So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

改めて家庭用精米機・象印「BT-AG05」について [白物家電]

スポンサードリンク




17ea4b7feca34b878a14f0d99cf998f2_27.00171.jpg

精米機 BT-AG型|商品情報|象印

象印の家庭用精米機「BT-AG05」は、2004年に発売されロングセラーだった「BT-AE05」の流れを汲む、本格的な「圧力循環式」の精米方式を採用している。

「とう精ロール」と呼ばれるらせんの溝を掘った円筒を回転させながら、溝にお米を通し、米同士をこすり合わせながら、ゆっくりぬかを取るため時間は掛かる(5合で10分ぐらい)のだが、その分、発熱も小さくお米の表面が酸化されにくい。
また、お米が割れにくく、精米の村も少ない綺麗な状態で精米できるのがメリットだ。

現在でも、家庭用精米機としては、この方式を採用するのは、このシリーズのみ。

3分づき、5分づき、7分づき、上白米の分づき度合いが選べて、精米度センサーがお米の白さを見ながら精米し、設定した分づき度合いに達したところで、精米を自動的に終了してくれるのも、タイマーで時間を測るだけの他の製品に比べて、お米の品種などに左右されずに、希望する分づき度合いに仕上がる。

さらに、精米で出るぬかは、サイクロン(竜巻)気流を起こして強制的に吸引し、ぬか受けカップに分離するため、精米したお米にぬかが残りにくいよう、工夫されているのもいい。他の精米機だと、ぬかは網目から自然落下させるだけのことがほとんどなのだ。

特殊精米の機能としては、無洗米コース、白米フレッシュコース、胚芽コースがあり、無洗米コースは、深めに精米して、ぬかを完全に取るコースみたい。
白米フレッシュコースは、古くなって劣化した白米の表面を薄く削り取るコース。
胚芽コースは、ぬかは取った上で、胚芽部分だけが残るように精米するらしいが、詳しい説明がないので、どうやっているのかよく分からない。

実は、どのコースも、使ったことがないので、よく分からないのだ。
普段は、玄米を5分づきで精米し、お客さんがいるときは、白米で精米する機能しか使っていないのだ。

メンテナンスは、一定間隔でランプが付いたら、丸いフィルタの掃除をすることと、たまに分解して、「とう精ロール」の周りについたぬかを、ブラシでこすり取り、掃除機で吸引する必要がある。

ふたやぬか受けをはずすと運転をストップする安全機構もあり、子どもがいても安心して使える。

弱点としては、フィルタは造りがヤワで、プラスチック部分がよく折れたり割れたりする。

また、「とう精ロール」周りの清掃は、結構面倒だったりする。

動作時の騒音も大きく、掃除機ぐらいの大きさと思えばいい。夜間は気を使うかも。

あと、「BT-AE05」を使っていて、一度だけ虫が湧いて駆除できなくなり、困ったことがあったが、これは、ヤフオクで買った玄米に最初から虫が湧いていて、それが住み着いてしまったため。
この時は、メーカーに送ってクリーニングしてもらったら、駆除して、綺麗にクリーニングまでされて戻ってきてたし、値段も往復の送料+αぐらいで安かったので、メーカーに頼むのが一番いいと思う。

それ以外で、虫が湧いたことはないのは、おそらく我が家では、ほとんど毎日精米しているからだと思う。
多分だが、虫が湧くというのは、夏場の暑い時期に、長い期間使わずに放置したのではないだろうか。

届いたら、また詳しくレポートしたい。

関連記事:
家庭用精米機・象印「BT-AE05」がとうとう壊れた:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ





ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ



スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。