So-net無料ブログ作成

「Soyes XS」と「FSMART U2」の比較表を作成してみた [スマートフォン]

スポンサードリンク




511wtR+AzaL._SX569_.jpg

「K-touch i7」への対抗策なのだろうか、「Soyes XS」にもRAM容量が3GB、内蔵ストレージ容量が32GBモデルのモデルが発売されたようだ。

AliExpressの一部で、「RAM 2GB/ROM 16GB」か「RAM 3GB/ROM 32GB」が選べるショップが現れている。
価格は、「RAM 2GB/ROM 16GB」モデルより1,000円ぐらい高いみたいだが、このぐらいの価格差であれば、長く使いたいなら「RAM 3GB/ROM 32GB」を買った方がいいだろう。

困った「Jelly Pro」の調子が悪い:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ

さて、先日、「Jelly Pro」の調子が悪く、後継機種を買う必要が出てきたことを書いたが、結論としては、「Melrose 2019」はスペックが論外、「K-Touch i9」はハードスペックはいいものの、Google Play非対応なのでNG。
結果、日本語対応でGoogle Play対応の「Soyes XS」か「FSMART U2」から選ぶしかないかな、と思いつつある。

そこで、冷静に判断するために、改めて、この2機種で比較表を作ってみた。

比較項目 FSMART U2 SOYES XS
メーカー FSMART SOYES XS
サイズ 104(H)x49(W)x8(D)mm 91(H)x47(W)x9.7(D)mm
重量 102g 101g
カラー ブラック/ホワイト/ブラウン ブラック/ホワイト/
ゴールド/Dazzle(光沢?)
画面サイズ 3.15インチ 3.0インチ
画面解像度 845x480ピクセル 845x480ピクセル
バッテリー容量 2,300mAh 1,580mAh
(本当は860mAhか?)
SoC MediaTek MT6739V/CW
(Quad Core,1.5GHz)
MediaTek MT6735
(Quad Core,CortexA53)
RAM容量 1GB 2GB/3GB
内蔵ストレージ容量 8GB 16GB/32GB
microSDカードスロット ○(SIMカードとの2択) ○(SIMカードとの2択)
モバイル通信対応 GSM/WCDMA/LTE対応
(B1/B3/B5/B7/B8/B20)
GSM/WCDMA/LTE対応
(B1/B3/B38/B39/B40/B41)
SIMカード対応 DSDS
(nanoSIM+microSIM)
DSDS
(nanoSIM+microSIM)
VoLTE対応 (不明) ×
Wi-Fi ○(2.4GHz帯のみ?) ○(2.4G/5Hz帯)
Bluetooth ○(詳細不明) ○(詳細不明)
防水・防塵仕様 × 防塵
指紋センサー × ×
顔認証 (不明) ×
リアカメラ 500万画素 500万画素
フロントカメラ 200万画素 500万画素
フラッシュ(リア)
GPS
Gセンサー
光センサー
近接センサー
FMラジオ ○(日本バンド対応不明) ×
ヘッドホン端子 ×
充電・通信インタフェース (不明) USB Type-C
ストラップホール (不明) (付属ケースにあり)
付属品 (不明) ケース,保護フィルム,SIMピン
充電ケーブル,ACアダプタ
OS Android 8.1 Android 6.0(国際版)
日本語対応
Google Play対応
実売価格 88.99ドル(AliExpress) 80.72ドル(AliExpress)

表にしてみると、見えていなかった部分が見えてくる。

例えば、「Soyes XS」は、サイズの割に101gは重すぎる!と思っていたのだが、よく見ると、「FSMART U2」の重量は公開されておらず、厚みは「Soyes XS」より薄いものの、サイズは「Soyes XS」より一回り大きい。

そのこと自体は、「FSMART U2」の方が液晶画面が少し大きいし、バッテリー容量も大きいので、やむを得ない面もあるが、普通に考えれば、「FSMART U2」の重量は、「Soyes XS」のそれを上回るのは確実だろう。
【追記】ショップに確認したところ、「FSMART U2」は102gとのことだ。

なので、軽さ、コンパクトさで選べば、推測は入るが、多分「Soyes XS」の方がいいということになる。

「Soyes XS」がRAMが3GBのモデルが発売されたのに対し、「FSMART U2」は1GBのモデルのみ。これでは、Android 8.1を快適に動かすのは望み薄だ。ただ、「FSMART U2」はまだ発売直後なので、今後、RAM容量を増加したモデルが出る可能性はあるかもしれない。

一方、「Soyes XS」の残る弱点は、OSがAndroid 6.0(グローバルモデル)で古いこと。
Android 6.0であれば、一応Adaptive Storage機能は使えるはずで、microSDカードを差して、内部ストレージ容量の拡大ができるはずだから、私的には、ポータブルオーディオプレーヤーとして使うには、最低限OK。

ただ、OSが古いということは、最新アプリが使えなくなる時期が早く来るということになり、製品を長く使うという点では、弱点となる。
レビューなどを読むと、Android 7.0まではアップグレードされる可能性がありそうなことと、私の場合、こうした超小型スマホを、ポータブルオーディオプレーヤーとして使っていて、結果的に、平均1年程度で買い替えている。そう考えると、あまり製品寿命の長さにこだわっても仕方ないのかもしれない。

価格も「FSMART U2」より「Soyes XS」の方が安いことを考えれば、今、「Jelly Pro」の後継モデルとして買うなら、「Soyes XS」なのかな、という気はしている。

「Soyes XS」を買うとしたら、ポータブルオーディオプレーヤーとしてしか使わないのであれば、「RAM 2GB/ROM 16GB」でも十分かなとも思う。その分値段も安いしね(AliExpressで8,000円台で買える)。

まとめると、「Soyes XS」の難点は、OSが今どきAndroid 6.0で古いことと、重さが101gと、100gの大台を超え結構重いことと、メーカーとしてバッテリー容量やOSバージョンなど、嘘がやたら多いこと。
ということで、最後のところで、「Soyes XS」に踏み切れない自分がいる。

現在暫定的に使っている「SERVO J5+」でも、当面我慢できなくはないので、あと1か月、「FSMART U2」のメモリ増量バージョンがでないか、また、「FSMART U2」の重量に関する情報が明らかにならないかを、待ちたいと思う。
それで、どちらにするか最終的に決めたいと思う。

関連記事:
困った「Jelly Pro」の調子が悪い:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ




from AliExpress




ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ



スポンサードリンク



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。