So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

HDR撮影対応の「PowerShot SX700 HS」を購入 [デジタルカメラ]

スポンサードリンク




夜間や室内でのオート撮影のために、HDR撮影に対応したコンデジが欲しいことを、以前書いたが、結局、キヤノンの「PowerShot SX700 HS」の中古を、ネットフリマで購入した。

最初は、もっと手頃に、1万円以下で買えそうだったキヤノン「PowerShot SX600 HS」か、ソニー「Cyber-shot WX350」あたりを探していたのだが、「PowerShot SX600 HS」と「PowerShot SX700 HS」のHDR以外の基本スペックのあまりの違うので、方針転換。
中古でネットフリマで11,000円という少々予算オーバーの中古だったが、上位モデルの「PowerShot SX700 HS」を購入してしまった。

dcc647-1_b.jpg

PowerShot SX700 HS - キヤノンカメラミュージアム

さて、「PowerShot SX600 HS」と比べた「PowerShot SX700 HS」の大きな違いとは何かというと、次の通り。

・「PowerShot SX600 HS」が光学18倍ズームなのに対し、「PowerShot SX700 HS」は光学30倍ズーム
・「PowerShot SX600 HS」の映像エンジンが下位機種用の「DIGIC 4+」なのに対し、「PowerShot SX700 HS」は「DIGIC 6」を搭載
・「PowerShot SX600 HS」の動画撮影が1080P(30fps)が最高だったのに対し、「PowerShot SX700 HS」は1080P(60fps)の撮影が可能

これ以外にも、光学式手ブレ補正とDIGIC 6による電子式手ブレ補正を組み合わせた5軸手ブレ補正を搭載し、動画撮影での手振れを強力に補正できることや、被写体を見失いやすい高倍率撮影時に、被写体の動きに合わせてズームのイン/アウトを自動的に行うフレーミングアシスト機能が強化されていることなど、動画の望遠撮影がかなり強化されている。

最大画素数は1610万画素(有効画素)で私には十分だし、5つのモードを持つHDR機能や、Wi-Fiによるクラウドシンク機能も備えており、朝から夜まで街歩きに持ち歩くには、なかなかいいコンデジだと考えたのだ。

「PowerShot SX600 HS」だと、現在使用中の「IXY 630」と、HDR機能の有無以外はほとんどスペックが変わらないということもあり、面白くない。
そこで、今回は、ワンランク上のスペックの「PowerShot SX600 HS」を購入することにした。

それなりに使用感のある中古なので、バッテリーの摩耗が心配だが、バッテリーは「NB-6LH」という型番で、安い互換バッテリーも容易に手に入るからいいや。

届いたら、まずは一通り動作に支障がないか確認した後、コンデジのHDR機能がどの程度のものなのか確認してみて、実用になりそうだったら、「IXY 630」に代えて、街歩きの際、持ち歩いて使ってみようと思う。

関連記事:
HDR対応のコンデジが探しにくい理由:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【中古】CANONキヤノン PowerShot パワーショット SX700 HS...
価格:15800円(税込、送料無料) (2018/10/23時点)



ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ




スポンサードリンク



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。