So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

4K BS/CS放送チューナー [AV機器]

テレビ:4K、特需の落とし穴 受信に専用チューナー必要 - 毎日新聞

今年12月1日から新しい4K BS/CS放送が始まる予定だ。
しかし、これまで販売されてきた4Kテレビと呼ばれる商品は、そのままでは、新しい4K BS/CS放送は受信できない。

ソニーから、4Kチューナーを内蔵したテレビが発売されているが、その4Kチューナーとは、スカパー!プレミアムの4K放送が受信できる機能であり、それでは、今年始まる新しい4K BS/CS放送は受信できないので、お間違いなく。

4K BS/CS放送は、新しい規格に基づく方式となるため、新たに4K BS/CS放送チューナーを買い、それを4KテレビにHDMI端子に接続する必要があり、しかも、テレビのHDMI入力端子は、Ver2.0以上で、著作権保護規格HDCP 2.2に対応している必要がある。
日本の大手メーカーの4Kテレビであれば、大抵、この基準は満たしているはずなので、既に4Kテレビを持っている方は、あまり心配する必要はないが、まれに初期の4Kテレビで、無償アップグレードが必要なものや、海外メーカーで基準を満たさない製品もあるようなので、一度チェックしておいた方がいい。

また、4Kテレビに接続して4K BS/CS放送が見たいというニーズに対応する、4K BS/CS放送チューナーがそろそろ各メーカーから発表されるようになってきた。

東芝、新4K BS/CS放送チューナ開発、録画も。REGZAは4K放送「前のめり」 - AV Watch

東芝は、「前のめりでBS/CS 4K放送に取り組む」とのことで、HDMI接続のBS/CS 4K放送チューナを公開したが、価格は未定だが「5万円は切る」とのことで、BSデジタルチューナーが発売された頃と同等の価格を想定しているようだ。

img_153039_4.jpg

ピクセラ、「新4K衛星放送」対応製品を発表 4K対応テレビに外付けする事で受信可能に ~「4K・8K機材展」にて実機を展示~|BIGLOBEニュース

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感