So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

CANON「PowerShot SX700 HS」が届いた [デジタルカメラ]

スポンサードリンク




IMAG1208.jpg

PowerShot SX700 HS - キヤノンカメラミュージアム

HDRに対応したコンデジということで、ネットフリマで、キヤノンの「PowerShot SX600 HS」を購入したが、ようやく受取れた。

IMAG1210.jpg

箱入りで、本体以外の付属品は、取扱説明書一式に、バッテリーパック、バッテリー充電器、miniB USBケーブル、ハンドストラップ、さらに、オマケてクッションケース(非純正品?)が付いていた。

IMAG1211.jpg

サイズは、コンデジとしては大柄で重めであり、これまで使っていた「IXY 630」より一回り大きくゴツいが、光学ズームが30倍だからね。
それに、フラットな形状の「IXY 630」よりむしろホールド感はいい。

メモリカードは、とりあえずストックにあった32GBのSDHCカードをセットし、一通りのセットアップののち、写真も動画も問題なく撮影できることが確認できた。

よく見ると、本体に角にぶつけ傷が一か所あり、ちょっと不安もあったが、ズーム動作や撮影には特に問題はないようで、ホッとしている。

Wi-Fiも内蔵するが、Wi-Fiの機能自体は、「IXY 630」と同等で、セットアップ方法も同じ。
CANON IMAGE GATEWAYに連携して、撮影した写真を、クラウドやパソコン、スマホに自動で同期を取りコピーすることができる。

私の場合は、現在、メインのノートパソコンとのみ同期を取り、ノートパソコンからGoogleフォトに同期を取ることで、撮影した写真はどこからでもアクセスできるようにしている。

バッテリーパックは、「NB-6LH」という型番で、「IXY 630」よりかなり分厚く、容量はありそう。1個しかないので、これで丸一日持ってくれるとうれしいのだが。
中古だし途中で切れるようなら、もう一つ、予備のバッテリーパックを買う必要があるかもしれないが、安い互換バッテリーも容易に手に入るので、それでいいだろう。

基本的な操作は、同じキヤノン製だけに、「IXY 630」と似ているが微妙に違う部分もあり、モードダイヤルや動画撮影ボタンの位置も違うので、戸惑うことも多いが、とりあえずは、週末の街歩きで、持ち歩いて使ってみようと思う。

関連記事:
HDR撮影対応の「PowerShot SX700 HS」を購入:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【中古】CANONキヤノン PowerShot パワーショット SX700 HS...
価格:15800円(税込、送料無料) (2018/10/23時点)



ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ




スポンサードリンク



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。