So-net無料ブログ作成

「PCエンジン mini」も発表に [ゲーム機]

スポンサードリンク




yx_pc_01.jpg

「PCエンジン mini」発表 往年の名機、手のひらサイズに - ITmedia NEWS

「メガドライブミニ」に続いて、今度は、1987年発売の家庭用ゲーム機「PCエンジン」を手のひらサイズに縮小した、「PCエンジン mini」が発表になった。

発売日や価格は「未定」とのことだが、ちょっとびっくりしたのは、発売元が、コナミデジタルエンターテインメントとなっていたこと。だが、詳しく調べると、そういうことかと納得。

オリジナルの「PCエンジン」は、NECホームエレクトロニクスが、ハドソン(当時)との共同開発し、発売したゲーム機だったのだが、NECホームエレクトロニクスは2001年に解散し、ライセンスを受け継いだハドソンは2012年、コナミデジタルエンタテインメントに吸収合併されたため、現在ライセンスを持っている会社はコナミデジタルエンターテインメントなのだそうだ。

「ゲームに夢中だった大人たちへ」がキャッチフレーズになっており、収録されるゲームタイトルについては、現時点では、

・イース I・II
・スーパースターソルジャー
・THE 功夫
・PC原人
・悪魔城ドラキュラX 血の輪廻
・ダンジョンエクスプローラー

のみが発表されているが、タイトルは今後も追加発表される予定だそうだ。

個人的には、「イース I・II」が、音楽もゲームも大好きだった(ただし、パソコン版だが)ので、一番の注目だ。

また、ゲーム中にいつでもセーブできる「カンタンセーブ機能」を装備し、別売りのマルチタップにコントローラーを接続すれば、最大5人で同時プレイが可能。
HDMIでテレビに接続でき、ブラウン管テレビの走査線を再現したモードも選べるという。

正直、「PCエンジン」のハードウェアは、グラフィックスについては大したものではなく、独自規格による動画アニメーション再生と、CD-DAによる音声再生が特徴だったので、エミュレーターによるゲームのエミュレーションの難易度は高くない。

どちらかというと、動画データや音声データのデータ容量が膨大なのが問題で、同世代の「スーファミミニ」や「メガドライブミニ」に比べて、ゲームの収録本数は、あまり増やせない可能性が高そうだ。

PCエンジンのゲームタイトル一覧 - Wikipedia

個人的には、「R-TYPE I・II」「ドラゴンスピリット」「サンダーブレード」「グラディウス」「沙羅曼蛇」「パロディウスだ!」「真・女神転生」あたりは、収録されなかったら怒るレベル。

「スペースハリアー」「アフターバーナーII」あたりも、メガドライブ版より、クオリティが高かった記憶があるので、是非とも入って欲しいところだ。

その辺も含めて、収録ゲームの続報に注目したい。

関連記事:
「メガドライブミニ」のゲームラインナップが確定:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ





ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ




スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。