So-net無料ブログ作成

テスコム・マイナスイオン ドライヤー「TID920」購入 [白物家電]

スポンサードリンク




IMAG0504.jpg

奥さんが髪を乾かすのに、ずっとこのヘアードライヤーを使っていた。
このドライヤー、私が独身時代に何かの景品でもらった安物で、相当古い商品だが、壊れないので今でも、私と奥さん兼用で使っているものだ。

ただ、以前から、女性の髪を乾かすには熱量も風力も弱く、時間がかかるので、もうちょっといいドライヤーが欲しいと思っていたようだ。

IMAG0492.jpg

TID920テスコム・マイナスイオン ドライヤーを使った感想・口コミ

ゴールデンウィークに、コストコに買い物に行ったら、テスコムの「TID920」というヘアードライヤーがセール中で、税込2,688円で売られていた。

さっそくネットで価格を調べたら、既に取り扱いを終了している店が多く、いわゆる在庫処分品みたい。

価格.com - テスコム TID920 価格比較

ただ、価格.comでの底値を調べると3,245円で、過去を遡っても、3,000円を切るぐらいが底値なので、2,688円ならお買い得だろう。

スペック的に見ると

・1.7㎡/分の大風量
・マイナスイオンを出すMoistureモード
・しっかり乾かす時POINTモードとMoistureモードをワンタッチで切り替えできる2WAYモイスチャーフード
・TURBO/DRY/SETの風量切り替え
・ワンプッシュで温風・冷風の切り替え可能
・HIGH/LOWの温風温度切り替え

といったところが目につく。

IMAG0488.jpg

一応、折り畳みはできるが、折り畳んでもあまりコンパクトにはならないので、旅行に持っていくには適さないし、普段家で使っていても、折り畳むことはなさそうだ。

1.7㎡/分の大風量というのは、数値的にピンときませんが、奥さんが実際に使うと、家にある古いドライヤーとは段違いだそうで、TURBOだと強過ぎるぐらいとのこと。

Moistureモードについては、要するに静電気を抑止する効果があるようで、髪を乾かした後、広がらずまとまりやすいそうだ。

髪を乾かす時間も、古いドライヤーに比べて1/3ぐらいに短縮されたらしく、効果は絶大。

ただ、あまり早く乾かし過ぎると、髪が傷みそうなのが気になるそうで、その辺は、風量や温度を途中で切り替えたり、Moistureモードを使ったりして、最適な使い方を探っていくことになるようだ。

まあ、同等の機能スペックに見えるパナソニックのヘアードライヤーを買おうとすると、倍以上の価格になるので、この値段なら文句のないところ。

ドライヤーなんて、正直ほとんど壊れないので、長く使うことになると思う。

関連記事:
奥さんが「エアーかおる」が欲しいという:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ





ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ



スポンサードリンク



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。