いため、ガスならではのメリットは感じにくい。

一方、ドラム式ガス衣類乾燥機「乾太くん」の現行モデルの特徴は、次の通り。

・ガスの火力が強く、電気に式に比べ短時間(同容量なら半分以下)で衣類が乾燥できる
・80度以上の高温で短時間に乾かすので、生乾きの悪臭の元になる「モラクセラ菌」が繁殖しない
・大口径ドラムで強い温風で乾燥させ、ガスの燃焼で水蒸気も発生するため、毛布などもよく膨らみ、衣類もしわが付きにくい
・1枚の燃料費(ガス代+電気代)は約63円で、電気式より安くつく
・最近はプラズマクラスターイオンの発生装置が付き、消臭効果もある上に衣類の静電気を低減できる
・金属網の台をセットすると、ズックや痛みやすい衣類も回転させず乾かせる

私の両親も、昔、ずっと「乾太くん」を使っていて、その良さは知っていたので、現在、電気式の衣類乾燥機を使っていて、どうしても不満を感じてしまう。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

防災ラジオの入手方法が思ったより面倒くさい [ラジオ]

災害発生時には、スマホなどでネットの情報をみることをまず考えると思うが、携帯電波がどの程度使えるか分からないし、東日本大震災直後は、自治体のホームページが混雑で全然アクセスできなかった。
そう考えると、情報の入手先はそれ以外にも複数ある方がいい。

1022322.jpg

平成30年度 防災ラジオの有償頒布について|藤沢市

最近、台風や地震の災害が相次ぎ、改めて防災情報をチェックしていたら、地元の藤沢市でも、緊急放送に対応した防災ラジオを、1家庭1個限りだが、2,000円で買えるということなので、これを機に購入することにした。

この防災ラジオは、通常時はAM/FM放送が聞ける普通のラジオとして使えるとのこと。

他のラジオと違うのは、スタンバイ状態でも、他のラジオ局を聞いていても、災害発生時には、自動的にコミュニティFM「レディオ湘南」を選局し、防災行政無線で流す情報と同じものを聞くことができる機能を備えていることだ。

緊急告知FMラジオ - Wikipedia

これは、FMラジオ放送で規定された緊急放送の規格に準じたもので、FM放送で緊急放送を流したいときに、放送中にDTMF信号と呼ばれる信号音を利用して、緊急情報の開始や終了を知らせる。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

モバイルバッテリー・ADATA「P12500D」を購入 [スマートフォン]

以前、「くまぽん」で買った薄型の10000mAhの大容量モバイルバッテリー(ノーブランド)の調子が悪くなった。
充電は正常に行われたように見えるのだが、実際に、スマホなどを接続して給電を行うと、数分でモバイルバッテリーの電源が切れ、で、給電されなくなってしまう。
再度、モバイルバッテリーの電源を入れ直して、給電してみても、やっぱり同じ現象に。

これでは、充電器として役に立たない。おそらく充電回路に何らかの故障が発生したものと思われる。

やっぱり「くまぽん」で、電気関係のグッズを買うのは駄目だな。

さて、スマホやら、Bluetoothイヤホンやら、タブレットやら、日々様々な製品を充電するのに使っていたので、これがないと困ってしまうため、急いで近くにあるパソコン専門店で、代わりの商品を探した。

atc-store_rj451d9u087n11002b.jpg

P12500D パワーバンク | ADATA コンシューマー

購入したのは、ADATAの「Power Bank P12500D」という12500mAhという大容量のモバイルバッテリー。

「くまぽん」のノーブランド商品で懲りたので、今回は、ADATAという台湾製だが世界的に名の通ったメーカーの製品を買った。

USBの給電端子は2個備え、同時に2台の端末に対し、合計2.1Aを出力できる。iPadなどの充電も可能だ。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感