So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

4K/8K放送録画可能な録画用Blu-ray Disc仕様が決まった意味 [AV機器]

bda1_s.jpg

「4K番組は録画禁止」という驚愕のシナリオ | メディア業界 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

4K/8K放送というと、これまでは、放送局の意向で録画禁止になるのではないかという噂がささやかれていたが、

4K/8K放送録画可能な録画用Blu-ray Disc仕様決定。'18年ライセンス開始 - AV Watch

今回、日本市場向けの4K/8K放送録画可能な録画用Blu-ray Discの規格が決まったということは、これには必ず著作権保護に関する規定も含まれているはずで、「4K/8K放送の録画は可能になる」ということに他ならないだろう(そうでなければ、メーカー側もこんな規格を作ったりしない)。

また、このニュースリリースには表だって書かれていないが、同時に、4K/8K放送のHDDへの録画時のコピー制御や、著作権保護に関する規定も、アンダーグラウンドで調整が進んでいるはずだ。

ただ、4K/8K放送を、BDに録画するとなると、1層25GBのディスクでは容量が全然足らないため、2層50GBの録画用BDや、3層100GB、4層128GBのBDXLの書き込みディスクがメインとなるだろうが、これらのディスクの値段が1層のディスクに比べて非常に高いため、それ自体があまり普及するとは思わない。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感