So-net無料ブログ作成

「K-TOUCH i9」vs.「SOYES XS」で比較表を作り直し [スマートフォン]

スポンサードリンク




07a570edf6edb8a5691274d56a4a0eb7.jpg

「K-TOUCH i9」は「Melrose 2019」と別物?:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ

RAMが1GBしかない「Melrose 2019」に代わって「Anica K-TOUCH i9」が注目の超小型スマホになりつつあるため、「K-TOUCH i9」vs.「SOYES XS」で比較表を作り直してみることにする。


【AliExpress】SOYES XSが到着!! | 30代投資初心者ランナーの備忘録

超小型スマートフォンSoyes XS をポチってしまった: Time Killerのガジェット、旅行、ホテル、マイレージ、革細工、サーフィンのブログ

併せて、「SOYES XS」を購入した人のレビューがチラホラとネットに上がり始めているので、それも参考に併せて情報の改定を行い、表に反映させた。

比較項目 K-TOUCH i9 SOYES XS
メーカー Anica SOYES XS
サイズ 101.6(H)x44(W)x8.1(D)mm 91(H)x47(W)x9.7(D)mm
重量 90g 101g
カラー ブラック/ホワイト/ブルー
/グリーン/イエロー
ブラック/ホワイト/
ゴールド/Dazzle(光沢?)
画面サイズ 3.4インチ 3.0インチ
画面解像度 800x340ピクセル 845x480ピクセル
バッテリー容量 2,000mAh 1,580mAh
本当は860mAhか?
SoC MediaTek MT6739(Quad Core,
2.4GHz ?, 詳細不明)
MediaTek MT6735
(Quad Core,CortexA53)
RAM容量 2GB/3GB
(容量偽装あり?)
2GB
内蔵ストレージ容量 16GB/32GB 16GB
microSDカードスロット ○(SIMカードとの2択) ○(SIMカードとの2択)
モバイル通信対応 GSM/WCDMA/LTE対応
FDD-LTE(B1/B3/B7/B20)
TD-LTE(B38/B39/B40/B41)
GSM/WCDMA/LTE対応
(B1/B3/B38/B39/B40/B41)
SIMカード対応 DSDS
(nanoSIM+microSIM)
DSDS
(nanoSIM+microSIM)
VoLTE対応 (不明) ×
Wi-Fi ○(2.4/5GHz) ○(2.4GHz帯のみ?)
Bluetooth ○(詳細不明) ○(詳細不明)
防水・防塵仕様 × 防塵
指紋センサー × ×
顔認証 ×
リアカメラ 800万画素
(1,300万画素かも?)
500万画素
フロントカメラ 500万画素 500万画素
フラッシュ(リア)
GPS
Gセンサー (不明)
光センサー (不明)
近接センサー (不明)
FMラジオ ○(日本バンド対応不明) ○(日本バンド対応不明)
ヘッドホン端子 ×
充電・通信インタフェース USB Type-C USB Type-C
ストラップホール (不明) (付属ケースにあり)
付属品 ケース,保護フィルム,SIMピン
充電ケーブル
ケース,保護フィルム,SIMピン
充電ケーブル,ACアダプタ
OS Android 8.1 Android 6.0(国際版)
日本語対応
Google Play対応 ×
実売価格 88.99ドル(AliExpress) 75.99ドル(AliExpress)


「Melrose 2019」vs.「SOYES XS」だと、「SOYES XS」が圧勝の感じだったが、「K-TOUCH i9」vs.「SOYES XS」だと、「K-TOUCH i9」がスペックアップし、一方、「SOYES XS」の詳細が分かってきたこともあり、いい勝負になった。

まず、予想外だったのが、「SOYES XS」が101gと見た目以上に重かったこと。中華端末の場合、「都合の悪いスペックは隠す」というのが通例だが、これについても当たっていたか。
それに比べると、「K-TOUCH i9」は90gに踏みとどまっており、バッテリー容量(これも中華端末の場合、信用ならないのだが)も大きいことを併せて考えれば、かなり頑張っている。

また、買った人のレビューによれば、「SOYES XS」のOSが、スペック表に書かれた「Android 7.0」ではなく「Android 6.0」だったらしく、さらにガッカリ。
「Android 6.0」でも、microSDカードを内部ストレージ化できる「Adaptive Storage」には対応しているから、私的には大きな支障はないが、こういう肝心のことで嘘があると、他のスペックも信用できなくなるな。

SoCは、「K-TOUCH i9」が一世代新しいMT6739を搭載し、速度面ではやや有利か。2.4GHzなどという嘘くさいのクロック周波数が記載されたスペック表もあり、相変わらず全面的には信用し難いが。

画面解像度は、845x480ピクセルの「SOYES XS」の方が高い。ただ、AndoroidのSDKで一番ベーシックな画面プロファイルは、HVGA(480x320ピクセル)であり、横が320ピクセルあれば、支障なく動作するアプリは多い。逆に、「SOYES XS」は画素密度が高過ぎて、画面上のボタン表示などが小さくなり過ぎ、操作しにくい懸念もあるため、一概にはどちらがいいとまでは言えない。

モバイル通信の対応は、「SOYES XS」は当初4Gフルバンド対応と書かれていたが、どうやらこれは中国国内の全キャリアで使える、という程度の意味だったらしく、実際にはB1/B3/B38/B39/B40/B41しか対応せず、日本国内のVoLTEにも対応しない。

「SOYES XS」は防塵なのが特徴となっている。なぜ防水なしで防塵なのは謎だったが、これが中国向け端末であることを考慮すれば、都市部でのPM2.5対策で、故障しないよう防塵であることが売りになるのかもしれない(ホントか?)。

一方、「K-TOUCH i9」は顔認証が特徴に挙がっていたが、これはOSがFace IDに対応しただけのことだろう。一方、「SOYES XS」は、Androidが6.0なので、Face IDには対応できなかったのだろう。

それと、「SOYES XS」にヘッドホン端子がない一方、販売サイトの写真によれば、「K-TOUCH i9」は下側にヘッドホン用のミニジャックがあるように見えるのも大きな違い。

カメラは、「K-TOUCH i9」の方が、リアカメラが800万画素あり、スペック上は優勢。ただ、実際のところ、どの程度実用な写真が撮れるのかは、中華端末なので、使ってみないと分からない。

価格面では、「SOYES XS」がAliExpressで、すでに76ドルを切る水準まできており、まだ出たばかりで、ようやく89ドルを切る段階の「K-TOUCH i9」は太刀打ちできない。ただ、この値段は時間が過ぎれば徐々に下がるので、近い将来、価格面の差はあまりなくなってしまうかもしれない。

ということで、「K-TOUCH i9」vs.「SOYES XS」で比較すると、一長一短だということが分かる。

私自身、「Melrose 2019」vs.「SOYES XS」の時点では、「買うならSOYES XSだろう」と確信していたが、「K-TOUCH i9」vs.「SOYES XS」だとかなり悩ましい。

不明なスペックが明らかにならないと最終的な判断は下せないが、今のところ、軽くて、OSも新ししい「K-TOUCH i9」の方に魅力を感じるかな。
「K-TOUCH i9」で、何らかの手段でGoogle Playが使えれば、という前提ではあるが。

関連記事:
「K-TOUCH i9」は「Melrose 2019」と別物?:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ
「Melrose 2019」vs.「SOYES XS」最新超小型スマホ対決:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ




from AliExpress


ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ



スポンサードリンク



nice!(2)  コメント(9) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 2

コメント 9

t

いつも楽しく拝見しています。

私もk-touch i9が気になって、aliexpressで売っているお店に本当にAndroid 8.1なのか、重さは、google playは使えるのか、聞いてみました。
以下が返信です(原文)
it's android 8.1
it's about 70-90g
this phone does not support google play store
but you can download many applications from browser or computer then install to the phone

重さが70〜90gとはなんとも適当な回答で、本当にAndroid 8.1なのかなと思います。

私としては、日本語が使えて電話ができれば軽いほうがよいのですが、google playがないと不都合があるのでしょうか。
私は中華端末は購入したことがなく、そのあたりが分かっていません。
(今FOMAでガラケーを使っていて、ダメになってきたのでその代わりになれば、と思っています)
もしよろしければご教示いただけますとうれしいです。
by t (2019-02-09 13:06) 

naniwa48

t さん、初めまして。
もし、ガラケーしか使ったことがないなら、絶対に中華端末はやめた方がいいです。
まずは、しっかり通信のキャリアのサポートのある端末をしばらく使ってみて、知識を増やしてから挑戦しましょう。
by naniwa48 (2019-02-09 23:19) 

t

ありがとございます。
ガラケー以外に、節約のためiPhoneと2台持ちしています。
こういったものにそこそこ詳しいつもりではあり、ガラケーがダメになったとき用の代わりに加え、半分はおもちゃとして使ってみたいという気持ちもあります。

W-CDMAはB1/B2/B5/B8と記載されている場合があるので、日本ではB1(2.0GHz)しか使えなさそうですね。
by t (2019-02-16 08:55) 

K

k-touch i9の3GB版を買いました。
イヤホンジャックはあります。
また、USBはtype-Cです。
ただ、USBデバッグ使ってmeminfo見てみるとどうもRAMは3GB無いように表示されます。
by K (2019-05-16 02:11) 

naniwa48

K さん、情報ありがとうございます。
さっそく情報訂正しました。
ところで、Google Playのインストール、やっぱり駄目でしょうか?
by naniwa48 (2019-05-16 08:04) 

K

google playは対応していないですね。
いろいろ試されてはいますが、現状はapkpureで代替しています。
by K (2019-05-16 12:59) 

naniwa48

K さん、ありがとうございます。
google playはやっぱりだめですか。
Soyes 7S+でもそうでしたが、Androidのバージョンが新しいと、旧来のツールが使えないみたいですね。
他のスペックはいいのにねぇ。惜しい。
by naniwa48 (2019-05-16 20:45) 

ymt

VPN経由でgoogleplayはインストールできないでしょうか?
by ymt (2019-06-01 11:06) 

naniwa48

ymtさん、初めまして。
VPN経由というのが、何のことをおっしゃっているのかがよくわからないのですが、PCとのデバッグ接続でインストールできないのか?ということでしたら、googleplayは単体でそれをインストールしただけでは動きませんので、結局Rootを取らないと無理だと思いますよ。
by naniwa48 (2019-06-01 21:00) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。