So-net無料ブログ作成

LIMEXは何をやってんだ! [デバイス・素材]

スポンサードリンク




EUは2021年までに使い捨てプラスチックを禁止に! | ギズモード・ジャパン

最近、欧州に端を発した使い捨てプラスチックの廃止の波が、日本にも波及し始めている。

大消費地・東京で進む「脱プラ」 1本のストローから  :日本経済新聞

大手チェーンなどでも、プラスチック製のストローを廃止し、代わりに紙製や木製のストローに切り替える動きが盛んになっている。
気になるのは、発端として、欧米で、プラスチックストローが鳥の喉に突き刺さった写真などが大々的に報道されることで、生物に危害を与えるイメージが印象付けられ、それが推進力になっていること。
こういうのは、映画で付けられたイメージを信じ込んで、捕鯨反対する人たちと似たところがある。

プラスチック製ストローは本当に悪者なのか (1/2)

正直、欧米に比べて、日本ではプラスチックのリサイクルは進んでおり、ことさらプラスチック製ストローを廃止する意味が、どこまであるのかは疑問のとのころもある。

代わりに使うのが、紙や木材であることに、何の疑問もない欧米人の神経も疑う。それが、更なる森林伐採を生むことを考えれば、本当にプラスチックよりエコなのか!? よく検証してから行動に移して欲しいものだ。

ただ、この事態になったとき、私は、真っ先に思い出したのが、石灰から作る紙「LIMEX」だ。

cached.jpg

次世代素材「LIMEX」の将来性:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ

以前にもご紹介したが、「LIMEX」は、紙、または、樹脂の代用素材で、木材も水も一切使わず、石灰石約0.6t~0.8tと、ポリオレフィン樹脂約0.2tから、1tの「LIMEX」の紙を作ることができるという新素材だ。

しかも、通常の紙より耐久性も耐水性もあり、プラスチックの代用品としても使えるのだ。

LIMEX - Wikipedia

近年、日米イノベーションアワードを受賞したり、NEDOより戦略的省エネルギー技術革新プログラムに採択されたり、ドイツのレッドドット・デザイン賞を受賞したりと、プラスチックの大体材料として注目を集めてはいるのだが、近況を調べたのだが、今望まれている肝心のストローの量産はまだ出来ていないないらしい。

もし、それが直ちに量産できていたら、今頃世界中から引き合いが来ていたのは間違いないだけに、この機会損失は惜し過ぎる。

また、その後、普及があまり進んでいない理由を探ってみたところ、いくつか問題があるらしい。

・半永久的にリサイクル可能だが、今のところ紙のよう脱墨(色抜き)ができないため、紙の代用品から紙の代用品にはリサイクルできない
・複合機で印刷すると融点が低いポリプロピレンを使用しているため、定着部の故障などを引き起こす場合がある(これについては、複合機側での対応は可能)
・廃棄方法によっては環境負荷になる場合があり、衣料品のタグなどとしてLIMEXが利用がされている場合、焼却ゴミとして廃棄し、紙ごみや容器プラスチックなどのゴミとして廃棄しなくてはならない自治体があるらしい。
・河川や海洋に投棄されると水より比重が大きいため、直ぐに沈み、長期間分解されないプラスチックを含むため、マイクロプラスチック問題を引き起こす可能性がある

その後、ポリオレフィン樹脂に代えて、トウモロコシなどからできるポリ乳酸という樹脂を使った生分解性樹脂も開発されつつあり、こうした問題は解決できる可能性もあるが、新しい素材だけに、大量に出回ったときの環境負荷の検証というのは、一朝一夕には行かないものであることを伺わせるな。

関連記事:
次世代素材「LIMEX」の将来性:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ





ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ



スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。