So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ブラザーのモバイルプリンタ「MW-260」 [パソコン周辺機器]

スポンサードリンク




リースバックの中古に狙いを定め、手頃な価格で買え、手軽に持ち歩けるモバイルプリンタがないか、探していたが、以前私が挙げた条件に近い製品が、ブラザーから発売されていることが分かった。

mw260mfi_side2_img.jpg

MW-260 | モバイルプリンター | ブラザー

「MW-260」という製品なのだが、発売は2007年というから、かなり古い製品だ。しかも、その後、この後継製品は出ていないから、ニーズ自体が小さいのだろう。

まずは、仕様を確認しよう。

(1)USB、 Bluetooth、赤外線(IrDA)のマルチインタフェース
(2)スマートフォン、タブレット、パソコンからの印刷に対応
(3)A6(105x148mm)カット紙の感熱紙に印刷
(4)本体サイズは、130(W)x210(D)x18.5(H)mmの薄型バイブル手帳サイズで、520g
(5)充電式リチウムイオン電池によるバッテリー動作が可能
(6)印刷密度は300dpi
(7)リースバックの中古が、ヤフオクや中古店に大量に流れており、余裕で5000円以下で買えそう

悪くない。比較的薄くてフラットな形状だし、ペットボトル1本分の重さなので、これならリュックに常時入れておいても、我慢できるかも。

印刷機能についても、A6サイズで300dpiあれば、クーポンの文字が読めないことはないだろう。

リースバックの中古は、あまり状態がよくないことが多いが、感熱紙プリンタは、インクジェットプリンタに比べて可動部が少なく、非常に故障しにくいから、外観さえ気にしなければ、古くても機能的には問題ないことが多いはず。

古い製品なのでバッテリーの寿命は、かなり厳しい気もするが、私の用途を考えれば、その場で1枚コピーできればOKだから、数分持てばOKだし、最悪、交換用のバッテリーも販売されている。

気になるのは、あまり見ない感熱紙のカット紙だが、新品なら50枚付属し、別途購入しても50枚で300円だからそれほど高くない。
私の目的が限定的なので、50枚もあれば、相当長期間使い続けられるだろう。

となると、気になるのは、肝心のAndroidスマホ/タブレットからの印刷方法だ。
「MW-260」は、USB、 Bluetooth、赤外線(IrDA)という色々な通信インタフェースを備えているが、スマートフォン、タブレット、パソコンから、全てのインタフェースが自由に使える訳ではないようなのだ。

Brother iPrint&Scan - アプリで快適プリント|年賀状特集|年賀状・無料ダウンロード|年賀状ならブラザー

まず、ブラザーのプリンタの印刷ソフトというと、「iPrint&Scan」が有名で、我が家のブラザーのFAXフォンも、このスマホアプリから印刷できるのだが、どうやら、「MW-260」は対象外みたい。

そして、調べ始めたら、頭を抱えてしまった。

Webサイトには「スマートフォン、タブレット、PCホストからの印刷に対応」と書かれていたが、対応機種を調べると、この売り文句の真意は、どうやらWindows PCと共に、今は亡きWindows Mobile端末からの印刷ができる、ということらしいのだ。
発売された2007年の時代背景を思い出すな。

ws003sh_05.jpg

W-ZERO3:シャープ

確かに、その年、シャープから、Windows Mobile搭載のスマートフォン「W-ZERO3」が発売され、大いに話題になったのであった。
当時は、スマートフォンといえば、OSはWindows Mobileだったのだ。

気を取り直して、Android端末からの印刷方法がないかを調べ直してみる。

アンドロイド対応情報 | モバイルプリンター | ブラザー

調べると、そもそも Android端末からの印刷は、Wi-Fi経由ではなく、Bluetooth接続になるらしいが、一応可能らしい。
ただ、提供されているのは、Brother Print SDKというアプリ開発用のSDKと、SDKを利用した「ブラザー画像印刷ソフトウェアデモ」というサンプルアプリだけ。

さらに、このアプリの機能を確認すると、印刷できるのは、画像ファイル(jpg、bmp、png)と、PDF(機能制限あり)だけであり、Webページの印刷はできないらしい。
動作確認済みAndroid端末の一覧を見ても、Androidのバージョンが3以下の古いものしか掲載されておらず、最近のAndroid端末で動くかどうかも不明。

かなり絶望的な気分だ。

とはいえ、ニッチな商品ジャンルだけに、ここまでいろんな機種を調べてきて、携帯性、印刷機能、入手価格などの面で、「MW-260」に類比する製品が見当たらないのも事実であり、本当に使い物にならないのか調べて、使える道があるなら、値段も安いので挑戦してみるかもしれない。

関連記事:
モバイルプリンタが欲しくなった理由:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

□■α brother/ブラザー MW-260 A6モバイルプリンタ/USB付/...
価格:3456円(税込、送料別) (2018/11/22時点)



ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ



スポンサードリンク



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。