So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

「Jelly Pro」のセットアップ [スマートフォン]

スポンサードリンク




超小型スマホ「Jelly Pro」のセットアップを行う。

Unihertz、超小型SIMフリースマホ「Jelly Pro」にAndroid 8.1 OreoへのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を提供開始!Face IDやフリップミュートなどの新機能も追加 - S-MAX

設定画面で、スペックを確認すると、Androidは7.0なので、Android 8.1へアップグレード可能だが、8.1に更新すると、出荷時初期化する必要があるらしいので、まずは、他の設定を行う前に、アップグレードを済ませてしまおう。

ということで、設定画面から、ファームウェア更新を始めたのだが、どうやら直接Android 8.1に更新できる訳ではなく、これまでリリースされた更新を全て実行して行かないと、Android 8.1への更新にたどり着かないらしい。

Screenshot_20181104-224849.png

結局、6回のファームウェア更新と再起動を繰り返し、ようやくAndroid 8.1に到達できた。
さらに、Android 8.1へのアップグレード後にも、10月18日に、細々と、しかし、多岐にわたる更新が実施されており、こうした姿勢は信頼できるな。

この後、パソコンのGoole Playサイトで、これまで超小型スマホ「SERVO J5+」で使ってきたラジオ&音楽関係のアプリを、「Jelly Pro」に遠隔インストールする。

今のところ、「SERVO J5+」で使っていたアプリの動作状況は、全てOKだ。
「SERVO J5+」では、Google Playからインストールできず、直接APKファイルをインストールしたAmazon Musicアプリも、「Jelly Pro」ではGoogle Playからインストールできた。
また、唯一、よく使っていた「ラジオ番組向けプレーヤー」が、最初は起動するとすぐに落ちてしまう問題が生じたのだが、数回起動を試すうちに、正常に起動し使えるようになった。何故だかは分からない。

Screenshot_20181104-225315.png

さて、使いたいアプリを全てインストールすると、「SERVO J5+」は、8GBの内部ストレージが足らず、いくつかのアプリのインストールをあきらめざるを得なかったが、「Jelly Pro」は、16GBあるので、まだまだ余裕がある。

その上で、ストックにあった64GBのmicroSDXCカードを挿して、内部ストレージとしてフォーマットを行い、内部ストレージ化にも成功した。

これで、ラジオクラウドや、らくらじ、Google Play Music、Googleポッドキャスト、Podcast Addict、録音ラジオサーバー、みんなのラジ、らじる☆らじる、Amazon Music、Voicy、Audible、Raditalkといった、音声コンテンツをダウンロードして聴く機能があるアプリで、本体ストレージの残容量を気にせず、気軽に使えるようになる。素晴らしい。

あとは、各アプリのアカウントを随時設定してゆき、一通り初期設定は完了。といっても、極小キーボードだけに、これが一番大変で時間がかかったのだが・・・

一通り必要なアプリをインストールした時点でも、操作レスポンスは、「SERVO J5+」を上回る快適さで、これはいいかも。

実際に持ち歩いてみて、使い心地を確認し、気に入れば「SERVO J5+」に代わって使い始めることになるだろう。

関連記事:
超小型スマホ「Jelly Pro」を購入:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Jelly pro SIMフリー スマホ 本体 新品「Android7.0 / ...
価格:13800円(税込、送料別) (2018/11/3時点)



ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ




スポンサードリンク



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。