So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

「SoundPEATS TrueFree」のその後の感想 [ポータブルオーディオ]

スポンサードリンク




1113_SoundPEATS_Truefree_5.jpg

Bluetooth5.0で長時間再生で3980円!コスパ重視派向け完全ワイヤレス登場- 記事詳細|Infoseekニュース

左右独立式完全ワイヤレスイヤホン「SoundPEATS TrueFree」を、その後も、主に超小型スマホ「Jelly Pro」とのペアで使い続けているが、その後気付いたことを、メモしておきたい。

・バッテリーの持ちが抜群
バッテリーの持ちがよく、カタログ値の4時間、しっかり使えることを書いたが、片耳モードだと、さらに長時間使える気がする。片耳モードで、朝から出張で使っていたときに、どう考えても連続で5時間は使えたように思うのだ。
おそらく、Bluetoothでイヤホン間の通信を行う必要がない分、消費電力も減るからではないかと思われる。

・片耳モードはラジオリスナーに最適
この製品の片耳モードは、周りの音も聴けて安全だし、その上バッテリーも持ち、左右両方のイヤホンを充電しながら交代で使うことができるということで、ホントにラジオ好きにはオススメの機能だと思う。

・iPhoneとの組み合わせでの音質も良好
AACコーデックが利用できるiPhone SEとペアリングして、これでも音楽を聴いてみたが、音質的には「Jelly Pro」でAACコーデックが利用した時と、ほとんど変わりはない。
多少iPhone SEの方が音がいいような気もするが、デジタル伝送なので条件が変わるとは思えず、プラシーボ効果の範囲なのか、あるいはiPhone SE側のAACエンコーダーが優秀なのか。本当のところはよく分からない。

・Bluetooth通信は安定している
Bluetooth通信の安定度は、その後もほとんど問題ない。数回、街中で歩きながら使っていて、音が途切れたことはあるが、それがこれまで使ってきたBluetoothイヤホン「Q12」などに比べて多いかというと、むしろ少ない気がする。

・Bluetoothの通信範囲が広い
通信距離が15mmと、これまで使ってきたBluetoothイヤホンの10mより伸びているが、実際、家のリビングにスマホを置いて、「SoundPEATS TrueFree」を片耳モードで使いながら、家の1階を掃除していて、明らかに「Q12」より、音切れせずに使える範囲が広い。

・音質は価格を考えれば立派だが
音質に関しては、radiko程度の音質で聞くには十分だが、音質のい楽曲を聞くと、高音は素直で聴きやすい一方、低音は締まりがなくあまり好みの音とは言えない。贅沢が言える価格でないことは重々承知だが、惜しいと思う。

一方、懸念だった左右独立の弱点については、ヒヤッとする場面が何度かあった。

・充電ケースからの取り出しは危険
職場で、充電ケースからイヤホンを取り出そうとしたら、勢い余って飛び出して床を転がり、危うく、椅子のキャスターで轢きかけた。
なので、屋外で取り出すのは、やっぱり非常に危険。万が一、うっかり排水口なんかに落としてしまったら最悪だから、やらないのが身のためだ。

・イヤホンが小さいので紛失しやすい
歩いている最中に、イヤホンのバッテリーが切れたため、無意識に耳から取り出したのだが、目的地に着いてから、イヤホンをどこに入れたか思い出せずに焦ったことがあった。
結局、ズボンの2重になったポケットの浅い方に入っていたのだが、ポケットを触っても、小さいのでなかなか気づかず、見つけるのに時間がかかってしまった。
帰宅時に気付かなかったら、うっかり洗濯してしまう危険もある。
耳から外したら、多少面倒でも、充電ケースにセットするよう習慣づけしないと、本当にすぐに紛失してしまいそうだ。

それ以外は、とても快適で、すっかり左右独立式完全ワイヤレスイヤホンのファンになってしまった。

特に、この製品の片耳モードは、ラジオ好きには超オススメだ。

関連記事:
「SoundPEATS TrueFree」の気に入っている点:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ



ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ



スポンサードリンク



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。