So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

家庭用精米機・象印「BT-AE05」がとうとう壊れた [白物家電]

スポンサードリンク




我が家では、お米を玄米でまとめて購入し、こまめに家庭用精米機で精米して、ご飯を炊いている。
精米済のお米を買うより、玄米をまとめ買いした方が安くつき、家庭用精米機の価格など、2年で元が取れた。
ご飯を炊く直前に精米した方がご飯もおいしいし、健康にいい分づき米も簡単に作れるなど、メリットが大きいからだ。

41cfLARxUQL._SY355_.jpg

試用レポート 象印 無洗米精米機 BT-AE05

さて、我が家で使っている家庭用精米機は、象印「BT-AE05」という製品で、購入したのは2015年頃だったようなので、13年は経過していることになる。
これが、とうとう壊れてしまった。

この精米機は、他の安い精米機で採用されている「撹拌式」ではなく、お米屋さんの本格的な精米機と同じ「圧力循環式」を唯一採用した製品で、お米が熱を持ちにくいので酸化しにくく、かけの少ない美味しいお米が精米できる特徴があり、価格は高めだったものの奮発して購入した。

その後、虫が湧いてクリーニングをお願いしたり、保守パーツを何度か交換しながら、13年間使ってきたが、とうとうお米が循環しなくなった。
モーターの回転音はするので、おそらくモーターの力を、精米を行なう「とう精ロール」という部品の回転に伝える部分が破損したものと思われる。

この精米機、お米の白さを検知して精米を終了するセンサーの不良で、動かなくなるケースはよくあるらしく、その場合、センサーの交換で動くようになるらしいのだが、今回はそれではなく、駆動機構自体の問題のようなので、修理代金もそれなりにかかるだろうし、購入して13年もたち、何より交換用部品の在庫期限が過ぎているので、修理を断られても文句は言えない。

毎日のように精米機を使っていることもあり、修理で1週間使えないのも困るということで、奥さんとも相談して、今回の故障は買い替えることにした。

象印「BT-AE05」の後継機は、いまも脈々と販売されていて。

象印からひっそりと精米機の新製品BT-AF05が登場 | トドのつまりは・・・ - 楽天ブログ

2012年には、「BT-AF05」という製品が出たが、この製品と「BT-AE05」の違いは、お掃除用のブラシが付いたことと、ボタン周りのカラーリングが違うことだけ。

17ea4b7feca34b878a14f0d99cf998f2_27.00171.jpg

精米機 BT-AG型|商品情報|象印

そして、2017年10月に発売された「BT-AG05」が最新モデルになる。
この製品も、基本的な構造は「BT-AE05」から全く変わっておらず、フィルターやカップなどの保守部品も、「BT-AE05」と同じものが使える。
機能的な違いは、ビタミンEとビタミンB1が豊富な胚芽の部分を残して精米する「胚芽」コースが追加されたことぐらい。
価格もほとんど変わっておらず、家庭用精米機では一番高く、底値でも3万円弱といったところ。

K0000993798.jpg

精米機 BR-WA型|商品情報|象印

「BT-AG05」と同時期に発売された「BR-WA10」という製品も、同じ圧力式だが、「BT-AG05」より安いというので、気になって調べてみた。

ただ、詳しく調べると、「BR-WA10」の圧力式は、熱を持ちにくいのは同様なのだが、1パスで精米を完了する簡易な方式で、「BT-AG05」の、お米の白さをセンサーでチェックし、精米が完了するまでお米を循環して精米し続ける「圧力循環式」とは違うことが判明。

2~5合までしか精米できない「BT-AG05」に対し、「BR-WA10」は1合~1升(10合)まで幅広い量に対応し、精米の程度も、15段階からきめ細かく指定でいるなど、「BT-AG05」を上回るいい点もあるのだが、「BT-AE05」の保守パーツが流用できることと、横幅が「BT-AE05」と同じで15cmしかなくコンパクトであることも併せて、多少高くても「BT-AG05」を買うことにした。

その日のうちに「BT-AG05」の一番安い店を探したら、カード利用不可で、銀行振り込みのみ対応だが、送料込み28,000円という店が一番安かったので、そこに注文した。
明後日には、届く予定なので、届いたら簡単にレポートしたい。

関連記事:
家庭用精米機 象印BT-AE05 (2) | トドのつまりは・・・ - 楽天ブログ





ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ



スポンサードリンク



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。