So-net無料ブログ作成

GoogleとAmazonがようやく和解 [ネット家電]

スポンサードリンク




ga1_s.jpg

GoogleとAmazonが和解。YouTubeをFire TVに、PrimeビデオをAndroid TVに提供 - Impress Watch

AmazonとGoogleというと、Amazonがマーケットプレイスも含めてGoogle Homeの販売を禁止し、これに対抗してAmazon Fire TVシリーズで、Google側が公式YouTubeアプリの提供を中止するなど、両者の対立が続いていた。

そのGoogleとAmazonがようやく和解したらしい。

Googleは、Fire TV向けのYouTubeアプリの提供を、数カ月以内に再開するそうだ。
しかも、Fire TVでも、YouTubeを4K/HDR対応で視聴可能になり、60fps再生も可能になるというフルサポートというから嬉しい。

さらに、2019年後半にスタンドアロンのYouTube TVアプリとYouTube Kidsアプリを提供する予定だそうだが、数カ月以内に提供されるYuoTubeアプリと、スタンドアロンのYouTube TVアプリの違いはよく分からない。
最初に提供されるのは、テレビ向けのYouTubeサイトを表示するだけのアプリで、後で提供されるのは、ネイティブコードのYouTubeアプリということなのかな?

説明がよく分らん!

Amazon側も、AmazonビデオのChromecast対応を行うとともに、一般のAndrod TV端末向けにAmazonビデオアプリを提供するという。
Chromecast対応は、既にFire TVにも同等の機能が搭載されているし、Amazonビデオアプリも、既に、BRAVIAなどの一部のAndroid TV端末向けに限定的に提供されているだけなので、いずれも、早々に対応されることになるのだろう。

ただ、最初の火種であった、「AmazonでGoole Homeを取り扱わない問題」については何も言及されていないが、これはどうなったのかな?
今のところ、Amazon.co.jpを検索してみたが、マーケットプレイスも含めてGoole Homeは発見できないみたいだが・・・

ともわれ、これまでの対立は、ユーザーにとっては大変迷惑な話でしかなかったので、解決したのは何よりだ。

関連記事:
「Amazon Fire TV」でWebブラウザが利用可能になった:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ステック型 Android TV 端末 Air Stick 4K エアースティッ...
価格:10584円(税込、送料別) (2019/4/19時点)



ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ




スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。