So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

新4K衛星放送がスタート [AV機器]

スポンサードリンク




【レビュー】4K放送がキタ! 観た! 録った! ダビングした! そして半分、再生できた!! - AV Watch

12月1日(土)の午前10時から、新4K衛星放送の本放送がスタートした。

我が家には、まだ受信環境がないため、見られないのだが、ちょうど別の用事で出かけていたので、その近くにあったヤマダ電機に入り、スタートの模様を見ることができた。

ただ、店頭で、実際に新4K衛星放送が見られるようになっていたテレビは、数台、という状況だった。
まず、小型テレビを中心に店内の半分ぐらいは4K解像度ではないテレビだし、4Kテレビも、すべてのモデルが新4K衛星放送チューナーを内蔵したモデルに切り替わっている訳ではなく、壁際の60インチを超える大画面テレビでは、4Kのオートデモ映像が流れているだけ。

IMG_6577.JPG

新4K衛星放送が見られる状態のテレビは、ある一角に固まって置いていあり、新4K衛星放送対応製品をまとめてアピールする意味もあるのかもしれないが、そもそも実際に発売された新4K衛星放送チューナーを内蔵したモデルが、まだ少ないようだ。

そんな中で、シャープが、8K放送にも対応した8Kテレビを展示していたのが目立ったが、ただ、8K放送は見られず、8Kに関しては、HDDの8K動画をデモ再生していた。
せっかくの8K対応なのに、どうして見せないのかと聞くと、お店のアンテナ配線がまだ従来のBS右旋対応のままなので、NHKと民放の一部の4Kチャンネルしか見られないのだという。

電子番組表を見せてもらうと、確かに内容が表示されるのは、NHK BS4K、BS朝日4K、BS-TBS 4K、BSフジ4Kのみ。
お店としても、急いで、アンテナ共聴設備を、全チャンネルが見られるよう更新するまでのお金をかける価値はないのだろう。

BS左旋の各チャンネルを見ると、4Kの番組が流れていて、さすがに映像は綺麗だ。

BS朝日4K放送 | BS朝日

BS-TBS 4K

BSテレビ東京「4K放送」についてのお知らせ|株式会社BSテレビ東京

BSフジ4K - BSフジ

ただ、民放系チャンネルは、開局直後の土日は特番が多いのだが、番組表で次週の平日を見ると、4K番組がグッと減る。
しかも、4K番組の大半は、ハイビジョンの衛星チャンネルと同じ番組編成で、ただ画面が綺麗なだけみたい。
4Kオリジナルの番組は、ほとんどないというのが実情のようだ。

それに比べると、NHK BS4Kは力が入っていて、ハイビジョンのBSプレミアムと番組編成も異なり、4K独自番組も多い。
もちろん、新しい制作番組だけではなかなか枠が埋まらないから、古い黒沢映画や、2001年宇宙の旅などの映画、奥様は魔女、ウルトラQなどのドラマをフィルムから4Kリマスターして流したりして、オリジナル番組の数を確保している感じではある。

ただ、それでも、基本的にハイビジョンチャンネルと同じ番組編成で、大半がハイビジョンからのアップコンバートした番組を流してる民放系チャンネルに比べれば、頑張っているな、とは思う(受信料を取るのだから、当たり前か)。

BS日テレ、4K放送開始を19年9月に 3カ月前倒し  :日本経済新聞

ちなみに、唯一2018年12月1日に放送開始できなかったBS日テレ 4Kは、2019年12月と言っていた放送開始を3か月前倒しし、2019年9月に開始し、9月20日からスタートする「ラグビーワールドカップ2019」には間に合わせ、試合を4K放送するそうだ。

IMG_6575.JPG

さて、新4K衛星放送チューナー内蔵テレビも、少し触ってみたのだが、一点気になったことがあった。

新4K衛星放送チューナーを内蔵したテレビのリモコンには、どの会社もBS、CSとは別に、4Kのボタンがあり、番組表もBSハイビジョンと4Kは別に表示される。
そのことは問題がないのだが、たまたま触ったシャープの4K/8Kテレビは、4Kと4K以外のチャンネルの切り替えや、番組表の切り替えが、恐ろしく時間がかかり、しかも、番組表のデザインが、4K/8Kと、それ以外の場合で全然違ったのだ。

ははーん。

現象だけ見ると、シャープのテレビは、従来のテレビに、新4K/8K衛星放送チューナーボードを追加して、内部で画面表示もガラッと切り替えているのかも。
下手すると、新4K/8K衛星放送チューナーボードは、内部でテレビにHDMIで接続されているだけで、HDMI-CECコマンドで入力を切り替えているだけかもしれない。
だったら、切り替えがやたら遅いのも納得だ。

コスト的に不利なはずだが、単体チューナーをまず開発して、それをテレビに内蔵するのが、製品を早く出すには手っ取り早かったのだろう。

ただ、こういう作りの粗さを見てしまうと、まだまだ4K放送を見るためにテレビを買い替える時期ではないかな、とは思ってしまうな。

といったところで、ヤマダ電機の展示の様子を見ても、店員さん(ヘルパー?)の説明を聞いていても、4K衛星放送に対しほとんど熱気を感じず、これじゃ盛り上がりようがないよな、というのが正直な印象だった。

関連記事:
4k BS放送に対する各メーカーの温度差はますます拡大:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

三菱/MITSUBISHI 4K液晶テレビ REAL/レアル 50型(50インチ...
価格:145000円(税込、送料無料) (2018/12/6時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

送料無料 PIXELA/ピクセラ 4Kチューナー PIXELA 4K Smart...
価格:26580円(税込、送料無料) (2018/12/6時点)



ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ



スポンサードリンク



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。