So-net無料ブログ作成

UMPC「CHUWI MiniBook」買おうかな [パソコン]

スポンサードリンク




maxresdefault.jpg

MiniBook-Mobile Workstation In Your Hand | Indiegogo

現在、タブレットや2in1で実績がある中国のChuwi社が、ミニノート「CHUWI MiniBook」を、Indiegogoで出資募集していることを知った。

スペックを確認すると、サイズ的には、「GPD Pocket2」や「OneMix 2S」に比べて一回り大きいのだが、そのおかげで、ディスプレイは8インチで一回り大きい。
重さは、500gぐらいしかない「GPD Pocket2」に比べれば、約650gと重くなるが、まあ許容範囲。

一方、キーボードの主要キーが19mmフルピッチで、「GPD Pocket2」や「OneMix 2S」のような変則的なキー配置がない。さらには、オプションで日本語キーボードも選べのも嬉しいところ。

【Hothotレビュー】4万円台からの8型UMPC、「CHUWI MiniBook」を試す - PC Watch

レビュー記事も読んでみた。

製品には2モデルあり、下位モデルは、CPUとしてCeleron N4100で100台、上位モデルはCore m3-8100Yを搭載しており、200台。
現状、下位モデル1台が5万円台、上位モデル1台が7万円台の出資で、入手できるという。

すでに出資額は突破しており、Chuwiは、中国でも実績のある大手なので、製品化に失敗する恐れもない。

私的には、文字入力専用なので、下位モデルで十分だろう。

細かいスペックを見てゆくと、ヒンジを180度以上開くことができ、開くと自動でタブレットモードに切り替わる(Continuum)センサーを搭載しており、Windowsタブレットとして使うこともできる。

充電はUSB Type-C端子で行い、12V以上のUSB PD対応ACアダプタからのみ充電できる(5Vでは充電不可)。

RAMは8GBで、ストレージは128GBから。さらに、M.2 SSDスロットを備え、自分でストレージを拡張できる。

USB 3.0x1、USB 2.0x1、microHDMIx1、microSDカードスロットを備える。

Wi-Fiは、IEEE 802.11 ac/b/g/n対応で、Bluetooth 4.0内蔵。

200万画素のインカメラ内蔵。

コンパクトなサイズを考えれば、申し分のないスペックだ。

さらには、クラウドファンディングの目標金額65万ドルを超えた場合、筆圧感知が1024段階のアクティブスタイラスに対応させるためのアップデートを実施することを表明。
さらに、80万ドルを超えた場合は、14.99ドル相当のアクティブスタイラスを全員にプレゼント、さらに、100万ドルに到達した場合、29.99ドル相当のUSB Type-C Hubをプレゼントする予定だそうだ。

現在、65万ドルはすでに超えており、75万ドルに達しているが、ウラウドファンディングの締め切りは8月19日ということで、80万ドルまでの達成は微妙なところかも。

個人的にも、申し込もうと相当迷ったのだが、一般販売の開始を待つことにした。
急いではいないし、経験的にも、Chuwiは大手なので、製品はAliExpressなどで大量に広く出回ることが多く、すぐに値段が下がる傾向にあるので、それを待ってもいいかな、という気がしているのだ。

ただ、現時点で、自分にとって、一番魅力的に見えるミニノートであることは間違いない。

関連記事:
UMPCを以前から探しているのだが:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

GPD ノートパソコン GPD Pocket2 8GB ブラック [7.0型 /...
価格:49798円(税込、送料無料) (2019/8/15時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

One-Netbook Technology モバイルノートPC OneMix2...
価格:102600円(税込、送料無料) (2019/8/15時点)



ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ



スポンサードリンク



nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。