So-net無料ブログ作成

4k BS放送に対する各メーカーの温度差はますます拡大 [AV機器]

スポンサードリンク




logo-880x579.jpg

いよいよ4K放送が本格開始!4Kテレビ、どれを買うべき?目的別オススメ商品!|ニフティニュース

今年12月1日から、新4K8K衛星放送(BS/110度CS)が始まるが、ようやく各社から対応製品が出そろってきた。
ご存知の方は、ご存じだと思うが、新4K衛星放送は、従来のいわゆる4Kテレビそのままでは見ることができず、以下にお知らせする新4K衛星放送対応のチューナーを外付けするか、新たに新4K衛星放送チューナーを内蔵したテレビを購入しないと、見されない。

ただ、積極的なメーカーから、やる気がないメーカーはで、その姿勢は様々なようだ。

BS/CS 4K内蔵タイムシフトマシン有機ELレグザ「X920シリーズ」の発売について|テレビ|REGZA:東芝〈レグザ〉
東芝、新BS/CS 4Kチューナー内蔵の最上位液晶REGZA「Z720X」 | マイナビニュース

【本田雅一のAVTrends】BS 4Kの先陣、東芝REGZAはエントリー機「M520X」に注目。'18年の有機EL画質は? - AV Watch

今のところ、いちばん積極的なのが東芝。
ハイエンドの有機ELの「REGZA X920シリーズ」に、フラッグシップ液晶テレビの「REGZA Z720Xシリーズ」、お手頃価格の「REGZA M520Xシリーズ」の3ラインナップ。
ただ、上位機は、新4K衛星放送の録画もできるが、チューナーは1系統しかなく、タイムシフト機能は地デジのみなのが残念なところだが、まだ新BS/CS 4Kチューナーは部品が高価だから、その実現はまだまだ先になりそうだ。また、CASが、

K0001051352.jpg

価格.com - 東芝 REGZA 43M520X [43インチ] スペック・仕様

一方で、43型だと、最初から9万円を切る「REGZA M520Xシリーズ」も、かなり注目だろう。

mitsu.jpg

三菱、新4K放送をBDダビングできる録画テレビ「REAL 4K」。UHD BD再生も - AV Watch

三菱の次に、積極的な発表を行なったのが、予想外の三菱電機。

新4K衛星放送チューナーを内蔵した液晶テレビを2系統ラインナップしたが、いずれも4K放送に対応したチューナを2系統装備するというからお金が掛かっている。
地上/BS/110度CSはトリプルチューナーを内蔵し、内蔵HDDや外付けHDDに番組録画ができるが、地上/BS/110度CSがダブルで裏録画ができるテレビはこれまでもあったが、新4K衛星放送が裏六出来るのテレビは史上初。

もう一つの上位機は、4K Ultra HD Blu-rayの再生に対応したBlu-rayレコーダーも内蔵し鵜、HDDに録画した4K放送の番組を、ダウンコンバートしてBlu-ray Diskにダビングすることもできるという。この仕様を読む限り、新4K衛星放送も基本、ダビング10が運用されるようだ。

シャープ、年内発売の8Kテレビは60型で約50万円を目指す。8Kチューナは20万以下 - AV Watch

シャープ、BS 4Kチューナを開発。“AQUOS内蔵チューナ”風に連携動作 - AV Watch

シャープは、11月下旬に、60型8Kのチューナ無しモデルがフラッグシップの目玉で、実売50万円程度を目指しているそうだ。

また、6月には、20万円を切る8Kチューナーを発売したいとのことだが、売れ筋の4k放送対応製品のラインナップについては、依然発表されていないは何故だ。

ソニー、BS 4Kチューナを2018年内発売へ - AV Watch

ソニーは、新4K衛星放送チューナーを2018年内に発売するというが、まだ詳細スペックは発表されてない。
テレビについても、まだ具体的な情報は流れ折らず、急ぐ様子はない。

pix1_o.jpg

ピクセラ、BS 4Kチューナを大手家電メーカーに供給 - AV Watch

テレビ用のデジタルチューナーボードでも有名なピクセラから、「PIX-SMB400」という新4K衛星放送チューナーが発売されるが、これは、何とAndroid TV端末になるという。

パナソニック、新4K衛星放送チューナを10月発売。BS 4K DIGAレコーダも年内投入 - AV Watch

パナソニックは、12月1日よりスタートする「新4K衛星放送」に対応したBS/110度CS 4Kチューナ「TU-BUHD100」を10月中旬より発売する。価格はオープンプライスで店頭予想価格は3万円台前半。
パナソニックは、まずはピクセラのOEM品「TU-BUHD100」を発売する。
新4K衛星放送開始までに4K放送の録画に対応したDIGA(レコーダ)の発売も予定する予定らしいが、まずは、間口が広い単体チューナーで参入し、テレビはもう少し後になるようだ。

DXアンテナから、新4K衛星放送用「4K BS/CSチューナー DIR4000」2018年11月発売 | 4KテレビLife

マスプロ、新4K衛星放送チューナを12月発売。HLG、4K録画対応で3万円台前半 - AV Watch

それ以外に、アンテナメーカーのDXアンテナやマスプロも、新4K衛星放送チューナーを発売するようだが、これらは、おそらく別のメーカーのOEM品だろう。

ということで、新4K衛星放送スタート時から、フルラインナップで臨む会社もあれば、まずはOEM製品でお金をかけずにとりあえず参入する会社もあり、様々だ。

私の感想で言えば、4Kが意味を持つとなると、最低40型、望ましくは50型以上のテレビに市場が限定されることもあり、そんなに市場が盛り上がるのかなぁ?と思う。

まずは、既に新4K衛星放送チューナーなしの4Kテレビをたくさん売ってきたメーカーの立場から言えば、単体チューナーを売る方が需要が大きいのではないだろうか。
良く考えれば、BSデジタルチューナーが最初販売された時、確か5万円以上したと思う。
それに比べれば、新4K衛星放送チューナーは、3万円台の予定価格となっている製品が多いので、初代機としては比較的買いやすいと思うな。

関連記事:
新4K衛星放送に対するメーカー間の温度差:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ

ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ




スポンサードリンク



nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。