So-net無料ブログ作成

モバイルWi-Fiルータ「NAD11」を一時的に復活! [モバイル]

スポンサードリンク




モバイルWi-Fiルータ「Speed Wi-Fi NEXT W05」を、うっかりハイスピードプラスエリアモードで使い続け、7GBを使い果たして、今月末まで128kbpsの速度制限が掛かってしまった。

この状況を少しでも改善しようと、以前使っていたWiMAX/WiMAX2+に対応したモバイルWi-Fiルータ「NAD11」を、再度使ってみようということで、家のジャンク箱で探したら、無事見つかった!

nad11-sv-4.png

NAD11 | トップページ

SIMカードスロットを確認すると、microSIMサイズだ。「Speed Wi-Fi NEXT W05」はnanoSIMサイズなので、サイズが違う。
そこで、「Speed Wi-Fi NEXT W05」にささっている契約中のnanoSIMカードを、microSIMカードへの変換アダプタにセットし、「NAD11」のmicroSIMカードスロットに挿してみた。

「NAD11」を充電後、電源を入れると、起動は遅いがしばらくすると、アンテナピクトが立った。
どうやら、「Speed Wi-Fi NEXT W05」のSIMカードは、何の設定変更もせず、認識してくれるようだ。

さらに、WiMAX2+で通信するハイスピードモードを、WiMAXのみで通信するノーリミットモードに変更してみたが、こちらもアンテナピクトが1本立ち、WiMAXの電波が、今でも自宅で電波が届いて使えそうであることが分かった。

その後、実際に、パソコンやスマホに「NAD11」のWi-Fiの鍵を再設定してみたところ、速度はWiMAX2+より遅いものの、今でも接続した機器から通信ができることが、確認できた。

UQ、WiMAXサービスを2020年3月末に終了 - 週刊アスキー

WiMAXの電波は、2020年3月末に停波することが発表されており、終了に向けて既にエリアを縮小している危惧もあったが、その後チェックしてみても、私の普段の行動範囲では、特に電波状況は変わりないようだ。

長い間放置していたが、バッテリーも一応生きているみたいで、週末のおじさんぽに持ち歩いてみたら、フル充電で6時間ぐらいは持つことがわかった。
これなら、小型のモバイルバッテリーを併用すれば、何とか丸一日使い続けることはできそうだ。

ということで、「NAD11」をノーリミットモードで使えば、私の普段の行動範囲では、128kbpsの速度制限状態よりは随分マシな速度が出ることがわかり、今月末までの最低限の実用的な通信手段は、確保できる目処が立った。

最初はどうなることかと思ったが、ホッとした。
これで、月末まで何とか凌げそうだ。

とはいえ、この手が使えるのも、WiMAXが終了する2020年3月末までだし、通信速度も決して速くはなく、エリアも郊外ではWiMAX2+に比べれば狭いので、今後は、二度とハイスピードプラスエリアモードの戻し忘れがないよう、注意して使おう。

ちなみに、「NAD11」の中古は、ヤフオクや中古携帯ショップを探せば、送料の方が高くつくぐらいの、ほとんどタダみたいな値段で手に入る。

今回の経験から、UQ WiMAXのモバイルWi-Fiルータを使っている方は、私のようなトラブルに備え、一台、無制限でWiMAXが使える「NAD11」を確保しておくことは、リスク対策として決して無駄ではない気がするな。

関連記事:
「Speed Wi-Fi NEXT W05」でうっかりミス:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ



ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ



スポンサードリンク



nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 2

K

W05のnanoSIMにゲタを履かせて
WX02、NAD11でノーリミットモード「だけ」使えることを確認しています。
おそらくWX01でも使えるでしょう。
HWD15ではUIMロックと表示されまったく使えませんでした。
by K (2018-11-14 18:23) 

naniwa48

Kさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。
NAD11はノーリミットモードだけOKなんですね。
今回の場合、それだけで十分な訳で、いずれにせよ助かりました。
by naniwa48 (2018-11-14 23:09) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。