So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

超小型スマホの新製品「SOYES XS」登場 [スマートフォン]

スポンサードリンク





AliExpressを覗いていたら、「Melrose 2019」に続いて、以前から超小型スマホを出しているSOYES社から「SOYES XS」という新製品が発表されていた。

今回の新製品の目玉は、なんといっても、ディスプレイが、3インチで解像度が480x845ピクセルと大幅アップしたことだろう。
この解像度があれば、ほとんどのアプリで画面レイアウトが崩れることはないはず。
ただ、3インチの画面サイズで、画面上のボタンやメニューが小さすぎて、押しにくくなる可能性もあり、気になるところ。

画面サイズが大きくなった分、サイズは91x47x9.8mmと一回り大きくなった。重量は現時点で不明だ。
サイズアップに関しては、ディスプレイが大きくなったのでやむを得ないところ。
前面は曲面ガラスで、裏側も曲面になっているで、持ちやすく圧迫感はなさそうだ。

性能のカギとなる基本性能だが、SoCは、MediaTek MTK6737(クアッドコア)で、最近このクラスでよく使われているもの。RAMも2GB積んでいるので、Android 7.0を動作させるには一応問題がなさそう。
ただ、今の時期、なぜAndroid 8じゃないんだ、とは思うが。

バッテリー容量は、1,580mAhとこのサイズにしては大きめ。中華端末のバッテリー容量に関しては、3割減ぐらいで考える必要があるが、それでもマシな方。本体厚みが、9.8mmとやや厚めなのも、このバッテリー容量が本当なら納得だ。

モバイル通信はGSM/WCDMA/LTEに対応し、2つのSIMカードスロットあるが、DSDSではなくSIMは切り替えとなる。あまり気にする人はいないと思うが。

内部ストレージの容量は16GBあり、さらにSIMカードスロットの一つは、microSDカードを装着することも可能。さらに、Android 7.0なので、Adaptive Storage機能で内部ストレージ化も可能だと思われる。

カメラは前後とも500万画素となったが、このクラスは500万画素と言っても画質は酷いものなので、期待しない方がいいだろう。

言語ロケールのリストには、現状、日本語がなく、Google Playが使えるかどうかも不明。ただ、SOYES 7s/8sシリーズでも、この辺の明記がなかったが、日本語には対応していたし、その点は大丈夫ではないかと思う。

Wi-Fi、Bluetoothに関しては搭載はされているようだが、具体的なスペックの記載はなく詳細は不明。

センサー類については、GPSとGセンサーの記載はあるが、それ以外については不明。

その他の機能の欄に書かれた項目として気になることとしては、Waterproof(防水)の記載がないのに、Dustproof(防塵)の記載があること。普通そんな設計するかなぁ?

FMラジオは内蔵するようだが、これまでの実績から日本の周波数に対応していない可能性は高く、実質ワイドFM局しか聞けないだろう。
ただ、FMラジオがあるということは、アンテナになるヘッドホン用のミニジャックはあるのかな?(なかった酷い製品もあるが)

これで、価格は、AliExpressの底値で79.99ドルだというから、出始めとしては思ったより安いと思う。

超小型スマホ「Melrose 2019」発売:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ

ただ、超小型スマホの最新モデルということで、どうしても先に出た「Melrose 2019」と比較することになってしまうだろう。

ということで、まだまだスペック上不明点も多いだが、まずは次回「Melrose 2019」との比較をしてみようと思う。

関連記事:
超小型スマホ「Melrose 2019」発売:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ


SOYES XS by AliExpress


ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ



スポンサードリンク



nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。